ななかさんの映画レビュー・感想・評価

ななか

ななか

映画(58)
ドラマ(0)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.9

モリーズゲームとはまた違う役で、この女優さん好きだな〜って思った。女神の見えざる手も観たい。

人間も動物もみんなを包み込む優しい心の核にある静かな強さの演技が本当に素敵。

映画として観ている私でも
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

中学生になる直前のほんっとに短いあの時期だけの心情が伝わってくる。

家庭のこと、将来のこと、自分の力だけではどうしようもないものに少しずつ気づき始めて少年たちなりに悩む、、ある二日間だけを切り取って
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.8

インセプション、タイタニック、キャッチミーイフユーキャン、ときたので勝手に4週連続レオナルドディカプリオ祭り開催してました。来週はウルフオブウォールストリートか華麗なるギャッツビーかな!

まずお顔が
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.4

良くも悪くもリアル。所詮人間関係タイミングだよなぁ〜って思わされる。それが良く転じることもあり、悔やまれるようになることもあり。
進み方も面白いっちゃ面白いけど男女両方ともに感情移入ができるわけでもな
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.8

後味わるーいけどあぁ、そういうことかって伏線がどんどん見つかる感じが良かった。
もう一回みたい!!し、天文時計行ってみたい。コレクションのシーンはじめ、映像が綺麗。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

主人公とFBI2人の関係がなんか微笑ましかった…(ドタバタしてるかんじ) 
これぞ事実は小説よりも奇なりの典型。
教師にはじまりパイロット、法律家…まぁまた大胆な身分詐称!
お父さんの優しさ(?)とい
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.9

ど定番だけど、これで泣くなっていうほうが無理!!プロジェクターきたら最初に見ようって決めてた( ; ᴗ ; )
名作は名作たる理由があるんやなぁ、って!3時間があっという間。

人生観を変えてくれ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.7

きっと誰もが大なり小なり闘っているんだなぁと。見かけによらずとも、どんな話にも2面があるから。よく見よう、深く知ろうとしないと素通りしていたり誤解していたりする。最初に動き出すことの大切さを身をもって>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

高校時代に出会っておきたかった…けどまだ大学生のうちに観れて良かったのかも

キャラクターが全員魅力的で、音楽も素敵。エズラ・ミラーまじで軽率に恋に落ちたわ… かっこいい

サム、チャーリー両方トンネ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

難解なのは難解…だけど設定からストーリーからキャラクターまで面白い、1秒たりとも飽きない。
ラストシーンを観客に委ねる感じが好き。

キャラクターの名前とかにも監督の遊び心があるらしくて、観た後も考察
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

ん〜好き!!100%で人に薦めれる映画

ビルがとにかく良い人…笑い方とか、男達ではしゃいでるところとか可愛すぎる!

アンハサウェイの立場がプラダと真逆なのがおもしろいね

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.5

グロも性的描写もあるので観る人を選びそうだけど…(両方ミッドサマー程ではない)

ここまで追い詰められて精神的に壊れないと入り込めない役なのか、あるいはその逆なのか…(ヒース・レジャーのジョーカーの噂
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これ以上、見るものは何もない
I've seen what I was and I know what I'll be
I've seen it all there is no more to see
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.2

仕事と私生活
メリル・ストリープがカッコ良すぎる。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.2

面白いんだけど、拭えないTVドラマ特番感…なんでだろ

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.5

設定が好き、時は金なり。
(アマンダセイフライドがアニメの女の子すぎてかわいい)

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.4

愛の方程式の中にこそ理が存在する、

認識しているのに全部幻覚、存在していないという辛さ

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.9

素直な生き方
人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみないとわからない。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

金目当てでなく、権利・地位のある男を"支配"するためのギャンブル。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

at免許合宿
結局私はいつまで経っても悪者に気付けない。
死の世界の作画(特に照明)が美しすぎた。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.3

明確に分けられた上下、格差。
下を知ると高圧的になる人間の愚かさ。 

(洪水の日、ギジョンがトイレの上でタバコ吸うところが最高にクール)

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.2

めっちゃ期待してたわけではないけどやっぱり映像化は無理がある、小説での方がいい。(あっちゃんかわいい)

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

実写にしかなかった野獣の歌、Evermoreが大好き。

>|