BlueNaMEさんの映画レビュー・感想・評価

BlueNaME

BlueNaME

覚書 記録

映画(653)
ドラマ(107)
  • List view
  • Grid view

でーれーガールズ(2015年製作の映画)

3.3

ラスト百恵ちゃんの曲が名曲すぎて、流れた瞬間、思わず涙してしまった

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.5

あまりにも負のスパイラルすぎて終盤見てるのが辛かった
でもなんだろう、綾野剛はどこか品を感じてしまう

滝を見にいく(2014年製作の映画)

3.8

女の人の性質をうまくまとめたなーっという映画
見栄はって嘘も付いたりするけど、相手の弱さとかに触れるとつい本音で語り合ってて、、、
女性が集まると強いなーって改めて思った
面白かった

函館珈琲(2016年製作の映画)

3.4

ピンホールカメラを作って撮影したくなった

柔らかい映像で好きな感じ
あがた森魚がいるだけで柔らかい画になるなー

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.7

いや、なんか思ってた感じとは違ったけど、良かったな
平手友梨奈が凄く良い

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

2人だけの映画って感じ
ラストの菅田将暉の火祭りカッコ良い

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.0

一週間前に京都へ行っていたことと、なんだか何もなくそして、何かやりたい事もなくなんだかもやもやもしている最中だったので、すっと入ってきた
そして、ラスト綾瀬はるかのように何かが出かかってきた気もしてき
>>続きを読む

センセイの鞄(2003年製作の映画)

3.8

小説を読んでいるような空気感がとても良かった

柄本家のゴドー(2018年製作の映画)

3.9

不条理
時生のこういう時自分は普通なことしか書けない みたいなことを言っていたのが印象に残った

父柄本明が一番生き生きと不条理であったように感じた

しかしなんていう親子なんだ かっこいいな

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.7

やっぱり樹木希林さんの演技はリアルで優しい

原作→映画

食べる女(2018年製作の映画)

3.3

美味しい料理をささっと一手間かけて作れるようになりたい

ずっと見ていたい日常

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

2.9

柄本佑の手きれいだなぁ
色気のあるきれいな手

内容はまぁ、
期待しすぎてしまったかな

日日是好日(2018年製作の映画)

4.1

典子さんの自分自身との向き合い方と、自分の自分自身との向き合い方とを照らし合わせてしまった

変に生真面目なとこがあって理屈っぽくて、おっちょこちょい
まさに自分自身をみているようで、なんとも言えない
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.1

お葬式の参列者のコメントのシーンはがらっと雰囲気を変えてしまったような

笹川美和さんの歌声が沁みる

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

3.5

名作と言われているけども
何気に初めて観た
こういうお話だったのね

松本零士さんは機械に支配される世の中を予言していたんだろうか

それにしてもメーテルのお母さんがカオナシと被ってしまった
車掌さん
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.9

途中までは良かったんだけどなぁ
ラストがなぁちょっともったいない感じだったなぁ

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.6

人間の生き様が
女の生き様が

ふらっと鑑賞のつもりが
3時間の長編だったとは

うまくいえないけど、すごい映画だった

うつくしいひと サバ?(2017年製作の映画)

3.8

一話目のゆるやかな美しさ
二話目のつよくかなしい美しさ

震災後のリアルを映画として残していることにまず驚かされた
この状況で製作するにあたって紆余曲折あっただろうな

自然のこわさは計り知れないけど
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.3

うん、これは、まぁ
愛の物語だね
鎌倉感は江ノ電くらいかな

追憶(2017年製作の映画)

3.4

キャストがとても豪華揃い
思ってたより良かった

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

ピュアで真っ直ぐなゆえにダメな2人

最後の太賀さんの唄声イイ!

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.7

よくある恋愛映画だろうなーと思いながら観たけど、ただの恋愛映画ではなかった 思いのほか良かった
映像の色味もきれいで見入ってしまった
葉山先生、ずるいなー

有村架純は目の演技がすごい
その目に魅せら
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.5

ちょっとのズレとなんらかの関わりで、どこかで、身近で、自分の中でも、誰にでも起こりうることなのかもしれない

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

2.8

雰囲気は好き
でもちょっとつかみどころが、、、
途中ファンタジーかと思わせるところも、高良健吾と小泉今日子死神的なのか生きてる人間なのかって感じの存在

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

3.9

きれいなとこ
自然豊かな場所で温かな人々と厳しさ優しさの中で
こういった環境で心を取り戻せるのはいいね
心を通わせ信じ、愛を与え育てることが何より大切なことなんだと改めて教えてくれるおはなしだった

>|