mikanさんの映画レビュー・感想・評価

mikan

mikan

淡々として寂しい映画が好きです。
WATCHA→mikan

映画(837)
ドラマ(18)

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.8

言葉が汚い。「アメリカにはいる馬が、ベトナムには一頭もいない。それって何かがおかしい。」という理由でベトナムを攻撃すると答えたインタビューが強く印象に残った。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

車の中で眠る。陽の光が指してくる川辺の場面が良い。

ピクセル(2015年製作の映画)

3.6

80年代ゲーム好きにはたまらない映画そう。わくわくした。

さくらん(2007年製作の映画)

3.7

一縷の望みにかけるも、最後の金魚鉢が切ない。

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.8

シリーズで一番凝ってて面白かった。前作より大人向け。

アントマン(2015年製作の映画)

3.8

小さくなった時の行動・戦闘シーンがわくわくする!ミクロの世界の映像が良い。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.0

老人には生きにくい、個人主義的で合理的な世の中?この国は人に厳しいという台詞が切ない。
印象に残る良い終わり方...。

黄色いリボン(1949年製作の映画)

3.8

相変わらず映像が美しい。人は結構死んでるけど、戦闘シーンは少ない。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

すっきり落ちる。映画を撮る映画を撮る入れ子構造が面白い。

祈り(1967年製作の映画)

3.8

ピントの合っていない後ろの群衆が印象に残った。映像が美しい&かっこいい。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.2

凄い。映像美が凄まじい。原作を読めば、色々と意味が分かるのだろうか。

めまい(1958年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

シスターが断罪するのか。

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

3.9

心の中で、周りとの隔たりを感じながら、現実と向き合って生きていく事がリアリティのダンス?

キック・アス(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ストロボの光と炎の中のお父さんのカットが強烈。
主人公が視聴者に向かって語るヒーローもの最近多い?

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.8

アメリカ現代史とともに人生をたどる。ミラクルだけど良い映画。

雪の轍(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

対話と退屈の映画。犬が吠える最後が印象に残った。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

熱かった。打ち込める何かを見つけたい。
あのおばさんもおばさんだけど、周りの人間を見下すあの店長みたいな人間にはなりたくない。

トップガン(1986年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

良いエンド。
Talk to me goose...

デッドプール(2016年製作の映画)

3.7

新しいヒーロー像、という感じ。
映画ネタ多い。

ズートピア(2016年製作の映画)

3.9

何かを成し遂げようとする姿勢と努力は、偏見に打ち勝つのかもしれない。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

血の繋がり、他人同士の繋がり...。東京物語のあの感じを思い出す。
ターニングポイントで走る電車が良い。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.8

そしてループする...。
雨音、川、滴る血などの、水音が強調される。
要所で電車が登場するのはなぜ?一所では生きられない暗示?

>|