かっくんさんの映画レビュー・感想・評価

かっくん

かっくん

映画(196)
ドラマ(0)

汚名(1946年製作の映画)

4.5

白黒のスパイ映画は全然見ないけど、こんなに面白いなら他にも観てみようと思えた。

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

4.0

序章に引き続きおもしれえ…今度は趣を変えて西洋の拳術と勝負!詠春拳と比較することで葉問の素晴らしさをはっきり実感することができる!

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

アメリカンニューシネマの系譜だろうなあ…でも新しいし大したことなさそう…と思っていたものの、漢の浪漫が凝縮されたキャラクター達、それぞれが抱く思い、最高でした。

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

3.1

B級映画のお手本。安っぽいパニックと何かと絡む性事情。スレンダーマンの見せ方はよくできてたと思う。

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

葉問だけでなく、日本軍側にも寄り添った描写があることに拍子抜けした。ただこれにより、当時の日中関係とはまた別だとは思うが、作品としての完成度が一段上だと感じる。

ドラゴン怒りの鉄拳(1971年製作の映画)

4.0

ブルース・リーのアクションが完全に殺しに着てる動き。SPを経験してるだけあって、動きが極めて実践的。まじで怖い。

少林寺(1982年製作の映画)

4.5

カンフー映画における頂点。勧善懲悪、コメディ、シリアス、アクションの完成度、どれを取っても他の作品と比べて頭一つ秀でている。カンフーを理解したければ、まずはこの作品を観よう!

酔拳2(1994年製作の映画)

4.0

ジャッキーのコメディ性が多分に詰まった作品、個人的にはお母さんのキャラが好き!

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.7

物語というか、何本もの物語が錯綜している現実がそこにはある。閉塞感のある進行と、ノスタルジーに包まれた豊潤な終幕は、この作品を現実たらしめている。

コマンドー(1985年製作の映画)

3.8

アクション映画の基礎が網羅されている一作。シュワ氏になりたいと思うこと間違いなし!

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

曖昧な目的から始まる旅を、稚拙な感覚に潜む鋭い感受性と少しの幸運が、知るはずのない過去を思い出させる。ベン・E・キングのスタンド・バイ・ミーで、続いていく彼らの人生を当たり障りなく描くラストシーンは、>>続きを読む

デス・フロア(2017年製作の映画)

3.2

外やばそうなのにここだけ!?って限定された場面から後半へ向かう時の爽快感と結局そこに落ち着くのか…という落胆がある。前半の方が特徴的な映画だと思う。

>|