73さんの映画レビュー・感想・評価

73

73

映画(177)
ドラマ(0)

月とキャベツ(1996年製作の映画)

3.8

ありがちなストーリーながら、雰囲気にのまれてしまいますね〜
この名曲が何倍も切なく、良く聴こえる

山崎まさよしの色気

乱歩地獄(2005年製作の映画)

4.5

永遠の愛を求めた狂気に満ち満ち短編集
簡単に人には勧められないが、
私はとっても好き。
キャストが俺得。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

クイーン深く知らない私でもちょっと泣いてリズム踏みたくなるような心踊った映画だったのにクイーンファンが観たらどうなんの。
観て損なしの映画
素晴らしい演奏シーンだけで売ってるわけじゃなくて、ちゃんとス
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

ちょいグロコメディヒューマンドラマ
映画ってこんな風に造られてるのか
1秒1秒綿密に計算されて何回も何回も打ち合わせされてるんだなぁー
無名のキャストだからこそ、みんな本気
作り込まれてるけど難しいな
>>続きを読む

BROTHER(2000年製作の映画)

4.8

こんなにも漢な兄貴がいるかよぉおー!泣

昨今話題になる男性には微塵もない漢らしさ
かっこよすぎ禿げる
最初に観た北野武

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.0

阿部サダヲだから期待してたけど、
うーーーーん微妙だったなぁー

あっちこっちに手を出しすぎ
散らかりすぎ
おもしろさ狙ってるけどおもしろくない

パビリオン山椒魚(2006年製作の映画)

3.0

いやー全く意味がわかんない!
しかし意味不明だから面白くないわけじゃなくて

この上なく前半のオダジョーがカッコよすぎる。
香椎由宇と熱あがるシーンなんてもう。

けものがれ、俺らの猿と(2000年製作の映画)

3.7

ナイスガイとナイス害(達)

焼きそば4丁オッケェェエエェイ!!!
のとこがすき

ヴィタール(2004年製作の映画)

4.0

語らずして只者じゃない感出すの長けすぎ
長髪で顔がみえない瞬間が良き

生命とはなんぞかね

なーんか目が離せなくなってきて
ラストCoccoのエンディングがはいるとき、ハッとした

ねじ式(1998年製作の映画)

3.3

おおおおお

やばい
なにがやばいのか言語化できんけどやばい
最後1/3ぐらいからもうファンタジーすぎておいてけぼり

だけどもリタイアすることなく観てしまって
登場人物達の言い回しがユーモアに富んで
>>続きを読む

FRIED DRAGON FISH(1996年製作の映画)

3.9

一時間ほどの短い映画
キュートでチャーミングなプーの影響で心なしかナツロウの人間らしさみたいなものが垣間見える
結局なりきらないんだけど。
画はやっぱり綺麗です。

charaの主題歌もプーに、この映
>>続きを読む

白痴(1999年製作の映画)

3.0

むむむ難しい…
白痴(はくち)の意味を知れただけでもよし
白痴美とはまさにサヨのことかしらー

寡黙な浅野忠信の色気ったらないわな

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

そんじょそこらの家族よりも家族
血でもお金でもなく彼らはココで繋がっていた。

最後まで祥太がお父さんと呼ばないのも
お父さんが普通のおじさんに戻るのも
絶妙な愛があるからなのかしら


安藤サクラが
>>続きを読む

田園に死す(1974年製作の映画)

3.5

いやー難しい!
少し前に買った江戸かぶく現代という本に似た雰囲気で、全然わかんないのにイカした表現の連続で結局最後まで
the奇々怪界
映画解説何回も読んでやっと
あー、なるほどと。

Laundry ランドリー(2001年製作の映画)

4.0

最初は服を洗いに来る
なんだか心も洗われた
今度は心も洗いに来る

窪塚洋介流石すぎ

SURVIVE STYLE5+ /サバイブ スタイル5+(2004年製作の映画)

5.0

原色たっぷりのド派手なコーディネート
過剰な演出
音楽センスも良き良き

何度も蘇る妻とその妻を殺し続ける男
自信過剰なCMプランナーと人気催眠術師
鳥になってしまった父親とその家族
空き巣をして暮ら
>>続きを読む

アナザヘヴン(2000年製作の映画)

3.0

ナイスレトロで堅物で融通の利かない飛鷹刑事!

世界はときどき美しい(2006年製作の映画)

3.5

「この世は苦悩に満ちあふれているけれど、必ず、ときどき美しい」
それを感じられるように在りたい
これはただの果物ではない、ざくろという名前がある

(1990年製作の映画)

4.6

2話の桃畑最高にいい
8話の百と三つのじいさんが最高にいいこと言う

黒澤明はとんでもない夢をみてるな

EGG(2002年製作の映画)

3.0

たまご(空)を掴む主人公をお弁当持ったアホ面集団が見てるシーンが好き

抱擁しようが燃やそうがゲジゲジからは逃げられないのね

PicNic(1996年製作の映画)

5.0

世界の終わりをみにいくピクニック?
最後はほんとに世界(私)が終わる

何かと何かの境界の、不安定なところ
白と黒

さとるの最期吐き気出るほどの演技で最高

3人の夕日に向かう背中
世界の最期
この
>>続きを読む

46億年の恋(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

宇宙と天国
ロケットとピラミッドの表現は難しかった

香月は有吉からの愛を受け止めて、自分も愛しているから消えたかったのかなぁ
有吉に最期手を下して欲しいけどやっぱりそんなことをさせるなんてできなくて
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

開始3分で涙を浮かべ
最後3分でそんな自分がブッ飛ばされた

コンセント(2002年製作の映画)

3.0

コンセントにプラグがささるとき

うーむ、オカルト色が強くて難しいよー

ランディ2/3

アンテナ(2003年製作の映画)

3.4

胸に傷をつけるのは戒めなんかな
自分が受けた心の傷の象徴なんかな
自分の持つ傷を隠そうとしてるんかな

自傷行為ってほんとにいろいろ意味があるんだと思う
したことないし、する意味わかんないって思ってた
>>続きを読む

PARTY7(2000年製作の映画)

3.2

オープニングの格好良さがひどい!すき!

爆笑はしないけど定期的にフフフってくる

花とアリス(2004年製作の映画)

4.1

アニメ観てからこれ観たからすんなりはいれた
サザエさん症候群みたいなアニメとは違って大人になっていく過程のふたりを感じる

我愛你
ウォーアイニー

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

-

B級でもなくC級でもなくD級映画

無駄な動きのカメラワーク
スッと入ってこない音楽
どこ見てるのかわからない女学生

なんで流産させたいの
気持ち悪いから
なんで気持ち悪いの
知らん!!!!

どう
>>続きを読む

ブラックキス(2004年製作の映画)

3.0

ビビりマンには怖いです
特典DVDも観たけど
身近な人間の誰が犯人だろうと予測する
その裏をかいた
ってことでまんまと監督の思うツボだったらしい。
でもなんだかなぁ感

オダギリジョーはカッコいいし
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

家族でも恋人でも長く一緒に居られるコツって、一番大事なことは言わないでいる事なんじゃないかなって思っていました。
おとなしく、適当に愛想笑いをしていればトラブルなく過ごせると思っていました。
いつのま
>>続きを読む