natsumiさんの映画レビュー・感想・評価

natsumi

natsumi

映画(161)
ドラマ(70)

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

"おはなし"っていうイメージ。
家のインテリアもお洋服も可愛くて、色味がお洒落。絵本みたいな世界観が楽しめて、いい意味で 作り込まれてます感。

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.0

前半と後半で雰囲気が一転。
でも 父は明るさを失わず ユーモア溢れる姿を保ち続ける。絶望的な状況におかれても ユニークな考え方で前を向く。息子と妻への愛も変わることがない。

ただただ強い。あたたかい
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.4

永瀬正敏 いいなぁ、好きだな。
誘拐事件の真相については 淡白な描写だなあと思うけど、前編よりは楽しめた。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.3

映画で前振りに2時間はちょっと長いなぁ。2夜連続のドラマでいい感。
俳優陣は豪華で個々の演技も素敵なのに 警察内部の対立を描くのに終始して小さくまとまってる印象。

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

母の「迷子になっちゃう」という言葉、一緒にいなかったけど 子どもたちが抱えてる負の感情はキャッチしていたんだと思う。自分も罪悪感はもっているだろうけど 子どもたちが迷わず自由になれるように自らの信じる>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.2

丸眼鏡かけたイーサン・ホークはとっても好みだったけど、大の大人のくせして 3人がそれぞれに身勝手で共感はできず…自由で新鮮な形ではあるけど 浮気も不倫もだめだよなぁ。

ステイ・フレンズ(2011年製作の映画)

3.4

テンポの良いライトな映画。
THE ラブコメ って感じで、観てて楽しい。自由でいいな。

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

3.4

長く連れ添っていれば 相手の良いところだけじゃなく 悪いところもはっきり見えてくるし裏切られることもあるけど、すべてひっくるめた上で それでも一緒にいたいと思えるくらいの愛が2人の間にはあったんだなぁ>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.8

ノアの努力したいっていう言葉、愛し続けるには本能的なものだけじゃなくて 強い意思も必要なんだなって 考えさせられた。
映像の綺麗さも 2人の関係の美しさに拍車をかけてる。

クロワッサンで朝食を(2012年製作の映画)

3.1

自分本位な人たちに嫌気がさしつつ 最後まで観てたけど、フリーダはもちろんステファン だめすぎない…?
アンヌとフリーダが一緒に散歩にでかけるところは 明るい画で 2人の年齢を重ねてもお洒落を楽しみたい
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

3.7

まったり観られて くすっと笑ってたまにじーんとくる映画。
最後まで特に何も起こらないけど、だから 観てる人はいろいろ想像もできて面白い。

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.8

料理シーンのある映画って大好き。食は人を繋ぐなぁ。
ゾーイはとにかくキュート、ケイトは一生懸命でまっすぐ、ニックはふざけて見えるけど周りを和らげる、3人の素敵なバランスでいいレシピが出来たんだな~ ほ
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.3

片想いは辛いけど幸せなんだな。綺麗なままの記憶をもち続けられるから。
ふみの恋愛観はわかるけど、過去だけじゃなくて今とこれからを幸せに生きてほしいなーと思った。私もだな。

パンとスープとネコ日和(2013年製作の映画)

3.6

雑誌とかに取り上げられるような"丁寧な暮らし"は私には難しいと思うけど、しっかり美味しいごはんを3食食べて 好きなものを身の回りに置いて 好きなことをして生きようと思った。

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

3.7

曲が本当に良かった。最後のシーンが空港で、新たな場所に旅立とうとしている主人公の姿と 彼の曲の前向きな歌詞とがマッチしていて 気持ちよく観終われた。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.7

歯痒くて歯痒くて仕方なかったけど、それと同じくらい甘酸っぱかった!誰よりも大切な人で失わないように大事にするからこそ 必要な言葉を伝えられないのは、すごくわかるなぁと。
そして リリー・コリンズはとっ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.6

観たいなと思ってたカウリスマキ監督作品1つ目。
優しさは希望。最後のシーンで寄り添う犬があたたかかった。

74歳のペリカンはパンを売る(2017年製作の映画)

3.0

映画である意味はあんまりないかもしれないけど、焼き上がってずらっと並んだパンの画は ただただ愛らしくて美味しそうだった。
都内に住んでいて その名前も聞いたことはあったけど、こんなに食欲をそそられるな
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.7

辛い状態に堪え忍んで 結局最後はハッピーだね、っていう単純な終わり方じゃなくてよかった。
互いが相手にしてあげられる現実的でベストな行動を取った。これも愛ゆえ。

白夜行(2010年製作の映画)

3.1

2時間半の尺に原作の全てが収まるとは思ってなかったけど、やっぱり無理矢理感は否めない。原作やドラマみたいに1つひとつピースがはまっていくような感覚はなくて、刑事の推理が繋がりに欠けてる感じ。
主演2人
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.5

プライムで観たはずだから2回目だと思うんだけど、それでもやっぱりぼろぼろ泣いてた。10年間苦しさに耐えて乗り越えてきたことが これほどまでに人間を成長させるんだなって、孫を見るような気持ちで観てた。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.7

ミシェル・ウィリアムズ 可愛い大好き。ブルーバレンタインとマンチェスターバイザシーをまた見直そう。

綺麗に化粧するよりも流行の服を着るよりも ありのままの自分で自信をもっている人の方が 美しい。自信
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

大泉洋 全然おじさんなんかじゃないよ。大好き。
青臭いけど 爽やかでいいな~、さくっと観れて 後味すっきり。

恋空(2007年製作の映画)

2.8

ミスチル聴いてて ふと思いついて観てみた。話はめちゃくちゃだなぁと思うけど 携帯小説をどきどきしながら夢中で読んでた頃を思い出して、あったかい気持ちになった。
がっきーも春馬くんも可愛いね。

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.1

低い温度でじりじり進む感じ。内容が内容だから仕方ないのだけど、画がずっとどんよりしてるから 観てて少し疲れた。

プール(2009年製作の映画)

3.3

ひたすらゆっくりするためだけの旅に出たいな。好きなのはヨーロッパだけど 東南アジアもいいなと思った。
加瀬亮、現地の生活にするりと溶け込むような自然な感じが素敵。

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.4

おそらく初めての韓国映画。
チェ・ソジン すごく綺麗だなぁ。透明感のある容姿が切なさに拍車をかけてる。

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

3.6

田舎って 本当に全部筒抜けで そこが疎ましくもあるのだけど、ここでは 全部わかっているからこそ みんながなおこを距離をもって見守ってた。
全員優しくて 愛しい。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.4

私も竹内涼真とマイムマイム踊りたい人生だったなぁ。
原作も読みたい。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

最初の30分は本当にクソB級ゾンビ映画で 観るの止めてしまおうかと思ったけど、それに耐えたら 後半一気に面白くなる!
後から綺麗に伏線回収してくれて拍手。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.6

非常にくだらない。んだけど 超面白かった!
キャストが豪華すぎて みんな仕事選ぼ…って思ったけど、GACKTと伊勢谷が美しくて そんなことどうでもよくなりました。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.6

これを愛と言われたら 私は一生人を愛することができないと思うけれど、まったく理解できないかと言われればそうでもなくって、とても難しいけど 歪んでしまった1つの愛の形なんだろうなって。

陣治の十和子へ
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

3.8

人が歩いていった後、去っていった余韻を残すみたいなカットが印象的だった。
海でのポニーテール×ノースリーブ姿、トラックの荷台で桃食べてる姿の蒼井優が 本当に可愛い。

出会うために別れる、好きな人と別
>>続きを読む

世界はときどき美しい(2006年製作の映画)

3.1

わかるようなわからないような。
ただ 日常の中でふわっと感じてするっと流していそうなことが 表現されてるような気がした。
4本目が特に好きかな。

滝を見にいく(2014年製作の映画)

3.4

いろんなタイプのおばちゃん達が集まってるから 最初はぶつかったりもするんだけど、ピンチを切り抜ける中で打ち解けていく姿がとても可愛い。
おばちゃん同士であだ名で呼び合うところと 火を囲んで恋話してると
>>続きを読む

銀のエンゼル(2004年製作の映画)

3.1

北海道って本当に美しいな。いつか住みたい。

ストーリーは単調で少し退屈だけど、北海道の街の美しさと 登場人物たちの優しさで ほっこりした◎