ならもんさんの映画レビュー・感想・評価

ならもん

ならもん

ホラーやグロが苦手なのですが、いつか観れるようになりたい

映画(108)
ドラマ(80)

破戒(1962年製作の映画)

-

堀江先生と破戒を精読して感じたことを大事にしていきたいと思っています。

細雪 ささめゆき(1983年製作の映画)

-

ほんとうに船場言葉を話したい人生だった。同時に平成細雪が好きすぎる。

着物やら姉妹やら季節の花やら眼福。プロダクションノーツでも言ってたけど、市川崑はこれを本当に撮りたかったんだろうな〜と思わせる画
>>続きを読む

パリの灯は遠く(1976年製作の映画)

-

面白い!カットとかよくわからないけどカメラワーク凝ってるな!飽きない。鏡/補色/犬/身体検査

あと服とインテリアがかわいい!

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

-

寺島しのぶすご!あとメイド服姿の忽那汐里かわいい。あのメイド喫茶行きたい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

ヲタクは匂いで仲間がわかる←わかる

ニューオーダーからのビージーズ♡

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

ぜんぜん好きじゃなかったが新木場に行く線路と坂の上のマンションだけ好き

台風クラブ(1985年製作の映画)

-

始まって数秒で好き!ってなった。

同じタイミングで借りたトリコロール 青の愛を観れないまま返すミス。

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

-

中学?高校?のときにみてキュンキュンしていたな!リチャード・ギアかっこよ!って思って検索したらもうわりとおじいちゃんで冷めたという記憶

ドリーム(2016年製作の映画)

-

60年代の車とか洋服かわいいな〜。理系苦手なので超かっこいいと思った。

わが心の歌舞伎座(2010年製作の映画)

-

大感動



仁左衛門さん御用達だった大きい楽屋(旧歌舞伎座)の柱には千之助くんの身長の印があるらしい!かわいい!

二重生活(2016年製作の映画)

-

長谷川博己目当てで見たもののハマらなかった。主人公にイライラするし...

なんかこないだ散歩してて見つけた喫茶店とロケ地が似ている気がしたけど撮影協力には出てこなかったので違ったのかな

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

-

1年の春の授業で出てきたときはポケーっとしていたが、三年目にしてようやく鑑賞できて嬉しい。

フィクション

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

-

長谷川博己が好きだから観た。冒頭のカメタウンかわいい

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

-

2回目鑑賞。2016か2017年に観たこの作品が、初めて観た黒沢清作品だったベンヤミンとか読も。インタビュー読んであのシーンCGだったんだ!!ってなったのが一番印象に残ってる

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

アテスウェイ、こないだ散歩して行った店だなーって嬉しくなった。美味しかった。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

-

湯浅政明のことめちゃ好きになった。最後不覚にも涙が....。光とか水のアニメーション、きれい。

少女邂逅(2017年製作の映画)

-

少女と蚕の組み合わせなら今日マチ子のcocoonの方がまだ好きです....わたしは悪い意味で観るのが辛かったです

誰も知らない(2004年製作の映画)

-

受験勉強がおわったら映画いっぱい観よって思って、高3の時にフタバ図書中筋店で借りてみたのがこれだった思い出。

永い言い訳(2016年製作の映画)

-

池松くん初めてかっこいいと思った。てかまじでさちおくん、さちお君に感情移入してしまうのでわりと辛い。鑑賞二回目 1回目は早稲田松竹でオーバーフェンスと同時上映だった

あこがれ(1958年製作の映画)

-

自転車から香る女の人の匂いってどんなんなんだろ

海街diary(2015年製作の映画)

-

四姉妹全員色白すぎて泣きそうになった。日焼け止め塗るの頑張ろって気になる。

いいな〜〜梅酒とか作りたいなあ

紙の月(2014年製作の映画)

-

学校の講堂が母校と超似てた
黒革の手帖の武井咲も、昼顔の上戸彩も、そしてこの宮沢りえもなぜか悪いことするとき自転車なのが気になった。

>|