なりきりまきせさんの映画レビュー・感想・評価

なりきりまきせ

なりきりまきせ

映画(406)
ドラマ(0)

ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年製作の映画)

-

ゆるふわギャングの新曲みたいなタイトルしやがってホンマ、、、

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

「どの立場で言ってんだよ」って言わないで欲しいんですけど、歴史を映画で描く時の手本となるような作品でした

HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品(2019年製作の映画)

-

自分にとって新しいこととかジャンルって「センス良い人に教えてもらう」以外に良い方法がないと思うんだよな。ありがとうリョウさん。。。

トラヴィス・スコット: Look Mom I Can Fly(2019年製作の映画)

-

ASTROWORLDは結局ラップがポップになった時代のとっちらかった記号の遊園地ってことだと思います🎢

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

-

原型的な体験は人を早く成熟させるが、あまりにも原型的な体験は人を根こそぎ破壊してしまう。ただ、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦』の前では、この戯言も青ざめる。"あまりにも原型的な"という言>>続きを読む

恋の門(2004年製作の映画)

-

こんな感想を書いていいのかわからないけど、"ズキュウウウン"っていう擬音が鳴り響くようなキスがしたくなった

ファミリー☆ウォーズ(2018年製作の映画)

5.0

クソB級邦画が見たくて、"いかにも"なクソB級邦画ジャケットを選んだのに、、、

どことってもサイコーでした😭😭😭
おもしろすぎる😭😭😭

の・ようなもの(1981年製作の映画)

-

ラインで好きな人をデートに誘った後に通知をオフにする感覚わかりますか?
そういう感じです🥰🥰🥰

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

-

とりとめもなく突然に恋をすることはロマンチックで、だから突然、誰かを憎むことそれもポエジーだってこと?

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

-

「この吃音のおかげで友達ができた」みたいな都合がいいだけのラストじゃなくて本当に良かった

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

-

彼は俺に「ファック・ザ・ワールド!これが俺という人間だ!気に入らない奴らはクソ食らえ」と立ち上がって言える勇気を与えてくれた。――なりきりまきせ

2PACはヒップ・ホップの歴史であり、アメリカの歴史
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

-

せっかく休みなことだし、「キスも知らない17歳が銃の打ち方は知ってる」でお馴染みの映画を見ました

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

5.0

ある場所でどの言語が話されるのかということは、いつでも権力の問題だが、異なる言語の話者がいる空間では、それがとりわけ露わになる。タニヤ通りでは日本語が第一言語であるという事実は、それだけで日本人とタニ>>続きを読む

最初に父が殺された(2017年製作の映画)

-

ちなみに父の免許証の写真があまりにゆでたまごに似てるので、ずっとゆでたまごって呼んでたんですけど、ゆでたまご→たまごちゃん→たま→玉井詩織と呼び名が変わって最近はしおりんって呼んでます。

島々清しゃ(2016年製作の映画)

-

しーーーーーに
うすまさ
まーーる
でーじ
でーみ
しゃにっ
やっけーよ🥰

彷徨える河(2015年製作の映画)

-

マルクスが批判する「文明の荒波に疲れた者が、週末の風呂で一服し、再び文明の荒波に乗り出すが如き営み」と、シーロ・ゲーラ監督がカラマカテを通じて推奨する「原型の夢を見ながら文明を生きる営み」の間に、どん>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

-

オレがアラジンだったら

🧞‍♂️「どんな願いも3つだけ叶えてやる」

「願いを無限に叶えてくれ!」

🧞‍♂️「お前『ドラえもんの道具一個だけ貰えるとしたら?』って言われたら、四次元ポケットかもしも
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

-

過度の誇張や大言壮語の限りを尽くしても褒めきれない稀な作品にほかならならず、傑作か否かを問う以前に、それが存在していること自体を僥倖として受け入れるしかない貴重な映画です。

台北に舞う雪(2009年製作の映画)

-

ファンモンの7枚目くらいのシングルのタイトルみたいですね

ピンと来ませんか?
そうですか、、、、

害虫(2002年製作の映画)

-

こういう映画とドビュッシーの親和性の凄さってなに

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

自分だけがわかってる、私は周りの人とは違うんだみたいな選民意識というか自意識、最悪だと思う、そういうやつらは誰のことも信用せずに一生私は独りだと思い続けて生きていけよ、俺だってこういうこと普段から思い>>続きを読む

君だってかわいくないよ(2015年製作の映画)

-

うそ!お前だけじゃなくてオレもかわいくなかったの?
ガビーン!!!!!🤣🤣🤣🤣

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

5.0

自己の同一性は、現在自分が過去の自分を同じ自分として所有することによってではなく、本当は誰かある他者の他者として、つまり誰かある他者の宛て先としてこの私は〈わたし〉としての同一性を与えられるものなのだ>>続きを読む

墨攻(2006年製作の映画)

-

オレはファンビンビンを見たい時にわざわざ「ファンビンビン 顔面」って検索しなくちゃいけないけど、ファンビンビンは鏡見るだけでファンビンビンの顔面を見れるわけじゃん?

…それってめちゃくちゃズルくない
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

Tiji Jojoがこれを2分54秒にした、「Player 1」という曲を歌ってました。
面白すぎる映画をまとめたのでもちろん良すぎる曲です🥰

https://youtu.be/5rV7QmylzB
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

-

アメリがアップで映る度に心臓がきゅーっと縮まって息が出来なくなった

あと、「アメリ好きそうだよね」って言われたら多分それは悪口です

ぱいかじ南海作戦(2012年製作の映画)

-

最後がぐちゃぐちゃってなる一番好きなタイプのクソ邦画でした

オクジャ okja(2017年製作の映画)

-

ポン・ジュノ監督がもしかしたら天才かもしれないということがわかった

>|