310さんの映画レビュー・感想・評価

310

310

映画を娯楽であり学習であると思っています

映画(183)
ドラマ(0)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

やっぱりこういうのは好き!
CGすごいなぁ、、、
ハリーの世界まだまだ浸りたい

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年製作の映画)

4.5

好きなキャラが大集合なのと
みんな活躍するあたり好き!

そのこのナイスハプニングが
ハッピーエンド絶対のコナンに丁度いい笑

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

美意識上がる
生きるモチベーションも上げてくれる

外見を変えると内面も変わる
あーわかる、って感じ

キッパリと切り捨てる事も大事かなって
それも強さだと思った

仕事したいな

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

音楽に合わせるの気持ちいいし
合わせ方のセンスもそこか!と
裏切られたり
いつ覚えたの?と思うドライブ技術

なんと言っても音声をミックスする
音楽ヲタク感がめっちゃ好きですね

日常を作品にする
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

全ての曲が良すぎて
一回聴いただけなのに
どこのシーンで流れたか分かります

THIS IS ME
これが私

何度見ても音で泣くと思う

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

さまよう星たち
アダムの声と歌詞とストーリーが合わさり
涙でてしまった

あの曲がこの映画でしか聞けないなら
5点です
もう一度聴きたい

音楽は魔法、救いです

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.2

女性監督感がすごくあった
女性目線なの
男の人は見てられなくなりそう...

ふぇのたすが出てるから気になってた
思ったより登場してるのね

皮肉にもこれらが真の女子力なんだろな
わたしには出てくる人
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.9

要所要所トチ狂ってて
意味がわからない感じが良い
楽しいアトラクションみたいな映画

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

ディカプリオかっこよすぎません?

ハッピーエンドな実話で良かった
いい人間に恵まれたおかげかもしれない

A.I.(2001年製作の映画)

4.3

愛を持ったロボット
ちいさいのに沢山重たい現実があって
受け入れられず葛藤して
ただ愛されるために
ひたむきに進み続けて

蘇った母親を前にした時の涙に
ひどく胸が締め付けられました

永遠の愛は切な
>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

4.5

フェスターの愛妻家感
ドメズのブラコン感
すごい好き
いい家族ですね

外部の登場人物も
みんなポンコツで面白い

ウェンズデーの可愛さもパワーアップ

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

4.3

登場人物で白米が頂けるほど
味が濃いです
しかも美味い

ウェンズデーのファンです
可愛すぎる

レインマン(1988年製作の映画)

4.1

弟にイライラしながらも
お互いに受け入れて行く様が
綺麗に描写されていて
ほっこりしました

演技がヤバイ

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.6

一生関係ない世界なのに
憧れてしまうのを隠せない

価値観の合う友達が大切だと
改めて実感

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

4.7

是非とも
落とされたファミリーたちの
軌道修正を祈ってます

めちゃくちゃいいじゃん!!好き!

富江(1999年製作の映画)

3.5

菅野さんと
水橋さんの声が好きすぎる

黒髪の気持ち悪さにジャパニーズホラーを感じました

個人的にすごく好きなタイプ

結局霊より人間の方が怖く
その人間が化物であることに
ゾワっとしました

女性
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.3

ホラーというよりも
ミステリー感
怖くはないです

構成がしっかりされていて
見やすく
日本のホラーで苦手な
キャラクター化された霊的対象がなく
念の目に見えないものを追うのも
好きです

ただ未回収
>>続きを読む

少女椿(2016年製作の映画)

3.6

結構好き
みどりすごいすき

ただ原作より実写を先に見たのは
やらかしたかもしれない...

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.7

この類だいたい「ンー!」となる事が多いけどコレはなかった感じ
子役は偉大ですね
サスペンスなのにまさかの弱ハートフルな気分になりました

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.3

ホームビデオのようなカメラの動き
自分がそこに立っているような感覚
短い付き合いでも
人間同士を近づける
音楽ってやっぱり良いですよね

テッド(2012年製作の映画)

3.4

ラストにホッとした
ハッピーエンドであるのが正解

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

3.7

子供って可能性に溢れてるなと

大杉漣さんに会いたくて鑑賞

ソウ3(2006年製作の映画)

3.5

1、2より人間味が別の方向から出てきて楽しかった
うわーーー脳みそーーー!!
となりました

ソウ2(2005年製作の映画)

3.7

前作からの伏線回収に天晴れ
外人特有の
イキナリハイ暴れ馬感があっていいね笑
おもしろかった

PとJK(2017年製作の映画)

3.3

バス車内上映にて
少女漫画実写化のありえない設定にしてはちゃんとしていた
キュンともした
ロケーションの函館なのが一番良い

>|