修造さんの映画レビュー・感想・評価

修造

修造

映画(23)
ドラマ(3)

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

2.3

ハワイの風景と吉田羊の映画。
余白。
正直好みではなかった。

佐野くんはサーファー役のために日焼けした?のかな?いつものもちもち白肌じゃなかった笑

貴族降臨 PRINCE OF LEGEND(2020年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

顔映画。
これは堕とす意味ではなく褒める意味での顔映画。
画面いっぱいに美しい男子の顔がアップになる、そういう潔さのある映画です。


しかしストーリーがあまりにもお粗末すぎるというか崩壊してる。
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

ラストのスピーチがリアリティありすぎて手に汗握ってしまった。

少しでもあがり症のきらいがあるとスピーチ描写があるたびにドキドキしてしんどくなる。

吃音症の王様とそれを治療?する男。
描写が丁寧でよ
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

2.5

白濱亜嵐くん目当てで。

亜嵐くんが普通の服着ているだけでなんかウケた。薄いグリーンのシャツ絶望的に似合わない…!
好感度高くないもっとゴリゴリしたお洋服が似合うお顔なんだなぁと。

でも不器用な高校
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.0

クリスチャンベイルの身体はった役作りが脚本を超えてしまっていた。

長生きしてくれベイル…そこまでして身体変えなくてもあなたは素晴らしいので…という気持ちになった


ストーリーは予想の範囲内だけど胸
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.0

ディーンフジオカがはまり役。
佐々木蔵之介さすがだなー
しかしキャスト豪華すぎて集中きれる

お決まりのラストだとは思いつつ見てしまった。
スッキリみれてよい。

登場人物多すぎて途中ん?これは誰?っ
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

4.3

学生のころ、一部だけ授業で見たのだが、音と色の印象がすごく強く、強く惹かれたことを覚えている。

しかしその後なぜかベルイマン作品はたくさん見たが、この作品をみることはなく、今になってやっとみた。
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

5.0

気味悪さ
得体の知れない恐怖
ある日突然、起こる死
知らぬうちに起こる洗脳

そういった恐ろしさを堪能できる映画

画の美しさ、ロケ地の気味悪さもすごい

黒沢清映画にハマった一本

旅のおわり世界のはじまり(2019年製作の映画)

4.0

主人公の閉じた感じがリアルだけど苛立つ

異国の人の優しさに怯え、逃げまどうシーンは自分勝手だなーとイラつくが
なかなか地域のレストランに入れずコンビニ的なところでご飯買って済ましちゃう感じとか異国に
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

3.5

実は見てなかった名作映画を見ようシリーズ
 
最初、メカが自動で餌やったりタイマー鳴ったりするシーンが一番好きだった。
子供の頃見たかったな。

風景がザ、アメリカン!で楽しい。
ストーリー、藤子・F
>>続きを読む

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

3.6

サブカルダメンズウォーカーのみんなー!!!集合ーーーー!!!!また一つサブカルクソ女が好きな美しいクソ男が誕生しました。


180越えマッチョ蕎麦屋切れ長ひげ人は撮らないけどお前を撮りたい(というホ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.8

麦みたいな男、サブカルクソ女はみんなすきだろ????????
私は大好き!!!!!!!!
人生壊される


朝子みたいな女やだなぁと思いつつ理解できることも多いので辛かった。

ラスト近くのシーンから
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

2.4

アマプラで吹き替え版を。

歌を楽しむ映画。
MISIAのゾウさんがよかったーしびれる
MISIAの歌って毎日聴きたくないけど一年に一二回聴くとめちゃ感動するんだよな…


まぁまぁクズなやつが出てき
>>続きを読む

PRINCE OF LEGEND(2019年製作の映画)

3.0

ドラマ版が大好きだった。

映画は良くも悪くもキラキラ映画になってしまっていてそこが残念。
LDH版ネオ乙女ゲー映画として期待していたんだけど…

ドラマはヒロインの果音さんがひたすらモテまくるが男た
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

観ていて切なくなる。
才能って天使にも悪魔にもなるんだなぁ。

バレエが分からなくてもなんという説得力。美しい跳躍は一見の価値あり。

セルゲイが自由に羽ばたく姿を見たい。

午前0時、キスしに来てよ(2019年製作の映画)

3.0

片寄涼太スーパー可愛いムービー!

キラキラ映画として真面目に、王道を行っていて好感度が高い

もちろん突っ込みどころは多数なんだけどまぁいいか!と思えるのは登場人物がみんな可愛くて嫌味がないからかな
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.1

ホテルの裏側を見るのは面白かった。

地上波で映画は観るもんじゃないな…CM多すぎて没入出来ず。

映画というよりドラマっぽい画作りだなーと思った。
長澤まさみと松たか子が良い。