natsumiさんの映画レビュー・感想・評価

natsumi

natsumi

Filmarksを始めてからジブリ以外の映画も見るようになった在英美大生。映像美、耽美、80年代洋楽、バッドエンド、イケメン、イケボが好物。ファンのマークは特に好きな俳優さんや監督だけ厳選。

四コマ映画にマンガ載せ始めました。主に日本公開前の作品を紹介しています。

映画(520)
ドラマ(17)

アメリ(2001年製作の映画)

3.9

可愛い〜〜お洒落〜〜可愛い〜〜〜!前半レトロで滑稽な感じが強くて苦手かなぁと思ってたけど、後半はジャンルに縛られないような演出でいい感じに可愛すぎず、シュールでゴタゴタしてたのが好き。結局は可愛いんだ>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

最初からは想像もできないような壮大な展開に笑ってしまう。ウェスアンダーソン作品の絵本っぽい(悪くいえば不自然)スタイルがあまり好きでなくとも、豪華な俳優陣が常連さんだから見るたびこの人やっぱり好き〜〜>>続きを読む

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

3.2

前半は面白かったけど後半がダラダラ長い。とりあえずソールバスのタイトルデザインは超かっこいい。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

2.7

コメディっぽさが薄くリアルな雰囲気の割に、感情に任せて変態な行動しまくりの登場人物ばかりでドン引きだし、観てて気分が悪かった。え、それともティーンってあんな事するもんなの??原題からしてそれぞれ登場人>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.7

有名すぎるからエンディングも知ってたけど、とにかくソールバスのオープニングとあの音楽が好きすぎるかっこいい〜〜!最後は説明しすぎる気がするけど、アンソニーパーキンズのあどけない顔しながら怖いことやって>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.4

この年代あるあるスラッシャー。大袈裟な演技とツッコミどころ満載の脚本で楽しく観れるけど、ホッケーマスクのジェイソンが今回出てこなかったのががっかり。最後ありゃダメでしょ!DVD特典のメイキング映像も観>>続きを読む

神様なんかくそくらえ(2014年製作の映画)

3.2

すごくリアルなんだろうなぁと思った。ヤク中でホームレス達の若者の人生を本当に切り取ったようなもので、特に工夫が感じられなかった分映画的にはつまらない訳ではないが結構長く感じた。薬をやってる人が身近にい>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.1

あーーー怖すぎる… 内装が綺麗だったりローズマリー美人だしファッションも可愛かったりするから、そういう安心できる要素とお節介で不気味なご近所さんたちとくそったれすぎる夫に囲まれた、妊婦には最悪すぎる環>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

4.0

リンチ作品の中でもわかりやすい方では?初見で解説も未読だが意味わからないで終わらず魅入ったし、凄い体験をした。またすぐ観たいけどそれよりもマルホランドドライブ観たくなった。

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.2

ザ・オフィスのおっさんが熱血”イケメン“先生役で活躍するのに相変わらずイライジャウッドのでっかい青い目に持っていかれる映画。普通に面白かったけどもうちょい小学校でゾンビパニックという面白い設定を生かし>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.4

現代で記憶を脳内で塗り替えるという設定は面白かったのに、その魅力を表現するための演出が追いついていない印象。難しいなぁ。ちょっとわからないところがあったから見直したいと思っても実際見直さない系。

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.4

ドラン作品は母と息子の喧嘩シーンが多いけど、ドランの半自伝的な作品ということで母の息子への想いの強さが伝わって来るのはこういうことだったのか。彼氏がイケメンすぎる。母もユベールもどちらも見ていてすごく>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.8

ポスターと内容的にもうちょいアートハウス系な映画かと思っていたら、超ハリウッドっぽさがあって驚いた。ナレーションがくどくて好きではなかったが、中盤あたりの香りを表現したり香水を作る過程の映像が本当に美>>続きを読む

モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン(1979年製作の映画)

3.7

モンティ・パイソン、相変わらずアホで面白いんだけどホーリーグレイルの方が好きだった。聖書もうちょい知ってたら面白かったかも。

007/ゴールデンアイ(1995年製作の映画)

3.0

シリーズ物を見るときは必ず一作でも古い作品を見るという自分の中のルールがあり、ダニエルクレイグの007をずっと観たかったから視聴。ボンド作品観るの初めてだからしゃべくり007でしか聴いたことなかったイ>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

三人を応援しながら一緒に落ち込んで一緒に喜べた。部長がかっこいい。トイレとかバスを肌の色で分けてたの、もっと前のことだと思ってたわ…

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

1.5

展開が韓国ドラマ〜〜〜!彼氏がイケメンだけど自己中すぎる〜〜〜!会話が浅すぎてそういった演技もなく現代に戻るから、二人がそこまで愛し合っているようには見えなかった。まさかの最後に笑ってしまった、それは>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.9

ベッドシーンが予想以上に過激だし多くて苦手だったけど、ひぇ〜〜。フランソワオゾン、凄い… ヒッチコックのめまいのようなストーリー展開やあの螺旋階段〜 伏線だなんて思わなかった要素を回収するクライマック>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

4.1

あ、すごい… こんなに観客を巧みに操る映画、久しぶりにみた。展開が予想できない以前に視点が自分も知らぬ間に変わっていたり、先生と同じようにどんどんクロードの世界に引き込まれていく。登場人物が書く小説が>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.3

正直前作もほとんど覚えてないしスルーするはずだったが、信頼しているレビュワーの評価が良かったため観に行った。公開初日でガランガラン、観客は自分を含め4人のみ。

マフィアとかヤクザものって人間関係がよ
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

3.5

今年で公開50周年ということでリバイバル上映していたのを観に行った。初めて観たときは眠くて意味不明でリベンジはしないと決めていたのに… 結果観に行って良かった。

この映画の超詳しいメイキングのドキュ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.2

お目当ての品はお金じゃなくて凄いお宝だけど限りなくシンプルな強盗だしエンディングが雑だったけど、ケイトブランシェット様がかっこよすぎた。ド派手なスーツもボンバージャケットxレザーパンツも着こなしてて惚>>続きを読む

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

-

うーん、良さがわからなかった。レズ映画ってことで観たけど人間ドラマが中心。つまらないし見てて疲れた。名言っぽい台詞はたくさんあった。ヴァージニアウルフの原作読んでたらもっと楽しめたのだろうか。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

ちょうど忙しい時期に上映していたので観に行く暇がなく見逃してしまったーっと思ったら特別上映!ありがとう!300円で観れた!

ウェスアンダーソン作品今まで見たのはそんなに好きじゃないけどこれは好き!(
>>続きを読む

Hereditary(原題)(2018年製作の映画)

4.1

これぞまさに心霊系ホラー!!ホラーにしては長めなのに不気味な雰囲気が全く途切れず、全体的に王道なのに予想外な展開もあり恐怖にショックが重なりやばい。家族の過去がストーリーに絡んできてちょっと難しくなる>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.3

当時流行りのジャズが好きなエドワードとクラシック音楽が好きなフローレンス。一目惚れで恋に落ちた若い二人には音楽の趣味や階級の差を乗り越えるよりも更なる試練が待ち受けていた。

前半は過去と現在を頻繁に
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.6

ルーニーマーラも綺麗だけど、ケイトブランシェットが美しすぎる。あの雰囲気で低めな声なんてありゃ惚れるわ。二人の演技がとても良い。台詞なしの手の動きや目線で伝わってくる想いってやっぱり言葉にするよりも素>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.6

観ている最中は特に面白いとは思わなかったが、解説読んだ後に知った映画のコンセプトがすごく好き。現実よりも夢の中で楽しく生きてもいいんじゃない。赤と青が印象的で全体的に暗い映像に映える。あの曲が完全にマ>>続きを読む

トムボーイ(2011年製作の映画)

4.2

凄く良い。男の子になりたい女の子のお話。主人公の演技がリアルでトムボーイの設定に対して説得力があり、周りの子供たちも上手で全体の空気が自然体で良い。いつ女の子かバレても良さそうなため、様々なシーンでハ>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

2.7

ストーリー自体にあまり入り込めず、割と長く感じた。ロンのビジネスに納得がいかなかった自分は心が狭いのか。ジャレッドレトー良いなぁ。

グリース(1978年製作の映画)

-

ミュージカルなのに曲にハマれなかったのと、ジョントラヴォルタがあんまり歌上手くないなぁと思ったのと、ティーン映画なのに好みのイケメンがいなかったのとで色々自分に合わなかった。この時代に観ると性差別的な>>続きを読む

恋するベーカリー(2009年製作の映画)

-

あーーーもうやっぱりラブコメはダメ…… 観てて恥ずかしいし頭を抱えたくなるくらいに登場人物たちの思考回路が意味わからん…… ジョンクラシンスキーのキャラは凄くナイスガイ感が滲み出ていて唯一好きだった。

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

3.4

Pride Monthということで引き続きクィア映画。モヤモヤ〜〜。主人公ちゃんが一方的に好き感が強くて切ないとも言えないくらいもどかしい。お相手もツンとしてる美人ちゃんで、見た目と違って性格良いみた>>続きを読む

ミステリアス・スキン 謎めいた肌(2005年製作の映画)

3.7

Pride monthということでLGBTQ+関係の映画を見ようということだったが、LGBTQ+要素はほんのり程度。

心をぐっちゃぐちゃにされると聞いていてずっと観たかったため期待値が高すぎた気がす
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.8

序盤はよくあるB級ホラー映画っぽいが、あるあるをうまく使ったシナリオと斬新なストーリー展開で研究所の秘密が明かされていくのが面白かった。映画ジャンルのあるあるを取り入れるとどうしてもコメディタッチにな>>続きを読む

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975年製作の映画)

3.9

ファーーーッwwwアホだwww ふざけてやがるwww (褒めてる)

声に出して笑えるブラックジョークと低予算を逆手に取ったシュールすぎる演出でかなりクセの強い映画。でもモンティ・パイソンの普段のテ
>>続きを読む

>|