natsumiさんの映画レビュー・感想・評価

natsumi

natsumi

Filmarksを始めてからジブリ以外の映画も見るようになった在英美大生。映像美、耽美、80年代洋楽、バッドエンド、イケメン、イケボが好物。ファンのマークは特に好きな俳優さんや監督だけ厳選。

インスタで君の名前で僕を呼んでのロケ地巡りした時のスケッチや、映画イラスト載せてます。

映画(482)
ドラマ(17)

アノマリサ(2015年製作の映画)

3.6

全体を通して好きな映画かと言われると微妙だけど、ところどころ声に出して笑えるくらいブラックジョークやメタシネマ感がやばかった、、、 シンディーローパーのと鏡のシーンで死んだ、始終気まずすぎる、、、日本>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

普通に面白かったけど前作の方が面白かったなぁ。ちょっと頑張りすぎちゃった感じ、キングスマン2を思い出した。

とにかく前作よりもパロディや映画ジョークが増え観てない映画多すぎて自分にはきつかった…!マ
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.0

今夜デップー2観に行く前に。実はちゃんとX-MENの映画観たのは初めて。アクション映画自体特に好んで観ないけど、いろいろぶっ飛んでたなぁ。なんかデップーとウルヴァリンの関係性がまだよくわからないからデ>>続きを読む

God's Own Country(原題)(2017年製作の映画)

3.6

CMBYNと同時期のゲイ映画ということで注目されていて気になっていた今作。

舞台は天気の悪いイギリスだし暗いしワーキングクラスの彼たちは泥だらけだしヨークシャー訛り聞きづらいし優しい世界じゃないしで
>>続きを読む

パリ、夜は眠らない。(1990年製作の映画)

-

ドラァーグの事よりも、現代の英語の様々なスラングがここから来てることだったり、血の繋がっていない家族のことの方が興味深かった。

死霊のえじき -ブラッドライン-(2018年製作の映画)

-

別に期待していた訳ではないけど展開が都合良すぎる。結局半分以上見ず耳で会話と叫び声聞いていただけだけだから評価はなしで。2008年のリメイクの方が良かった。

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.2

あーこりゃ良い。この時代設定でこその神への強い信仰心、アーニャテイラージョイを始めとした俳優陣の演技、17世紀当時の資料がベースの脚本のお陰でオカルトホラーでありながらもすごくリアリティがある。音楽良>>続きを読む

デビル(2011年製作の映画)

3.3

密室系は割となんでも楽しめるから見てる最中はちゃんと怖かったし楽しめたが尻すぼみだったのと、あれなんだったんだという疑問が残っている。タイトルがインパクトなさすぎて忘れてたけど、実際密室だけど悪魔には>>続きを読む

サインスピナー(2013年製作の映画)

2.0

ティモシーシャラメを観るためだけに観たから評価は低くとも不満はない。フロリダプロジェクトを思い出した。

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.3

犬ヶ島観る前に。うーん、毎回言ってる気がするけどやっぱりウェスアンダーソン作品自分はハマれないなぁ。クライマックスあたりの細かい町の設計だとかヌルヌルと動く煙のアニメーションが凄い見所。ジョージクルー>>続きを読む

クワイエット・プレイス(原題)(2018年製作の映画)

4.2

予告編公開当時、これめっちゃやばいぞと思ってたらビンゴ。やばかった。設定もストーリーもシンプルでそこまで真新しい訳でもないが、その中でやれることを上手くやってるから安っぽく見えないし、俳優さん子役さん>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.2

やっぱりアニメ!って感じの息が詰まった声、くどい台詞、人物の絵柄は苦手だなぁ。前半まず(現実の小学校でもそうした方がいいなど関係なしに)西宮さんが特別クラスとかにいないのとか、先生やクラスの雰囲気がす>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.7

アンダー・ザ・スキンっぽいという噂を聞いていて意味わからないかもと心配していたがそれほど難解ではなかった。5人がミッションに参加した共通の理由、レナの過去、エリアXの科学的な設定を上手く使った終盤の展>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

2.9

遅ればせながらやっと鑑賞、好みの映画ではないとわかっていながらも話題性と設定や衣装デザインに惹かれて観てみた。絶賛されている中言うのが申し訳ないが、正直本当につまらなかった… 黒人のスーパーヒーロー、>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

王道なストーリー展開だけど80年代ギークカルチャーへの愛が溢れたワクワク映画。スーパースクリーンとやら地元の映画館の5-6倍の大きさのスクリーンで見たけど目がクラックラ、2時間半弱なのにこのスピード感>>続きを読む

アウトサイダー(2018年製作の映画)

2.7

期待はしていなかったがアメリカ産ヤクザ映画、日本人としては気になっていたので見てみた。日本の描写は割と本物に近いかと!でも終戦後設定なのにネオ東京的なネオンの照明が(好きなんだけど)少しミスマッチ。ポ>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

2.0

低予算密室スリラー映画って割と好きだがこれは「は???」だった。意味ありげなシーンが多い割に結局それらは時間稼ぎだったり怖そうに見せる演出なだけ。オチでやりたいことは分かったが、「それ」が出てくるシー>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.3

好きになりたかったのに期待しすぎた…!自分も高校はカソリック系で女子校だったが、金銭的な問題もなく大学にもすんなり入れ、プロムは嫌々行ったりとレディバードの高校生活が自分のとあまりにも違いすぎて。第一>>続きを読む

ジャコメッティ 最後の肖像(2017年製作の映画)

2.3

ほんと何をしたかったのかが分からなかった映画。ジャコメッティの彫刻作品なら何度か見たことあるが特に好きでもないし、この映画のほぼグレーな映像も好みではない。アミハマちゃんの美しいお顔に唯一アートを感じ>>続きを読む

Miss Stevens(原題)(2016年製作の映画)

3.4

ティモシーシャラメ目当てで鑑賞。最初はティモシー演じるビリーが先生に恋している感じが正直楽しめなかったのだが、なんか最後の方はほっこりした。一人前な大人になるって年齢関係ないよなぁ。

ティモシーは喋
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

2.4

セクハラな会話ばっかで観てて気分悪かった。ジョニーがシャー・ルク・カーンにしか見えなかったから余計に高校生に見えなかった。クレアの特技としてあの口紅で何したのかが分からず2回巻き戻したがまだ分からず。>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

2.7

オーシャンズ8公開されるけど元の男性版観ていなかったから観て観た。キャストが豪華なこと以外特に面白いとは感じず。逆に登場人物多すぎてみんな人形っぽくて特に誰も好きになれなかった。強盗系好きだったら楽し>>続きを読む

ミラノ、愛に生きる(2009年製作の映画)

3.7

ティルダ様と舞台のイタリアと日光とアントニオが作った料理とそれを食べるティルダ様が美しかった。CMBYNの原石みたいな感じの映画だった。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.3

うわー!すごかった!PTA作品、自分にヒットすればクリティカルヒットなのに合わないととことん合わないなぁ。

身震いする美しさに隠された恐怖。俳優さんたちがドレスを扱う時の一つ一つの動きが正確でありな
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.4

普段自分では観ないようなジャンル、友達と焼いたクッキー食べながら鑑賞。いや、ほんとうに実話だというのが信じられない…

前半台詞が少なく口で語らずともハッと息を飲むシーンが多く観てて辛い。グーグルア
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

2.7

今話題のバーフバリ、ちょうどNETFLIXに1も2もあったから見てみたが、魅力がイマイチわからず。確かに他のインド映画に比べものにならないくらい壮大なアクションで金かかってそうだが、金かけりゃ良い作品>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

監督いわく映画というアートへのラブレターだとか。いや良かったんだけど!登場人物の設定が新しくても普遍的な愛情を描こうとした故、ストーリー展開が読みやすくありがちだったなぁ。

オープニングのおとぎ話っ
>>続きを読む

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

3.7

これB級感半端ないタイトルとポスターデザインで観るの躊躇してる人多いのでは。少なくとも自分はそうだった。

とにかくデルトロの趣味全開な映画。相変わらずユニークで凝っているモンスター達の造形や舞台セッ
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

3.9

フットルーズってこの映画の主題歌だったのかー、と知ってから観たかったやつ。ストーリーは普通でも音楽目当てに観たから満足。オープニングクレジットでフル主題歌が贅沢に使われていて映画始まる前からテンション>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.7

田舎にきたらなんか変だった、という意味ではホットファズに割と似てる。ナイトビフォア的な呑んだくれ映画だと思っていたから急にぶっ込まれるSF要素にびっくり。元ネタとかあるのかなーわからなかった。あとはゲ>>続きを読む

ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007年製作の映画)

3.4

最初はPOVじゃなくても良かったのでは、と思っていたが話が進むにつれてロメロ監督のSNSとかに対する社会風刺が出てきたから、POVってあまり好きじゃないけど納得できた。

最初長く感じたが後半は割と普
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.8

自分はこういうの好きですよ、ただただアホ全開な映画。撃ち合いもマシンガンでガガガガンって感じじゃなくて、撃っては隠れ相手の様子を伺い、プロじゃないから命中率低くてかっちょ悪いし、だから命中じゃなくとも>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

2.9

これは監督関係なしに好きそうだと思っていたから期待値が高かっただけに思ったのと違くてがっかり… ポスターのデザインが好きで、80年代ネオンライトを期待していたらヒッピー文化真っ盛りの70年代映画でした>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

3.4

自分はアホだから(わりとわかりやすいのだろうが)解説読まないとわからなかった。冒頭の登場人物が出てくる前の顔とかわからんわ。ゴーストとシェルみたいなのか、面白い。前半がモノローグばかりでわりとつまらな>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

去年ツタヤで借りたと思ったら、間違えて隣のロスト・イン・ラマンチャというテリーギリアムのドン・キホーテ〜の製作ドキュメンタリーを借りていた。借り放題だったから結局そっちは見なかったが、今年公開らしいか>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.9

ベッドシーンが激しいと聞いていて避けていたが、君の名前で僕を呼んで公開時これの男性版とよく聞いていたので。うーん、だいぶ違うぞ!あっちは理想的、こっちは現実的。

ところどころすごく美しくて好きなシー
>>続きを読む

>|