NaokoTakahashiさんの映画レビュー・感想・評価

NaokoTakahashi

NaokoTakahashi

映画(959)
ドラマ(0)

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.5

リフレッシュムービーと唱っているが、リフレッシュはできない、子育て辛そう、、、

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.9

世の中の情勢に詳しくないが、背景はとてもわかりやすく頭に入ってきた。
どちらの立場でもプライドがあって、すごくデリケートな問題。

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.6

ちょっと怖めだった。
色々と解釈できる余地があり、見終わったあとに色んなサイト見るたのしみがあった。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.7

前半は面白い。
後半は忙しいしいきなりファンタジーぽい描写ありでちょい謎だった。

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

3.7

クリームソーダ美味しそう。
女子高生時代の、1000円以下の飲み物1つで幸せになれる感覚懐かしい。

バルフィ!人生に唄えば(2012年製作の映画)

3.9

音がないのに愛に溢れているバルフィ。
愛に素直に従う方が勝つことは良いことだけど、ちょっと切なかった

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

3.5

結局何が言いたいかよく分からなかった
麦ちゃん出てるから見れた

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

朝子みたいに生きるのは人様に迷惑かけるけど、自分はそういう生き方したいわ、とも思わされる。

見る前は勝手にもっと非現実的な話(片方が幻とか)だと思ってた笑

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.7

LGBTというよりは家族ストーリー。
おばあちゃんカップルのパンチが良い。

エルファニングは男役でもめちゃ天使。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.9

うるうるきてしまった、、、
野村周平の役ずるいわ、、

松岡茉優好き

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

役所広司役に合いすぎ。
松坂桃李はちょっと影がある役が素敵

トップガン(1986年製作の映画)

3.7

よい意味で昔!
女性の口説き方がいい意味で昔!笑

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.7

すごく悲しくて切ない。
安田顕最高。
アイリーンもめちゃ愛しいから悲しい。

初恋(2020年製作の映画)

3.6

窪田正孝とベッキー見る価値あり。
染谷将太の安定のへたれ感好きだわ

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.9

めっちゃ笑った!
息抜きにぴったりの映画だった。

ちょっと冗長だったのと、終わり方が謎。

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.7

セクハラ被害者でも告発できない気持ちが凄くわかる。
自分も悪いって考えになっちゃうんだな、、、

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.8

白夜と可愛らしいお花が狂気を際立たせていた。設定や世界観はとても好み。

グロいところは結構目つぶった。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.6

原作読んでから鑑賞。
途中から狂気に満ちている。

食べる女(2018年製作の映画)

3.8

食と恋愛が紙一重なのはなんとなくわかる
沢尻エリカがよかった
ユースケサンタマリアもなんかいい男だった

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

テンポ良かったからあっという間に終わったように感じた。
ちょいちょい笑わせにきてるシーンあって面白かった。
ダニエルクレイグの渋さすごい。

サーミの血(2016年製作の映画)

3.7

胸が痛いシーンがたくさんあったが、自ら運命を切り開こうとするエレマリャは素敵だった

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.9

ジョジョが愛し過ぎた。
ジョジョと関わる人の関係性も愛しい。

ジョジョとヨーキーのハグに混ざりたい

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.6

染谷将太のラップ上手い。
話はよくわからない。

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.8

門脇麦ちゃん目当てで鑑賞。
時にもどかしく感じながからも、ほっこりするストーリー。
一歩ずつでいい、と肩の力が抜けるようなメッセージが込められてる話でした。

>|