YuuNanbuさんの映画レビュー・感想・評価

YuuNanbu

YuuNanbu

記録用のひとり言。

映画(114)
ドラマ(0)

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.6

男の中の男!
男の人、もしくは男の体が好きな人は絶対見るべき。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

もう、最初から泣かせてくる。
家族って素敵。友情って素敵。成長も素敵。常にほっこりする。
いろんな視点から描かれているストーリーも飽きさせない。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.3

松岡茉優の演技はたしかにすごい。
だけどあまりにもぶっ飛びすぎてて、ついてけない感はあった。原作読んだときも思ったけど、映画でも変わらなかった…。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.5

重い、深い、痛い。
集中してちゃんと見ないとストーリーが掴めなくなる。
夜中に見た方が重さ増す。

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

久々見たらものすごくよかった。
人との出会いって素敵ですね。
しんどいことがあっても、一歩踏み出す勇気があれば何かしら変わるんだ、と教えてくれる映画。
登場人物や景色や音楽も可愛くて好き!

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.5

最近見た中で1番良かった!ルーの素直さでウィルが変わって行く姿、2人が惹かれていく姿がたまらなく良すぎる…。
最後は悲し過ぎるけど、でも、ポジティブな終わり方。
映像も音楽も素敵で最高!

だからこそ
>>続きを読む

遠距離恋愛 彼女の決断(2010年製作の映画)

3.8

終始笑えるけど、地味に感動するシーンもあって、結構好き!

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.0

ただひたすらグロい…。森の中で獣のお腹の中で寝たシーンはマジでトラウマ。

寝取られ男のラブ♂バカンス(2008年製作の映画)

3.5

笑える、面白い。最後はほっこり。ハワイ気質はちょい弱めのアメリカンコメディー。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.2

すごくすごくほっこりするストーリー。ところどころに散りばめられている、2人の昔のシーンがたまらん。。2人の絆の強さが伝わってくる。こんな夫婦、素敵ですね。

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.0

感情が繊細に描かれていて見ているこっちまで感情移入がすごい。
見ていて疲れるくらい。切ない。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

4.0

お酒でも飲みながらゆっくり見たい映画。
物語自体がゆるーく、ゆっくり進んで行くストーリーなので、退屈と感じる人もいるかも。
でも、終わり方は最高です。

昔に見た時は全然いいと思わなかったのに、久々に
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

グロリアとサムの親子愛に感動。グロリアが亡くなるのは予想外すぎた。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.3

もっと笑えると思って期待度高かったからちょっぴり残念。中途半端感…。
男はみんなこんな女が好きなのか?笑

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

前評判が高すぎた割には、感あり。飛行機で見たからか、怖さは全くなかった。
どちらかというとピエロどうのこうのより、子供達が成長していくストーリーの方が面白くて好き。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今の自分からは想像も出来ないような、人生。主人公が愛されて育ってたきたことがよくわかる。
今が満たされていて、何不自由ない生活だとしても、貧乏でも、愛されて、幸せに育ってきまからこそ、戻りたかったんだ
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

4.0

途中まではただのびっちなやつな話だけど、終わり方はすごく好き。
シングルの時間を大切にすべきだけど、慣れてはいけないってわかりすぎたってつらめ…。

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.6

とにかくギャビーが可愛い。
途中若干だれた感があり。家族になっても子供達には全くフォーカスされず、あくまで2人の物語って感じ笑
ギャビーへの愛が大きすぎて、女の子は愛されてなんぼだなと思った。

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

3.0

怒りを見てからの初めての吉田修一だから期待していたけど、怒りほど人間の感情の表現が繊細ではなく、ただただストーリーとして重い印象。
雰囲気は #ゆれる と似てる。
俳優として尾崎役の大西さんが好き。

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

満たされないものを抱えながら生きてる。
言葉や形にすることがベストではないことの方が実は多いのかもしれない。

レオン(1994年製作の映画)

3.5

マチルダが可愛い…
服やスタイルもツボ。
内容も想像よりは軽くて見やすかった

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.0

何かを始める勇気をもらえる映画。
時々入ってくるコミカルな音楽と、シャシが母親に似ているところがツボ。笑
All is wellほど長くなくて、見やすいのもポイント高め。

>|