なーさんの映画レビュー・感想・評価

なー

なー

映画(661)
ドラマ(0)

ホステル(2005年製作の映画)

3.7

イーライ・ロス監督のエログロホラー

冒頭のタランティーノプレゼンツでびっくり
いきなりロス監督ご本人の映り込みから笑

タラちゃんが好んで起用するくらいだしイーライ・ロスは近い嗜好があるのかしら
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.3

素敵!!!
この一言に尽きる
俳優陣もめちゃ豪華
ちょい役でブレイク前のルーカス・ヘッジズもいてびっくり
ウィレム・デフォーは悪人顔だよねえ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.5

悪くはないんだけど良くもないとっても中途半端なDCEU2作目

光のスーパーマンVS闇のバットマン
みんな大好きヒーロー同士の戦いは夢の共闘へ

光と陰で言えばマーベルを光とするならDCを陰とする意図
>>続きを読む

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

少し騒動は落ち着いてきたのかな?
黒人窒息死事件と強くリンクする作品

いきなりラストシーンのことに触れてしまうと、暴力に対しカルチャーで戦ったっていうのは最高にかっこよかった
オークランドっていうの
>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

3.5

アホPart.2笑笑

ダニー・トレホ御代この時70手前くらいのはずで、そのお年でこの迫力はマジで凄いと思う反面、身体能力的にはかなり厳しいものがあってそれを補うため練られた演出がとても面白い笑

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

4.0

母娘と強盗のシチュエーションスリラー

フィンチャーということでワクワクしつつ、あんまり評価が高くなくて後回しにしてた作品
そんなにつまんないかなあ?
個人的にはとても楽しめた

始まって割とすぐ状況
>>続きを読む

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

4.5

奇妙な出会いから始まった若いカップル3ヶ月の物語

この手のものは狙い過ぎて興醒めすることが多く、実際脳腫瘍みたいだしこんな綺麗にはいかないよな...なんて思う部分もありつつ加瀬亮演じるヒロシの存在も
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.8

今回のノーランは時間を逆行させました

相変わらずの情報量と言葉足らず感
100%の理解は出来なくても大まかにストーリーを掴めれば映像力と展開で十分楽しめてしまう
ほんっとうに面白く、2時間半があっと
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

近未来でのAIと手を組んだ復讐劇
思ってたより面白かった

ラストの展開は衝撃的だった
青→赤でグレイからステムへの移行を表現していて、容赦のない乗っ取りにシンギュラリティの強い警告を感じた
感情がな
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.8

よく出来た詐欺師の話

大好きなサム・ロックウェル見たさにチョイス
この手の作品をぼちぼち見てるうちにある程度予測がつくようになってしまったからやっぱりかって感じ笑

アンジェラを演じたアリソン・ロー
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人類の過ちによって滅んだ世界の下、永久駆動列車という世界を生きる貧困層の戦い

ポンジュノのハリウッド進出作とか
そのためか俳優さんもクリス・エヴァンスなどハリウッドの人たちがたくさん
さすがの安定オ
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.8

韓国のイケメン俳優二人がタッグを組んだ警察見習いアクションコメディ

韓国俳優に疎く主演二人存じ上げないながら、韓国のタレントさんは皆んな背も高ければ身体もバキバキですごいなぁー、と
伏線の張り方と回
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

4.0

このアプリ開くたびにプロモーションが流れてきたやつ
あまりのしつこさにネトフリがそこまで激推しするなら観ようかなと

結論から言うと面白かった
殺されても死なない身体になった戦士たちの物語
歴史の陰で
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8

なんだこれ!
全然分からん!

主人公サムの仕草や目線から漏れでるオタク感
とはいえ所謂陰キャオタクってキャラクターの割にカッコいいやん
日本だったらもうちょい痛いキャスティングだったんでなかろうか
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.8

DCEUのはじまり

MCUが羨ましくなっちゃったらから真似っこしたぜってなわけで評判が悪かったけど、そんなに酷い作品かしら
ふつーに面白かった

ノーランが噛んでるみたいだけどダークナイト・トリロジ
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.7

ホラーの定石を逆手に取ったホラー

まず、アイデアはすごく良いと思った
それだけにすごく勿体ない部分も

冒頭から登場する謎の組織とその上層部の冴えなそうなオッサン二人
なんだこれって思ってたらコテコ
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

念願のドライブインシアターで観てきました
夏にピッタリの一作

父親や大人としては欠点のあるカールが一度厨房に立てば人々を笑顔にしてしまう物語
SNSでの炎上をキッカケに全てを失ってしまうという展開は
>>続きを読む

デッド・オア・リベンジ(2015年製作の映画)

3.0

こーれはどうだろうか
エグい復讐劇を作りたかったんだろうけどどうも理解に苦しむシーンが多い
家族もろとも復讐するシーンは圧があってよかった反面、レイプに至るシーンまでが長ったらしすぎてだれたかなー
>>続きを読む

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

3.5

もしもヘンゼルとグレーテルがその後魔女ハンターになったら

適度な安っぽさが観てて気楽で良かった
ストーリーはぼちぼちって感じかなー
ジェレミー・レナーが粗野でカッコいい
魔女が爆散するのとても爽快

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

過去鑑賞

ストーリーはまあって感じだけど映像がカッコよかったなあ
いっそエッチとまで言える
これは劇場で観たかったかもしれない
映像体験として大変に優れています
黒人はその肌の色から差別の歴史が続い
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

結構前に鑑賞

この作品観てる時点ではエンドゲームが既に公開されてたのもあったとは思うけれど、ラストのシビアな展開に心が全然動かされないという点が、僕とマーベルシリーズとの距離感を感じさせました。
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

半年近く前に鑑賞

トビー・マグワイア版のスパイダーマンとの違いを楽しみに鑑賞しました
アメイジングの方はまだ観てないのですが最近マーク・ウェブが気になってるので彼の他作品と併せて観るのが最近の目標
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

随分時間が空いて作られた続編

アビゲイル・ブレスリンが...色んな意味で大きくなってる...笑
リトル・ミスサンシャイン、私の中のあなたの頃好きだったんだけどちょっと衝撃だった笑

エマもジェシーも
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.0

ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリンって結構豪華な布陣の終末期ゾンビコメディ

こういうのめっちゃ好きなんですよねえ
結構悲惨な世界のはずなのにそんな感
>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.8

サム・ロックウェル見たさに手をつけたらアナ・ケンドリックが可愛かった件

完全にイカれた二人のゴキゲンアクションコメディなんだけど、結構好き笑
サム・ロックウェル流石の演技力だしこういうのもハマる
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.5

サミュエル・L・ジャクソン×ライアン・レイノルズのコメディアクション

期待し過ぎたかなあ
一番笑ったのはたまたま見つけてこの作品を観るきっかけになった、ボディガードのパロディポスター見た時だったな笑
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

森の奥の洋館で繰り広げられるAIスリラー

ラストの展開にゾッとした
多分男性の方が感情移入しやすい
この"ゾッと"こそが来るべきAIの時代に訪れる現実なんだっていう警告なら、大変に効果的に出来てる作
>>続きを読む

ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た(2016年製作の映画)

4.0

世界一のレストランが期間限定東京店の開店にこぎつけるドキュメンタリー

カッケェ...
料理人ってカッコいいですよね
ラースとかベイビードライバーのジョンハムかなっていうセクシーさ
一番好きなシーンは
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.0

いやいやいや...
こっわ...
今更ですが初めてのグザヴィエ・ドラン
20代前半でこの作品撮るとか、噂通り紛れもなく天才ですね...

この狂いを表現する言葉が見つからない
ずっと空気が張り詰めてて
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

まず最初に言いたいのは伯父さん役プーチンに似すぎなのかなり意地が悪くない?笑

ロシアスパイの話だけど制作はハリウッドってことでやや混乱しながら見始めました。
ロシアの体制の冷酷さをこれでもか!と苛烈
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.5

世界がいかに残酷であろうと、生きる

世界観が独特で素晴らしい作品っていうのは始まって1分で心を掴んでしまうと思う
この作品はまさにそれの一つ

観ていてまず思ったのは、たまたまだとは思うけれどダンサ
>>続きを読む

さらば あぶない刑事(2016年製作の映画)

3.8

全く観たことがないあぶ刑事の完結作をおもむろに観た笑

はじめは柴田恭平演技へったやなあと思ってたけど段々かっこよく見えてきちゃう
舘ひろしも色気だだ漏れ
これがあぶ刑事マジックですか
二人とも声めっ
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.8

キレのあるサスペンス

スペインの映画だとか。
怒涛のどんでん返しにピエロがお前を嘲笑う(こちらはドイツだったかしら)を思い出した。
ハリウッド作品だとオーバーな演出にしがちだけど、いい意味でこじんま
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.5

数ヶ月前に鑑賞。
正直内容の記憶はおぼろげ笑。

小さい子どもと一緒に観れるようなファミリー向けコメディ映画。
精巧な作りである必要は全然ないわけです。
ほんわかしてて楽しめます。

ダースベイダーが
>>続きを読む

>|