なっちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

なっちゃん

なっちゃん

映画(457)
ドラマ(1)

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.2

わかる(わかる)

こいつが悪い!とかわかりやすいヒールがいなくてよかった。現実のフェミニズム課題も誰が悪いってわけでもなく見えない価値観が悪い
そんなわけで社会への怒りとむなしさが増幅したし、一方で
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.8

システムの歯車になる方が孤独も感じなくて幸せに生きられる人もいるよねって思った
孤独の前提である個の境界がなくなるから

ダニーは冒頭からまさにこの孤独に追い詰められている。家族も不安定、彼氏も頼りな
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

2.9

冒頭で印象的な透明なマスクを剥がすシーン
他人に見えている部分は本質ではなく被った皮なのかもしれない

また全編通して見ていると名前に混乱させられる
みんな人の名前を間違えまくるし私もポール・アレンっ
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ポケットからキュンです(大声)

ずっと通ってたビストログザヴィエドランが中華(好物)作ってみましたって言うからどれどれ…と思って行ってみたら中華鍋で麻婆豆腐出してこられてシェフ直々に麻婆豆腐喉まで詰
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

久々の大物新作映画っていうのとクリストファー・ノーランってことで自分の中ではシード発進の作品

オープニングの銃撃戦で観客を引き込むのはダークナイトの銀行強盗を彷彿とさせる導入だなと思った、あの導入結
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.0

おもろかった〜
スパナ投げながらネックレスつけるブレイクライブリーおしゃれ
アナ・ケンドリックが聖人聖人言われてるからキーワードか…?!と思ったけどぜんぜん関係なかった

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.6

ヘラヘラした振る舞いしつつ姉の娘をひきとって育ててる文学研究者のポール・ベタニーという概念考えた天才誰?

主人公マジでイタいおじさんなんかと思った

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.0

初めて見たときはアシタカが主人公の冒険として見て、学生の頃は自然VS工業の対立というメッセージを認識したけど、今回のリバイバル上映では、エボシとモロの君に目が行った

どちらも女であり周囲から役割を演
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

2.3

おトム若いねえ
展開は読め読めというかまあそうなるよなと思っちゃう
トムは殺し屋と言いながら移動手段という仕事上の超重要ファクターをその日会ったタクシー運転手とかいう不確定すぎる人間に任せちゃうあたり
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.0

エジソンといえば「Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.」や「I have not failed. I’ve just>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「隣に住んでいる知的で遊び心のある放蕩息子のティモシー・シャラメ」とかいう「巨乳で童顔で床上手な処女」レベルの想像上の生き物がものすごい解像度で映像化されていてHP0になった

中盤の告白シーンとかさ
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

2.8

クリント・イーストウッド90歳のお誕生日おめでとう!ということで前々から見たいと思っていた許されざる者を鑑賞

娼館の女たちの連帯が物語のきっかけ、というのは当時かなり革新的なのでは
西部劇から見下さ
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

3.0

ずっっと前に見たことあったけど改めて鑑賞

転勤族だったスピルバーグは子供時代、友達のお別れが多かったらしい
そして両親も離婚していたとか
下記、インタビューのコピペ
「僕の願い事リスト(父と母が別れ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

2.1

山崎賢人、オラついてる表現をしたいのだろうが顎関節症?ってぐらい顎動かす所作気になるからやめていいと思う
育ちのよさゆえに難しいんかな
ほんまのスラムの子どもはそんなに口パクパクしないんやで

原作読
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.0

監督サム・メンデスということで視覚表現がうまい…
家父長制の呪いが色濃く残るアメリカの田舎で父親らしさを喪失してしまった2人の父親の物語だと思っている いわゆる理想的な父親の実現なんてこの当時からほぼ
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

1.8

(笑)(笑)(笑)
「君は僕の例外だ」(笑)(笑)(笑)
うけた

最後の主人公のメッセージ総括、「暴走したりもしたけど、最後まで愛を諦めちゃダメ☆諦めなければパートナーが見つかります☆☆」みたいにき
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.5

ピカチュウかわいすぎて恋した
みんなすきなポケモンと日常送れるとしたらなにがいい?わたしはドラパルトです(厨ポケ乙)

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.5

愛ってなんだ?!

アリス監督がインタビューで言ってたけど、うちら全員恋愛に対する反応とかわかってることはティーンの頃とほぼ同じなんよなwwwうける
むしろティーンのときのほうが素直に感情表現できてた
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.2

自粛ひますぎて映画みすぎでレビュー間に合わん

アメリカの貧困も深刻やな
なんでモーテルで暮らしてるのかというのは日本のネットカフェ難民とからくりは同じで、初期費用や身元保証などが出せないから
また貧
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

2.5

キャリー・マリガンまた幸薄い
ライアン・ゴズリングまた寡黙

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

2.3

ブランドンの友達がイタすぎてうけた
妻子ありでバーでナンパ失敗したり部下の妹に手出すのヤバすぎ
こういうアイタタおじさんって万国共通なんやな〜

セックスする以外にまっとうな対人関係を構築できない主人
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

庭のパーティーあたりから母親ヤバ…となりだして医者とセックスしてからはよっぽど監督の女性の捉え方おかしいとかでなければもうこいつが虐待しとった以外ないやん(笑)と思った

オチっぽいものもあるし「ハイ
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

2.0

巷で噂になってたから期待しすぎた
これ見るならクレヨンしんちゃん夕陽のカスカベボーイズ見て

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

舞台はレバノン。どこ?カルロス・ゴーンがいるとこということしか知らんかったけどトルコの下でシリアの左。地中海に面した国でした
海がある国は豊かになるって大河ドラマで斎藤道三も言っていたので地理的にはよ
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

3.5

金ローで見たのでレビュー
最初に見たの高校生のときやったな

ピクサーは世界の人権教育を主導してもいいのでは?と思うぐらい素晴らしい作品。道徳の教科書に「ものを大事にしましょう」と書くより子どもにトイ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

2.3

父親が死んで母親が見つかって主人公はコミュニティの長になります。ギリシア神話かと思った

1でも思ったけど欧米文化は本当に色々なものを自分(や自分の所属コミュニティ)と切り離して捉えるよね
ドラコとい
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

2.5

こぎれいにまとまった共生のお話。子ども向けということを念頭において見ると吉。

1番大きな感想としては、改めて、欧米と日本では自然や動物に対する考えが全く違うよなということを感じた
元タイトルが「Ho
>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

2.0

常磐カネナリ…!すごい名前だな
タイムイズマネー

わしの富士山をあの女は…こうしたんじゃあっっっっっ!!!!!!!!!
米粒だいじに

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年製作の映画)

4.0

みやすい。完成度高い。
全体通してホラーの通奏低音が流れつつ、終盤で映画1本分の笑いをぶんどっていくという真似出来ない配分。

大人が作ったはずやのに子ども目線で怖くなるカットや仕掛けがとにかく多い。
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.5

プリンセス、相手役、悪役の三方どれをとってもそれまでのタイプとは一線を画していて、ディズニーの新しい時代を感じる一作だと思う。

プリンセスであるラプンツェルは必要に迫られてではなく自分の意思で外に出
>>続きを読む

>|