ひなたさんの映画レビュー・感想・評価

ひなた

ひなた

映画(61)
ドラマ(0)

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.4

すごい。どうしたらこんな映画作れるんだろう。24時間限定の無料公開でPCで観たけど、これは映画館で観たいやつだ…。

メランコリック(2018年製作の映画)

3.5

和彦が最後に「人生には、今この時間が永遠に続けばいいのにと思う瞬間が何度かある 僕はその瞬間のために生きている それでいい」というようなことを言っていたのが良かった。

ひたすらにシリアスかと思いきや
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

ん〜〜〜 よかった。

最後のベランダでふたり並んでるシーンが印象的でした。もし麦が仙台で高速おりてなかったらどうなってたんだろうね。

写真展、なぜ牛腸茂雄だったんだろうという疑問。
あとところどこ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

おもしろかった!
ずっとうっとおしくて無理だったはずのニが最後で急にかっこよく見える。
「俺は、かなりちゃんと、ヨシカのことが好き」ってセリフ最高。

イチみたいな王子様に憧れがちだけど、ニみたいな人
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.8

「生きてるだけで、愛。」すごいタイトルだな…!
最初から最後までずっと心がいたかったけど、生きづらいひと・うまく生きられないひとをすこしだけ救ってくれる映画だと思いました。

津奈木が言っていた揺れる
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.8

子供のころ、洗車機が動いてるのを車の中で見てるのが好きだったことを思い出した

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.6

‪超よかった…!!
描かれているのはきっと他人からみればちょっとおかしな関係や感情で、だけどよくある、知っている感情ばかり。
もう終始くるしかった、こんな気持ちどうしたらいいんだ…
「幸せになりたいっ
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.0

詩をそのまま映像にした感じがすごい

ずっとしんどい気持ちで観てたけど、最後すこしだけやさしくて泣けた

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

前半はよく分からないしグロ耐性が無さすぎるのでひたすらびびっていて、正直観にきたこと後悔してた。だけど後半で伏線が回収されて意味がわかって、めちゃめちゃ面白くてずっと笑ってた。そしてラストで泣けた。必>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

4.1

青春と、きっと誰にでもある狂気
後半はずっとどきどきしてた こういう感じきらいじゃないな

POLTAいいな〜〜 聴こう

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

良かった、観て良かった…!苦しい、。

決して正しくはないけど確かに愛はある、自分には程遠い世界のことのように思えて実は誰がこうなってもおかしくない話なんじゃないかなあ。

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.3

静かな映画。ラストがかなり良かった。

「同じ曲でもラジオから流れてくると元気もらえる」って感覚とか、くらし方とか、ハツミに惹かれました。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.6


良い映画だったんだと思う、けど、苦しくて良いのか悪いのかよく分からなくなりそう。

ある程度波はあるものの深いところで静かにぼんやりと話が進んでいったような印象。

時間が経ってから、今よりもさらに
>>続きを読む

幕が上がる(2015年製作の映画)

4.5


全体的にすごくリアルだと思う。映像から空気がとても伝わってきて、田舎で中学生で吹奏楽部だった時に感じていたそれに重なって、懐かしくてくるしくなった。

それにしてもこんなに凛としてかっこいい黒木華知
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

ほとんど前情報無しに観たので綾瀬はるかがモノクロで出て来たことに ほほう、となった。その映画に出た役者としてではなく、役者とは完全に切り離された映画の中のキャラクターとして出て来たことに対して、色々考>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.2

思っていたよりおもしろかった。最後まで結末が予想できず楽しめたな。秘密は想像よりも重くて、だけど最後は少しほっとした。伏線の回収というか、細かいところも良かったなあ。

高橋一生が金縁眼鏡はずるいよね
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

最初の方はなんとなく駆け足感があったり同ポジで時間軸が切りかわるところが観辛く感じたりしたけど、途中からはすごく良かった。
もちろん分かりやすさで言ったら原作だけど。

花火大会で硝子が持っているコッ
>>続きを読む

太陽の坐る場所(2014年製作の映画)

2.6


全体的にもやもやふわふわしたまま終わってしまった。
学生時代の空気感はリアルだったけど、高校生だと思うとちょっと幼いような。セリフもわざとらしい気がした。

学生時代と現在の映像の繋ぎ方とか、編集は
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

5.0


大なり小なり、こういうことはきっとどこにでも誰にでもあるんだろうな。私はまだあまり身近な人の死を経験したことがないけど、それでも描かれていることに対しては、ああこの感じ知ってる、と共感できる部分が沢
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.6


「一緒にいるのが当たり前になっても、私のこと好きでいてくれる?」
落ち着いた生活、普通の幸せを願いながら、自ら遠ざけてしまう。ああいう恋愛はまったく経験したことがないけど、ツチダには共感できる部分が
>>続きを読む

>|