Nm9oc3さんの映画レビュー・感想・評価

Nm9oc3

Nm9oc3

映画(324)
ドラマ(0)

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.8

なんで今まで見てなかったんやろう。。。なんで今まで見てなかったんやろう!!

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.1

そこのみにて… を2日前に見たから池脇千鶴さんの幅にびっくりした

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.2

映画寄りのアニメ映画かと思ったら、むちゃくちゃアニメよりのアニメ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

3Dでの相性がすごく良くて、長いアトラクションに乗ってた感じ 楽しめました

渚のシンドバッド(1995年製作の映画)

4.5

良作。あゆが天使すぎる。。。 女優でも際立つってゆうか存在感が別格
ヒリヒリした思春期の描き方が素敵でした。せつない。。泣

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

最初違和感すぎの関西弁にむずがゆくて入れなかったけど、後半は逆にそれがハマって良かった。不思議。西田敏行が改めてすごい俳優だと実感

牝猫たち(2016年製作の映画)

3.7

初ロマンポルノ、普通に伝えるテーマがあっていい映画。とろサーモンがそして良い。久保田のたちひきまちってこれだったのね

モテキ(2011年製作の映画)

4.1

邦楽の鮮明なリバイバル 女王蜂のライブシーンぐっときました

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.2

ケータイのある時代設定だっけ、ない方だっけって3回ぐらいなる

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.6

いろんな青春を撮ってきていて今回はおじさんの青春って感じがしました!
ムラッとくる女性の撮り方がいつも天才的。 テンションの操りもあっぱれー!
大作ではなかったかな

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

反射した顔が重なる表現とか、さすが是枝監督の微細な表現。伝えかたがじわじわ染みてくる感じ。タイトルも。

定期的にこういうズンとした重りで気持ち調整しないと、なんだか浮いてくるので、今ぴったり。ねくら

愚行録(2017年製作の映画)

4.1

最近の明朝体の暗い単語タイトル映画ははずさない。

あの時好きな人の予定が入ってて一緒に観に行けなくて良かったなぁって感想

みんなさらけ出してよく喋る

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

天人がドンキの被り物レベルとか、まったくアニメ踏襲の区切り方とか、なんか色々麻痺して最終的にギャグベースのアクションって都合よいな!いいんじゃないかな!ってなって、佐藤二朗と菅田将暉のアドリブシーンで>>続きを読む

陽炎座(1981年製作の映画)

4.0

ずーーーっと曖昧な本当に陽炎みたいなずるずるいく感覚。表現が素晴らしく綺麗でゆらゆらする

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.0

ジュードロウが甘ーーいってゆう映画 日数と距離とか正直いる要素かは謎

シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ(2007年製作の映画)

4.4

足跡姫を見たので日をあけずに再度観劇。勘三郎さんの偉大さ鬼才さもう圧巻で、生前に見られなかったのが悔やしい! なんて存在

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

長かった。けど、最後の投げかける感じの終わりとエンディングの曲が良いです

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.6

吹き替えで観て逆に良かった
声優が同じって嬉しさ。桃井かおりの声優が若干意識してる感は目をつむる

>|