おすさんの映画レビュー・感想・評価

おす

おす

破裏拳ポリマー(2017年製作の映画)

3.7

予告編から想像したようなコメディコメディした感じではなく、結構ハードなアクション映画だった。

原作は全く知らない世代なので違いはあまり分からないけど、とても分かりやすい映画だと思う。設定は若干複雑で
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.4

相変わらずディズニーのクオリティの高さには脱帽。かなり綺麗な画面は圧倒的。

前半は少し退屈な気がしたし、ベルがそれほど変人には見えないかな…とは思ったけど、終盤畳み掛けてくるときは流石にドキドキして
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.2

細かいツッコミどころはちょくちょくあるにせよ、素晴らしい出来だと思う。

焦らさずにオープニングからいきなりコングを出す所なんてテンションガン上がりで困る。そこから最後まで飽きることなく楽しめる、大迫
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

正直観る前までは舐めてたというか、軽い気持ちで観ようと思ってたけど思いの外 高品質なコメディに仕上がっててびっくり。テレビ的ベタベタ演出がなく、映画として面白かった。

若干脚本が無理矢理で、これくら
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.9

計3回鑑賞。

初めは(いい意味で)意味不明なドラッギー描写の連続に脳みそをボコボコにされ、クライマックスで夜が終わってしまうと分かった時は悲しくて、でもスクリーンでこれほどの大傑作を拝むことができた
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

思いの外インディペンデント映画だった。
全体的に画面が綺麗で、刺激の強い要素は特に無く静かに進んでいく感じ。三部全てに出演してるナオミ・ハリスの演技がすごかった。
三部それぞれの海のシーンが良かった。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

怒った時に雷が鳴ったりスベった時に壁に掛けてたものが落ちたり変な効果音が鳴ったりとなんか気になる部分はかなり多かったけどそれなりに楽しめた。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.2

雨のシーンとか迫力があって良かったけど、ハッカーが何でも出来る設定ってどうなのかと思う。

視覚的には、MEGA MAXぐらいしか観てないワイスピ弱者でも楽しめた。

無限の住人(2017年製作の映画)

2.4

三池監督の良いところは出てるとは思うんだけど、まず敵キャラクターが多すぎるため、序盤は一人一人と戦うだけのストーリーが無いオムニバス形式のような感じがしたし、それぞれにかける時間が短すぎてさばききれて>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.8

前編より良かった。

登場人物たちの神経が張り詰めた状態の状況で、モノが消えたり現れたりする演出などを用いて緊張感を保っていたのが良かった。将棋は分からないけど雰囲気で楽しめる。
終わり方も良かったと
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

吹替版で鑑賞。舐めてたけどめちゃくちゃ吹替のクオリティが高くてびっくりした。ミーナはMISIAにしか出来ないだろうと思ったし、山ちゃんは歌もめちゃくちゃ上手い。トレンディエンジェル斎藤さんや長澤まさみ>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.3

視覚効果や演出等とても楽しめる。

中盤に明らかになる、予告編などでも伏せられているあの展開は、挑戦的だし面白くて文句はないけど、ラストシーンは中盤のその場面があると考えると余りにもご都合主義で、もう
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.2

横川シネマの動員記録を塗り替え続けてるということで朝イチ行ってみたけど、アンコール上映なのにほぼ満席でびっくり。
正直御年配の方にあまり良いイメージを持っていない節があったのだけど、こういうコツコツじ
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.5

前後編観たけど、大体前編が良かったら後編でガッカリしてしまうことが経験上多いけど、この映画は逆のような気がする。
前編は将棋メインで、全く分からない人でも楽しませる演出が施されていて良かった。
基本的
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.0

吹替版。
ひたすら面白い。レゴ・ムービーは未見だしDCが好きなわけでもないけど、序盤からかなり笑わせてもらった。
しかしテンポで無理矢理脚本を運んでるのが気になった。全編物凄いいいテンポで進むけど、脚
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.2

吹替版。
ディズニーなので面白くないわけでは無いんだけど、よく主人公の成長に人の死を使うよな〜とか思ったり。それとアニメーションなのでしょうがないけど御都合主義がすごいのが気になった。
映像はとても綺
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.1

いい意味で、今までの萩原直子作品の印象を一新してるのか…?という感じ。
LGBTに関してそれほど関心がなかったので、少し興味を持てただけでこの映画を観た価値があると思った。でもなんか所々下品で嫌な気持
>>続きを読む

14の夜(2016年製作の映画)

4.6

当時を完全に再現出来てる訳ではないと思う。脚本も完璧ではない。けど、そんなことどうでもいいくらい個人的には大傑作。

主人公タカシのダサさとか痛々しさ、もしかしたらその他大勢でも下の方なんじゃないかと
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.4

相変わらず画面は終始綺麗で、雰囲気も最高。本木雅弘の演技も良い。竹原ピストルも上手い。凄く整った映画だと思った。

弱さと向き合って強さに出会うような、本性と表面がひっきりなしにぶつかるような、なんか
>>続きを読む

だれかの木琴(2016年製作の映画)

4.1

作品全体の雰囲気が綺麗だった。

常盤貴子が怖いだとか全く思わず、感情移入とまではいかないまでも、何となく気持ちが分かってしまった。
自分だけが辛いと思ったら大間違いなんだと、誰もがどこか満たされなく
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

カラフル、魅力的、かっこよくて楽しいオープニングと、大団円。多少中弛みはあれど、楽しかった。
主人公2人の世界で完結してるのには若干違和感が残るところではあるけど、演出も脚本も素晴らしいと思う。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.7

楽しい。
監督が監督ということもあり、思いの外残虐で不謹慎。ブラックな笑いで終始楽しい。
ライアンゴズリングが窓ガラスを割るシーンなんかかなり面白かったし、ラッセルクロウのカッコいいデブ感も大好き。バ
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.0

荒野の七人オマージュ、五階から落ちる男の話があってファンサービスばっちり。でも七人の侍の、鐘を鳴らしてこれで7人だなってなるシーンのオマージュは欲しかった。

全体的に面白いんだけど、なんか物足りない
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

ブラピがかっこいいだけで観る価値があると思う。マリオンコティヤールの笑った時の表情筋の感じとかも良かった。
内容はあんまり乗れなかった。マックスがマリアンヌのことを疑い真実を知ろうとするところがメイン
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.3

『怒り』と『葛城事件』を足して2で割った感じ?

石川監督が長編初ということでバケモノかよと思った。
画面の作り方が計算されてた。人物の配置がめちゃくちゃ綺麗で、青白いトーンで全編に渡って緊張感を保っ
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.5

冒頭のライフラインがなくなる描写が怖い。思いの外シリアスで、コメディコメディしてなかった。
多少無理矢理感はあるけど、伏線の拾い方はナイス。
1シーンのみ、家族で一斉に笑うシーンがあり、そこで感動。ラ
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

2.2

面白くなくはなかったけど、テレビ的演出にモヤモヤ。エンドロールまでモヤモヤ。

そもそもターゲットの客層に合ってないので仕方がないとも思う。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.3

暗いトーンで統一した画面とファンタジー要素のバランスが絶妙だった。全体的に演出かっこいい。そしてエラ・パーネルが可愛い。
双子の能力をインプットさせずに始めたのは個人的お気に入り。

最後にちょろっと
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.2

視覚効果的にはインセプションをグレードアップした感じで、否応なく引き込まれる。街がグネグネなるシーンは圧巻。
ストーリーは難あり。主人公ストレンジの感情が全く理解できず、彼が何故あんなに高速で魔術を修
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

伏線回収が面白い。けどところどころ、特に弟と出会うとかいう若干のご都合主義感は否めない。流石にどっちか事前に気づくだろとか思う。
取っ組み合いの戦闘シーンは、ほぼ画面いっぱいに人物が映るのでほぼ何やっ
>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

1.9

園子温監督は好きなので、個人的にこの作品は園子温監督じゃないことにしている。
とりあえず意味が分からない上に、演出を優先してるからか脚本が無理矢理で意味不明。演出もそれほど決まってない気もするし。
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.8

ディストピアものはあんまり好みではないけどこれはわりかし良かった。日本の描写に殆ど違和感がないことも、スコセッシ監督の原作への尊敬を感じた。
役者陣は日本勢がすごかった。特にイッセー尾形の好演。
ラス
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

後々鍵となるアイテムを序盤でさりげなく確実に映すカメラワークが良かった。音を鳴らしたらアウトって設定が緊迫感があって面白いし、静と動の使い方もうまい。
90分弱だけど3時間映画を観たくらいの疲れ。
>>続きを読む