有栖川真都花さんの映画レビュー・感想・評価

有栖川真都花

有栖川真都花

LINEスタンプつくりました。
\(^_^)/
http://www.stampers.me/stamp/10218

映画(68)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.0

共産主義の説明もわかりやすく、
どっちが悪いとか良いとかもなく、
当時沢山の死者がでたにもかかわらずそこはさらりとして、
エンターテイメントにたけた映画でした。



晩年は彼の業績をたたえられるわけ
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.0

エンターテイメント性はかけるものの、

物語作りに屈強する人ならば
編集の偉大さ、価値を感じ共感せずはいられないストリー。


しかし、文字の添削シーンは難しく、

これが漫画編集とのかけあいだったら
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.8

孫が誘拐されるも、身代金要求を拒む大富豪の実話サスペンス


ケネディ家の身代金と勘違いして観賞したものの、それでもリドリー・スコット監督の作品
見ごたえのある映画でした。

ゲティ氏の富豪っぷりはう
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

主人公の女性は
兵役訓練経験ありのイスラエル人とのことで、
プライベートシーンは演技がいまいちだけど。アクションシーンがBGMにのってまたかっこいい!

くずな大人たちをやっつけてくれるのは気分が良い
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

メル・ギブソン監督の戦争映画
いつ戦争に行くんだろうといわんばかりの、前置きのストーリーはすこし長め。

しっかり登場人物の基盤を作り戦争シーンに突入するので感情移入しやすいです。

荒々しい攻撃シー
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.0

魔法動物沢山出てくるので、話があっちこっち行ってしまって結局なんのはなしだったかよくわからない。
でも映像と世界観は素晴らしいです。
あとは話の統一性をしっかりしていただけると世界観に入り込めると思い
>>続きを読む

まんが島(2016年製作の映画)

1.8

夢のあるまんが島であってほしかった。
期待してみたら残念…(;´д`)

レスラー(2008年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリータッチのヒーローレスラー
人生に挫折し、七転八倒?しながら頑張って生き抜こうと?しているが…



子供には見せられない大人の苦悩というところでしょうか。
私にはこの主人公の行動を見て
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0


今までのインド映画のイメージとはうってかわって、踊って歌うはとくになく
だけど、このテンポとリズムの良さはハリウッド映画も顔負け…w
見ごたえ充分!

ドキドキハラハラする格闘シーンは迫力満点
はば
>>続きを読む

スチュアート・リトル(1999年製作の映画)

3.2

今となっては埋もれた名作かもしれませんね。

総作指揮に
フルハウスのジェフフランクリン
声優に
バックトゥザフゥチャーのマイケルJフォックス

80年代世代にはたまらない
いや、それを話題にして
>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.0

バックサウンドのせいか
雰囲気はギレルモ・デル・トロ監督の描くゴシックホラーに近く個人的に好みではあったが、

えぐさと
美しさは異なるので、
見進めてみると
やっぱりちょっと好まなかった。

内容が
>>続きを読む

マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン(2012年製作の映画)

3.9

借りたいんですが、近くのレンタル屋さんでどこもレンタル扱ってないんですよね。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.7

ソマリア海周辺では海賊がひんぱんに出没し、貨物船が毎日のように教われていると知りながら、
フィリップス船長はその海を渡らなければならなかった。
ドキュメンタリーにもなった実話がついに映画化!



>>続きを読む

21オーバー 最初の二日酔い(2012年製作の映画)

2.0

医者の試験日の前日
いつもの親友たちとこっそり飲みにはしゃいで、
あれ?あいつは?
試験に間に合わない!
ドタバタコメディ..ではなく体をはったギャグ映画


ロビンウィリアムズ時代の映画で育った自分
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.3

暗い…
とにかく暗くて、みててへたる。
ジョークもなにもない。

二回視聴
もしも、を科学技術を深く調べた上で話は展開。かなり学べる。
どうやらこの話をつくったひとは真面目なひとのようだ。


三回目
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.3

自由黒人なのに、突然拉致られ奴隷黒人にされた実話


最初の出だしがよくわからなかったけど、
北朝鮮拉致ではないけど、
ある日突然、平和な生活が一転するなんて想像を絶する苦しみだとおもう。
物語の展開
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

是非!
1月までの東京都美術館ゴッホ展をみたあとに劇場で見てほしい映画。
当初
ただの実写映画かと思いみにいったので
ふたをあけてみれば、
巨大スクリーンはまるで巨大なキャンバスの美術展
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.9

マイホームであたたかな生活をおくれるはずだと思っていた。
けれどある日この家が事故物件だと知ったとき歯車は一転する。


死霊館とあらすじあまり
かわらないけれど、
謎が謎をよび
作り手の発想力に魅了
>>続きを読む

仮面の男(1998年製作の映画)

4.0

これは実話であるー
ではじまるため、本当のはなしのように話が進みます。

80年代生まれはアニメ三銃士の印象があるので違和感を感じるけれど、

登場人物それぞれ個性がとても個性的で、だれしも主人公のよ
>>続きを読む

ミス・ポター(2006年製作の映画)

4.0

ピーターラビットの産みの親
ミスポターの
ヒューマンラブストーリー

役者がなかなかはまり役で
おとぎ話のような世界にひきこまれる。
イラストが動き出すところは
ピーターラビット共々この映画の共演者で
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

4.0

古い古い家を買ったのだけど
どうもこの家にはなにかある。。
事はエスカレートし
家族はとある夫婦に助けを求めた。



ずっと貸し出し中で
やっとの観賞!
邦画の「ざんえ」に似てます。

こっちが実話
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.3

あらすじが期待以上だった
でも嫌いじゃない
イギリス映画

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.6

実話だからこその怖さだけど、
作り話のような終わり方..

個人的にはグロい痛い怖さより
こういう実話が怖い。
なにより、続くみたいな終わり方がまたきになる。。


悪魔の存在は信じないけど
怨念は信
>>続きを読む

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

4.2

実話だからこその怖さ
うまいほどに付箋を回収し最後にたどりつくも、この夫婦の実話エピソードは尽きない。

ドラマシリーズにしても良いんじゃないかとおもうほど、多久さんの会期現象を経験してきた夫婦の暴露
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.2

分かりやすく物語にすぐはいりこめた!
イギリス映画にはみえない
インドを活かしたエンドロールがこれまた良い。
インドの駅懐かしいなあ~

貧民から苦難を乗り越えるビッグドリームストーリーは胸に残るねー
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

2.3

一番印象的だったのが
ホテル走り回るところ。
他はボンヤリ

アメリカ映画なのに
下ネタお下劣ギャグがない!
イギリス風味がはいってるのか?

あ~笑った!っていう映画じゃなかったけど、キャメロンディ
>>続きを読む

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)

3.0

大統領が独裁者として扱われ、ものの一時間で状況が変わるまえに逃げようとするが、孫息子だけ大統領と国に残ることを選択。市民の現状を目の辺りにしてゆく。


精神的にストレスかかえてる時にみると大変ショッ
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.6

ガッキーのためのガッキーによる
ガッキーのラブコメ映画

イケメンにふられとられた矢先
自分とにたような境遇の男性と出会い潰れかけた卓球場を立て直す。


内容的には連ドラを二時間に凝縮した感じ。
>>続きを読む

グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013年製作の映画)

2.5

演奏を間違えたら殺させる…
そんな状況に陥る主人公の結末とは。

そそられる設定だけど

シリアスコメディだったらおもしろかったかも。

何故だかやけにエンドロールが長い!

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

5.0

リアル宇宙遭難ストーリー

宇宙ものってほぼ非現実的だから
漫画を描くうえで
リアルな宇宙の話を題材にした話をさがしてさがして、ようやくみつけたこの作品

実際宇宙で事故ったら
無の世界でどうやって生
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.9

設定は面白いのだけど、

謎がちょっと浅かった。
終わりかたがスッキリしない。
設定を掘り下げるって難しい。

いや、どちらかというと、
キャラクターをもっとほりさげたほうがよかったのかな?

ウィル
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.3

映像から眼を離すな。

吹き替えでも眼を話すな。

そんな映画です。
無知すぎたのだろうか。
集中してみないと話についていけない。。

そのうちまたみたい。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

5.0

植民地時代がなつかしい…と
紛争ダイヤに翻弄される白人と黒人の史実の物語


史実を元にすると
難しくてついていけない映画が多い中知識がなくても分かりやすく、
物語に入っていける。

監督直々の特典コ
>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.5

題名に魅力を感じず、
今までみてなかったけど、
評判を聞いて視聴

最初で眠くなりました。
が、途中から話に引き込まれ…

心が泣かされました。。

せつねー!

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.5

アメリカの下劣なコメディが苦手
その中で、
唯一笑って許せた映画

邦題も素敵
ストリップシーンとかかっこ笑える!

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

2.8

他人の記憶に入り
事件を解決する探偵は
心に病をもっていて休業中、
そんな時
事件に巻き込まれている
天才少女と出合う。

ドラマシリーズの映画化?
といった感じで、映画館でみるほどではなかった。
>>続きを読む

>|