natsukiさんの映画レビュー・感想・評価

natsuki

natsuki

せきおか

映画(136)
ドラマ(0)

禅 ZEN(2008年製作の映画)

3.4

禅のことを分かりやすく表現してくれていると思う。
当たり前のことに気づかせることを大事にしている考え方のような気がした。
●思いついたキーワード
禅問答。発想の転換。そうきたか。

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

4.0

一言で言ってみると、

経験を伴った、これからの人生への悟り。

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.5

ちゃらついたエセ時代劇感が無くて、安心感を持って見られた。
地味だけど味わい深い一族の話。
最後の締め方にハッとさせられた。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.9

シリアスな話でも明るく楽しい気持ちにさせてくれるから、インド映画は好き。

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

見たことない表現方法が面白い。
少し終わり方が退屈だったかもしれない。
伏線がかなり多そうだから、何度か見てみたくなる映画。

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.8

この時代の人達、精神力強いなあ。
実際起きた話なのがまた、すごい。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

原作は読んだことがある。
歯切れよく展開して、映画としてきれいにまとまっていると思う。

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.3

かなり嫌いな映画だと思いつつもAmazonプライムの期限切れるみたいだから見てみた。
初めは演技とかがわざとらしすぎて引いたから直ぐに見るの止めようとしたけど、松岡修造の言っていたことをふと思い出して
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

み見終わってから、セッションの監督だと知って、驚いた。彼はまだ30代だ。

タイトルの出てくる最初から、この世界に一気に引き込まれていって、落ち着いた所でクールダウンするという、メリハリが強くて気持ち
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.2

ラストでゾワっとした。

胡蝶の夢を思い出した。
今も夢の最中かもしれない。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.7

元を最初につくった人は、本当にすごい。
表の自然な歴史の裏には、それを成り立たせた人がたくさんいるんだろう。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

後半少し笑ってしまう。
けれど、全編黒人差別の隠喩が織り込まれていた。違和感はこれだったのか。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.6

こんなことする人が現れたら嫌だなあ。
それをひとつの番組として普通に見ている聴衆も怖い。

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

原作の小説があり、それも実際の事件をもとにしていると聞いて、調べてみたところ、現実は映画よりもきつかった。

この作品は、親子の関係性に常にひやひやさせ続けられた。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.8

胸糞悪くなるぞ
自分の意思があることは大切だから、
考えて選択しよう。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

いかにもフィクションの話なのに、現実的な問題と重なる部分を感じさせられた。
それが出来るのは、一番小さな子供の演技が上手いからだ。

A.I.(2001年製作の映画)

4.0


途中からロボットであることを忘れてしまった。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.2

自分の頭の中でようやくこのシリーズの話と伏線が繋がった。
2のジョーカーの演技良かったなあ

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.3

ダークナイトの前日譚あったことを知って観た
元トラウマを象徴にするなんて狂ってやがる・・・

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.9

原作の話の濃さには敵わないのはしょうがない。
あの時代にこれだけ作画のクオリティが高いのはさすが

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.8

朗らかでわくわくして楽しくて前向きで、
悲しくて辛くて辛くて、心がしめつけられる、けれど観てよかった。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.6

もっとエンタメ的な明るいノリかと思ったら、結構シビアな世界だった

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

アクションが気持ちが良い。
主人公視点で観てると、悪役のやられ方にスカッとする。

バクマン。(2015年製作の映画)

4.9

とてつもなく濃くてたぎる2時間だった。
同じ中学時代に漫画家を目指してた自分と重ねて観た。
原作を当時読んでいたから、より楽しめた。
編集も、漫画という地味な作業を
プロジェクションマッピングを使って
>>続きを読む

>|