とんちくさんの映画レビュー・感想・評価

とんちく

とんちく

映画(928)
ドラマ(13)

市民ケーン(1941年製作の映画)

3.6

さすがにクラシック。
マンク、の前に見なくては、と。
話しは王道のドラマかと。。。

バラのつぼみ…

なんだか後半とても切なかった。
何気に演技、白黒の
コントラストが好きです。

下手くそオペラ?
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.8

とにかく、熱かったです!

ちょっとビックリしました。
ここまでとは。
映像表現も良かったのですが、
諸々の台詞、メッセージが熱く、
各世代に刺さるのでしょう。

原作未読でアニメのみなので、
その後
>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

いろんなシーンのビジュアルは
よくできていて、
大量の死体やら、量でループ回数を
なんとなく表現してくれてますね。

神話の暗喩なんだろうかー。

とりあえず、自分が悪い?のかな。
体力と運度神経が半
>>続きを読む

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷(2020年製作の映画)

3.8

ザ・ハントのギルピンさんが、
か弱い妊婦さんで出てた!

ちゃんと、エンドロールで
カヤコ、て名前が出てたので、
そっか、あの人カヤコさんかー、と思ったり。

相変わらず、入ったら負けなので、
もう結
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

星の子みたので、そう言えば、
同じ監督のやつ録画してたなあ、と。

日日是好日、映画観たあとだと、
この言葉がとても好きになりますね。

1日1日をもっと丁寧に、
しっかり五感を使って生きたいなあ、と
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.7

演技は凄いです。
いろんなシーンもきれいでしたね。

ただ、なんか、
こういうシーンと話しにしたいから、
あんな目にも、こんな目にも合う、
そんな気持ちになっちゃいまして、
辛いのですが、それだけしか
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.6

芦田愛菜さんを含む、子供たちの
演技が良かったです。

なんだか、どうしようもないお話しで
誰の立場の行動も正しいような。

先生はちょっと、言葉選びなさいよ、
とは思ったけど。

僕はけっこう、怖か
>>続きを読む

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.8

ひき逃げ、絶対ダメ。

オチがやっぱり、韓国の警察らしさ?で
潔い良いですね。
日本だと許されないようなオチですよ。

とにかくテンポが良いので、
どんどん窮地に追い込まれ、
わりと早めにボスが出てき
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.0

森田剛くん、全然ドラマやら、
映画で観たことなかったんですが、
凄まじかったですね。
話しが通じない人の眼だ。

怖い怖い…

途中で入るタイトルからの、
不穏なことが起こりますよ、感が良い。

原作
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

より、アート寄り?な印象です。
ひとつひとつのシーンを
たっぷり見せてくれますね。

わかる人にはわかる前作との繋がり、
単体で観ると魅力は半減しそうです。

アナ・デ・アルマスがキュートです。

>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

なんとも官能的です。
艶っぽい。

4Kファイナルカット、
音も映像も素晴らしかったです。

続篇は、これの続きということか。
早目に観なくちゃ。

罪の声(2020年製作の映画)

4.2

名作でした。

子供たちが切ない…。
そして、カッコつけた大人たちがダサい。

罪の声、というタイトルも良く、
原作もきっと良いのだろうし、
脚本もその原作をきっちり映画に
落とし込んでいたようです。
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

4.0

序盤がピークだった気もしないではないですが…。

そこまで過激ではなかったような。
人体爆発はありましたが、
メタ発言的な部分が、
全米に怒られたのかなー。

ラストはキルビルっぽくもあり、
なかなか
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

カッコいい!
信念の持って戦う女性に
しびれます。

会話のスピード感がかなりあるので、
かなり集中して見ないと。
ロビイスト、は裏で暗躍してそうですが、
ちゃんと会社としてあるんですね。
やってる事
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

よくまあ、こんな手のかかる
細かい仕事を延々と。
美術の仕事といいますか、とても素敵です。
吹き替えが、吹き替えなのに?カタコト。
ストーリーは、あまり覚えてない。笑

守護教師(2018年製作の映画)

3.7

思いのほか、切ない…。
相手の頭がぶっ飛びそうに見える、
重量感のあるパンチはいいよなー。

相変わらず、
先生も、
警察も腐ってました。
そうじゃない韓国映画を
見つけるのが難しいほど。

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.8

面白いけど、ちょっと物足りないかな。
演者さんたちが重厚で良かったです。

なんか、数字にまつわるトリックとか
あるのかとか勝手に思ってましたが、
実話を元にしたやるせない話しでした。

韓国映画にし
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

4.2

異様なくらい台詞がない。
その分、行為行動で語られます。
チャプターで物語が区切られており、
それほど難解な内容ではなく、
少年の成長譚と捉えて良いんじゃないかと。

人間が、人間らしく獲得してきた
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.2

映画は総合芸術ですね。
素晴らしかったです。

たくさんの映画達が出てきて、
なんだかウルウルしてしまいました。

映画への愛もさることながら、
なんだか、仕事や仕事仲間への
リスペクト的な部分でも感
>>続きを読む

Underwater(原題)(2020年製作の映画)

3.7

やっぱり、深海ものって息苦しくて
薄暗いー。
早々に爆発するので、テンポ良しです。
生態系不明の謎の生き物たち。
これは当たれば続編だったりあったのかな?
けっこう好きでした。
オープニングとエンディ
>>続きを読む

悪魔は闇に蠢く(2014年製作の映画)

2.8

画面がずっと暗くて、セリフもあまりなく、
やたら音がデカい。。。
1時間くらいにおさまりそうな話しを
ダラダラやってしまったような…。

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.7

ホームズもの、というよりは、
爽やかな青春ストーリーでした。
謎解きとかには特に重きを置いてないかな。

ファッションや風景がとても良いので、
ただ観てるだけで眼福。

続編でもちょっと推理寄りに
>>続きを読む

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

4.0

神様なんて信じるもんじゃあないですね、
と思うんですけどね。

ものすごい豪華キャストですね、何気に。

悪魔はどこにでもいるので、
見かけたら無視する、
近づいてきたら逃げるとします。
神様の顔して
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

豪華絢爛。
くるみ割り人形のことは全く知りません。

クリスマスの映画だったんですね。
バレエとかすげえ美しかったです。

いかにもなディズニー映画でした。

>|