モチめがねさんの映画レビュー・感想・評価

モチめがね

モチめがね

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

5.0

劇場版を観終わって言いたい
正直この感情をそのまま文章にするのは正直出来ない。むしろやりたくない!
何故なら訳がある。
今回は劇場版を観たわけだがこの劇場版に限らずヴァイオレット・エヴァーガーデンとい
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.6

結論から言えば捻り少なめなライト級なハッピーデスデイなホラーコメディ映画。
内気で気弱な人生いつも上手いこといかない女子高生ミリーと残虐非道な屈強な殺人鬼ブッチャーがあるきっかけでまさかの魂が入れ替わ
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.0

ある交通事故をきっかけに繰り広げられる誰しもが加害者になりうり被害者になりうるそんなリアルに起きる物語であり、前者後者共に自分が生きる人生で絶対に関わりたくない芯にド直球な映画「空白」。
メインとして
>>続きを読む

総理の夫(2021年製作の映画)

3.7

まず最初にこのタイトル読んで字の如くシンプルにして大々的なテーマであり、ありそうでないサイドからも突いてきたなぁと思わせるひらめき映画であると同時に未知な位置付けにもある映画「総理の夫」。

小難しい
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

4.2

「世界一のガンマンは2人もいらねぇ。」
「お前の銃は俺に言わせればロマンにかけるな…。」
くぅ〜!!堪らん😆😆✨
次元大介好きになった💪

なんかルパン三世ハマる予感👈👈👈

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.2

先に言っとく。久しぶりにまた小僧じみた悪態つくわごめん…。
ではでは
モンハンと映画の異色のコラボにしてはちょうどいい塩梅だと思う作品でした☝️
でも裏を返せばモンハンマニアの目線で観るクオリティ50
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.7

予告の動画の通りシナリオは案の定シンプルだったよね👈
今回の物語の舞台その禁断のビーチに踏み入ればおい、だんだん歳をとってしまうやん!あら大変!頑張って早く脱出しなくてわぁ〜😤😤💦という具合に特に捻り
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.1

今回満を辞して孤狼のマル暴の活躍を拝みにカチコミ(鑑賞)してきました🚔
先ちーと気になった事申すと前作はネトフリで字幕ありでの復習がてら観たってのもあって内容は大丈夫だった。
しかーし、今回もちろん映
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

俺的期待の続編、孤狼の血Level2に向けての復習と記憶の整え込めてのカチコミ(鑑賞)。

2回目ましてもあり結末は薄らに覚えてたから新たな驚きは無かった。
しかしじゃ改めて映画の構成の見易さだったり
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.9

元ネタがディズニーランドのアトラクションやったっけ?そこんとこは曖昧な予備知識で申し訳ないがとにかく観る前のイメージからして物語がシンプルそうかつ、アドベンチャーチック感がなんか万人受けしそうだよね〜>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

4.4

まずは❗️今回のしんちゃん映画は成功でしたわぁ〜😳

今回の物語の1つ目のポイントとして学園内に蔓延る難事件に対する推理からの謎解きに関しては大人の俺でも展開が全く読めなかったてか、完全に裏をかかれて
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.9

まさにまんまタイトルどおりの映画。
とことんついてない事ばかり起きちゃう鈍臭い話。
終始お気楽スプラッタードタバタ活劇のオンパレード。気軽かつピリッとした刺激のある笑い話が観たいならコレな一本☝️

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

3.5

裏エンディングは不思議と安堵な気持ちで観れたから良かった(o^^o)

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

4.1

MIB2みたらMIB3も観たくなるよね🏋🏻‍♀️
学生時代観た思い出SF映画ってもあってある程度は覚えてたけどやはり面白かったずーっと初見の気持ちで観てたら時間が溶けたわ🤤

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.8

改めて記憶正しに再鑑賞。
まぁ裏切らないわな、最高だすな(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.3

たまたまNetflix弄ってたら見つけた映画
ど頭に穴ぽこ開けてみたら世の中どんな風に見えるんかなぁ、よしやってみるか!から始まるミステリチックストーリー。
俺の見解。ありそうで無い、無さそうでありそ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.6

細川守が手がけるスタジオ地図の独特な絵のタッチ✖️美女と野獣✖️ミュージカル映画。この3つを合体‼️‼️って感じの映画な一本でした。

俺主観の結論から言うと、申し訳ないけどだからといってヤベ〜めっち
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.8

アマプラ独占オリジナル映画。
正に「SF✖️エイリアン退治✖️タイムリープ✖️おまけに山寺宏一」この3つの良いとこ取りごちゃ混ぜ映画。

ただジャンルをごちゃ混ぜにしたキメラ映画に留めず色んな伏線をし
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

4.6

まず最初に断言するがこれは前作を越えた。製作陣はそれをいい事にガチでビビらせ来たな思いました笑
はい。今回のクワイエットプレイスは前作での「音を立てたら即死する」元凶をようやく目の当たりにし、いざ真っ
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.1

人は常に完璧じゃない。
この物語の主役ウィル・ハンティングもその1人。
彼はいわゆる街のごろつき、前科多数のかなりの問題児でいつも仲間と連んでやりたい放題の毎日。
そんな彼、唯一の強みそれは誰にも負け
>>続きを読む

白雪姫の赤い靴と7人のこびと(2019年製作の映画)

3.5

あるおとぎの王国のプリンセスが囚われたって事で各地から集結したイケメン王子7人。
無事お姫様を救ったのはいいが不幸な事にそのプリンセス見た目が魔女みたいだって事で王子様たち間違って倒そうとしてしまう。
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.5

元よりエマストーンの姉貴を拝みたく観た今回の作品。
一応101匹のわんちゃんに出てくるヴィランの女性としての認識はあったくらいで詳しい素性は知らずに今日を向かえいざ、鑑賞!

いや〜カリスマ性と成り上
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.5

映画マニアになってからは遅咲きではあるが初めて試写会なるものを体験した記念すべき初作品は永野芽郁ちゃん主演の地獄の花園。
脚本は信頼と実績の奇才バカリズムが手掛けてあるだけにちゃんと筋の通った作品であ
>>続きを読む

水上のフライト(2020年製作の映画)

3.8

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」審査員特別賞受賞作品であり今回観た映画は「水上フライト」。
正直初見は中条あやみちゃんに負けてレンタルして観たわけだか結果的に
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.7

まず言いたい。俺の独特な偏見になるけど、ひと昔の邦画って自由度高くてなんか潔いな笑

ではでは本題〜
たまたま個人アカウントでアマプラ殿におすすめされてふら〜っと観たらこりゃびっくりした👈

ぱっと見
>>続きを読む

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

3.9

日本国15年続いた長く苦しい戦いの終戦の引き金にもなった太平洋戦争。
その末期の1944年頃、戦禍の大都市東京を逃れ、ある埼玉県の片田舎で二十代を中心とした若手保母たちたった8人が、子どものいのちを守
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.0

家族を想う正義を貫く雪代縁。仲間を想う正義を貫く緋村剣心。この2人の人間としてのぶつかり合いは物語として非常に圧巻でした。
延いてはワイヤーアクション、爆発シーン、殺陣などなど特殊効果も相変わらず凄さ
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.9

ついに私、モチめがねの恋愛映画好き故の禁断症状「ド王道のド定番コテコテ純愛青春ガチ恋映画を観ないとあかーん病」が再発したので今回処方したのがこちら「思い、思われ、ふり、ふられ」💊👨‍⚕️

まず初っ端
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.7

シンプルに演者の知名度に頼らず内容の質だけで勝負に出てる感じが素直にすごい。
明らかに低予算のミニシアター9は観ててひしひしと伝わるがただそれだけの話だから割愛する👈

映画特有の飛躍したアクションも
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.8

俺のイチオシ映画「罪の声」の原作者塩田武士の新たな物語「騙し絵の牙」。
かなりの大手出版社でも実は内情崖っぷち真っ只中、その矢先に突如と現れた我らが大泉洋演じる速水編集長この人👈
社内情勢。人間関係。
>>続きを読む

>|