73さんの映画レビュー・感想・評価

73

73

映画(159)
ドラマ(0)

世界はときどき美しい(2006年製作の映画)

3.5

「この世は苦悩に満ちあふれているけれど、必ず、ときどき美しい」
それを感じられるように在りたい
これはただの果物ではない、ざくろという名前がある

(1990年製作の映画)

4.6

2話の桃畑最高にいい
8話の百と三つのじいさんが最高にいいこと言う

黒澤明はとんでもない夢をみてるな

EGG(2002年製作の映画)

3.0

たまご(空)を掴む主人公をお弁当持ったアホ面集団が見てるシーンが好き

抱擁しようが燃やそうがゲジゲジからは逃げられないのね

PicNic(1996年製作の映画)

5.0

世界の終わりをみにいくピクニック?
最後はほんとに世界(私)が終わる

何かと何かの境界の、不安定なところ
白と黒

さとるの最期吐き気出るほどの演技で最高

3人の夕日に向かう背中
世界の最期
この
>>続きを読む

46億年の恋(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

宇宙と天国
ロケットとピラミッドの表現は難しかった

香月は有吉からの愛を受け止めて、自分も愛しているから消えたかったのかなぁ
有吉に最期手を下して欲しいけどやっぱりそんなことをさせるなんてできなくて
>>続きを読む

コンセント(2002年製作の映画)

3.0

コンセントにプラグがささるとき

うーむ、オカルト色が強くて難しいよー

ランディ2/3

アンテナ(2003年製作の映画)

3.4

胸に傷をつけるのは戒めなんかな
自分が受けた心の傷の象徴なんかな
自分の持つ傷を隠そうとしてるんかな

自傷行為ってほんとにいろいろ意味があるんだと思う
したことないし、する意味わかんないって思ってた
>>続きを読む

PARTY7(2000年製作の映画)

3.2

オープニングの格好良さがひどい!すき!

爆笑はしないけど定期的にフフフってくる

花とアリス(2004年製作の映画)

4.1

アニメ観てからこれ観たからすんなりはいれた
サザエさん症候群みたいなアニメとは違って大人になっていく過程のふたりを感じる

我愛你
ウォーアイニー

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

-

B級でもなくC級でもなくD級映画

無駄な動きのカメラワーク
スッと入ってこない音楽
どこ見てるのかわからない女学生

なんで流産させたいの
気持ち悪いから
なんで気持ち悪いの
知らん!!!!

どう
>>続きを読む

ブラックキス(2004年製作の映画)

3.0

ビビりマンには怖いです
特典DVDも観たけど
身近な人間の誰が犯人だろうと予測する
その裏をかいた
ってことでまんまと監督の思うツボだったらしい。
でもなんだかなぁ感

オダギリジョーはカッコいいし
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

家族でも恋人でも長く一緒に居られるコツって、一番大事なことは言わないでいる事なんじゃないかなって思っていました。
おとなしく、適当に愛想笑いをしていればトラブルなく過ごせると思っていました。
いつのま
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.8

負の連鎖のなかのゆめゆめしいミュージカル
ただひとつの純粋な思いがあるだけなのに、セルマの不器用さと関わるひとの醜さでいいことなんてひとつも起こらない
なのに胸糞映画とはちょっと違うんだよなぁ
ビョー
>>続きを読む

洋菓子店コアンドル(2010年製作の映画)

4.6

大好きな蒼井優
大好きなお菓子
最近食べたい食べたいと思っていたガレット・デ・ロワ

甘い甘い少し苦い

いやーもう好きですね〜
余計にお菓子が好きになる
お菓子を囲んでにっこり笑いあいたい

そうい
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.3

久しぶりにまっすぐな映画を観た
もともと楽器や合奏(合唱)が好きなので嫌いになれるはずない
前半はさわやか3組的なきれいさでややだる。
最後のマイバラードは良かった
手紙という曲のよさを再確認

黒猫
>>続きを読む

クロエ(2001年製作の映画)

3.4

脆く弱々しいからより強さが際立つ
まぁークロエの美しいこと
ほんとうは死にたくないし、死んでほしくないよねぇ
よくあるそれをどう乗り越えるかっていう映画ではないような気がする

ラスト数分が素晴らしく
>>続きを読む

undo(1994年製作の映画)

3.6

亀もりんごも夫も縛っても
愛を縛ることは到底できません
子どもたちにまみれながらキスするシーンは切りとって飾っておきたいね〜

短いながらじんわり考えずにはいられない映画
映像美は言わずもがな

海を感じる時(2014年製作の映画)

3.0

市川由衣の惨めさに、自分勝手さに腹立つんだけど共感もできてしまった自分にも腹立つ

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.1

遺伝子なんて関係ねぇー!とも言い切れないんだけれど
間違いなく最強の家族だ。みつばちだ。

プール(2009年製作の映画)

3.9

ゆっくり洗濯機を回し、外に干しながら観た
めまぐるしい日が続いて疲れて
ちょっと休みたい晴れた日に観たい映画

ゆっくり気ままな雰囲気と、ハンバートハンバートに癒される

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.1

声が聞こえない強いしょうちゃんが声を聞きたくない強がりなしょうちゃんを強くして、だけど弱くなって、いろんな相互作用でみんなが大人になっていく話。
社会によくあるカースト制度を細かいところまでよく表して
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.2

三上博史が最高すぎた。
グリコへの想いをものすごく感じて刑務所でのアゲハとのやりとりで泣いた。

最期に行き着く場所が天国なら
ここは天国なのか?
コレ痛烈に刺さった。なんでかわかんないけど。

この
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.8

ウソの容姿とウソの関係
劣化する容姿と劣化していく関係
劣化しないものを求めているのにいろんな葛藤と不信感に塗れているエリカ様が悲しすぎる

Dolls ドールズ(2002年製作の映画)

3.5

北野作品難しい

だけど始終朱がとても綺麗で
3つのストーリーとも残酷なのにメルヘンで
菅野美穂の涙にハッとして

私の男(2013年製作の映画)

3.9

俺の娘が俺の女になり私の男になっていく
2回は観ないと駄目だ

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

アニメ全12話をひとつの映画でものすごく目まぐるしく観た感じ

ぶっ飛んでるようで結局ほっこり