なっちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

なっちゃん

なっちゃん

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

部屋番号教えてはいけませんゆうてストーカー対応も経験済やのに部屋番号教えてて草
部屋番号教えてはいけません強調して絶対言わんように言わんようにと思って仕事しとったら今回も言う前にうーん…となってたので
>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.5

余裕もってボタン押してくれ系映画

アルマゲドン以降の映画を見すぎているのでベタだな〜と思ったりやっぱりそうなるか〜な展開が多かったが逆にそういうのってこの辺の作品が発祥なんだろな。王道開拓映画という
>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.4

2020年に芦田愛菜さんが映画のイベントで「信じること」について質問され「その人自身を信じているのではなく、自分が理想とするその人の人物像に期待してしまっていること。裏切られたというけれど、その人が裏>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.8

マッツ・ミケルセンがセクシーすぎてうっかりしてると話忘れてマッツ・ミケルセンの顔面に酔ってまう問題。
にしてもアップのカット多かったな。監督マッツの顔好きなんかな。

冒頭の誕生日会や家飲みシーンが楽
>>続きを読む

劇場版 アーヤと魔女(2020年製作の映画)

3.6

感想:好きでした
主人公が確固とした性質をもっていて逞しい。私たちが子供に対して期待する反応(泣くかな?とか)が全く発生せず鑑賞中ヒヤヒヤしたては拍子抜け、ということが多かった。ふだんあんまり動かない
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.3

ゆるふわ車好きとしては路肩に停めてた車のオーナーの気持ちを思うとそわそわしてたまらんかった
店出たら駐車してた愛車が消えて遠くでぐしゃぐしゃなっとんのよな、泣くな

GTR、86と新型スープラなど日本
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.7

フローレンスピューかわい〜
フローレンスピューにいじられるお姉ちゃんかわい〜

女は己の意思がある人間であり子宮は個人の身体に属するものなんですが
こういう当たり前の話がわからない人のためにディズニー
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

3.9

めっちゃよかった(汗)

原作でも風間くんが自らのプライドからしんのすけのことを「友達じゃない!」と塾の友達に言っちゃって
その後アイドルの写真みられたりおもらししてしまった風間くんを塾の友達は遠まき
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

脚本家をいれなはれ…
作中、「クリエイターとして批判されたくない」という細田守の主張ぶち込みまくられてたから細田守には悪いけど私とは合わなかった。

いや脚本…脚本。脚本家っていないとこうなっちゃうん
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

4.0

「自分に長生きする義務があるならフリーソロをやめるべきだが、そんな義務はない」
無意識の刷り込みというのは恐ろしいもので、なんとなく産まれたから生きてみてるってだけのわりに自分も真面目に長生きしようと
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.0

そういうオチね〜と思いながらしっかり泣き
海の表現が美しい
漁師のお父さんは完全に魔女宅のパン屋さんだった

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よかった。
エンタメ性と監督のメッセージ主張のバランスが素晴らしい。脚本賞、ラストの一件に関する賞か?だとしたら弱いような?と終映直後思ったけど、このバランスに対しての賞だとしたら納得。
そういう意味
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

3.0

not for me だった。
言いたいことはわかるけど「まあそうすね」て感じで特に新しい発見はなく。
てかこの世の中にその折り合いつけてない人間の方が少ないんちゃうん?オリンピック選手やら音楽家ちゃ
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

Pixarすごいwwwww
同じアニメでもジブリとかエヴァとかは宮崎駿と庵野秀明1人の中に完成している世界を映像化させてる感じで、感動!てより思考させられるけどPixarには「これ見たら君こう感じるや
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

3.5

予備知識無しで行ったからMCでこの人トーキングヘッドの人なんか!!!ってなった
ゆうてもトーキングヘッドの曲聞いたことないからスタンド名でしか知らんという素人ぶり

そんな感じで冒頭「この人めっちゃ喋
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.9

よかった。好き系でした。

作中の演技レベルが高すぎて、アンソニーホプキンスとオリヴィアコールマンのスタンドがオスカー像で殴り合ってた。これアンソニーホプキンスもすごいけど娘がオリヴィアコールマンじゃ
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.5

いい映画だった〜

ご飯を食べるところっていろんな感情が発生するよな〜と思う
バイトでも飲食店で働いてたときのほうが、TSUTAYAで働いてるときよりも悲喜交交だった気がする。お腹空いてたり満腹だった
>>続きを読む

オクトパスの神秘: 海の賢者は語る(2020年製作の映画)

3.4

タコといえばパイレーツのデイヴィジョーンズが海外ではメジャーな気がしていて、たぶんネガティブなイメージあるんやろなと思ってた。タコにフォーカスした映画珍しい。

ずっとほんまに同じ個体なんか?と思って
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.8

レオ美しいよ…こんなに美しかったら本人は価値観狂ってしまって生きるの大変やったと思うけどそれでも絶対的に美しい。今も若い美女を乗り換え乗り換え交際しているのを見るとレオは若さと美しさこそ絶対という価値>>続きを読む

ザ・ホワイトタイガー(2021年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

自分は世紀に一度生まれるか生まれないかのホワイトタイガーだと言っておきながら殺人を犯しても捕まっていないのはインド人に多い顔だからであるという皮肉。

これはインドの格差社会にスポットライトを当てるた
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

2.1

結局アメリカで公開されたんかいな?
ロリコンおじいさん監督ウディ・アレン作品。小さい子どもをそういう目で見るなよ。

なんかもうそう思うと映画まで気持ち悪い価値観がベースにある気がしてむりだ。
ブロン
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

3.0

Netflixの動画説明にオチ全部書いてあったから見てる間展開の想像が先行してしまって無念だった

マ・レイニーのブラックボトム(2020年製作の映画)

3.8

好き系の映画だった。

閉ざされたドアさえ開ければ道が開けると信じるレヴィと、長い経験から(当時の黒人の中ではマシな)生活に妥協しながらそれでも自分だけの小さな幸せを見つけているバンドの大人3人、そし
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.2

対話で終わるオチかと思ったらそうではないというところに現代を感じた
もうそんなぬるいところに落ち着かせて問題をなあなあにするフェーズではないという怒りを感じた。

個人的には、たまたま初期装備された社
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.4

金曜ロードショーで鑑賞。
昔より今の方が意味わかる気がする。
ただやっぱ構成がエンタメとか知るかって感じなのは否めない(笑)
宮崎吾朗に父殺しの物語監督させる鈴木敏夫いいね〜

生まれによって生き方を
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.7

恋したときって心臓食べられたって思っちゃうよね〜〜超わかるそうだよねハヤオ✌✌✌
これを堂々と言い切れちゃう宮崎駿メンタルがギャルすぎる
なんて良い戦火の恋映画なんだ

サリマン先生に対してハウルの弁
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

Qを見た高3からよく待った…
ただ内容は3時間脳フル回転させ続けたけどゴルゴダオブジェクトあたりから理屈ほぼわかってない。なんのこと?とりま京大院卒理系のゲンドウくんが学生時代から交際してた死んだ嫁引
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.0

これBLMと大統領選真っ只中に公開されたのか。かっこいいな。

エディ・レッドメイン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・キートンとファンの俳優揃ってたの知らんかった〜
エディくん学生の役ギリ耐
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.0

オスカーがアメリカの賞じゃなかったら作品賞候補になってなかった気もする。
自国のある時代にスポットライトを当てアウトサイダー目線で描いた作品、その国の人間ならまあ面白いやろな〜と思ったり。
ということ
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.6

好き系だった。

貧困オンリーの話かと思いきやそうではなく、貧困もあるけど、マインドと社会の話でした。

ノマドの民は日本のホームレスの多くとはまた違い、貧困で追い詰められて行き場がなくなった雰囲気で
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.0

いまいちハマらず。
マリアンヌとエロイーズがキスするまでの心の動きを追い切れず、初キスのときえっいつから好きやったん?!と思った

なんか…2人とも、もしかして恋愛できれば誰でもよかったんですか…?と
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.2

卒業式前日にプール付きの金持ち同級生の家でパーティーする光景、映画で100万回見たけどまじであるんかな?

モリーがスピーチで「みんなのことが怖かったの」「でも今は本当のみんなが見える」と言ってたの刺
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よかったー、好きです
2021年1本目

Netflixプレゼンツのミュージカル映画
田舎町のハイスクールが舞台で、性的マイノリティーの女の子が彼女とプロムに行きたいって言ったらそんなことけしからん!
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

煉獄さん(号泣)

生きてたらいろんな誘惑があってズルして金儲けしたいとか誰かを踏みつけてても自分が優位に立てるなら見ないふりしよとか思うことあるけど
そんなときは致命傷を負いながらも高潔な選択をした
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.3

シリウスブラック役にゲイリー・オールドマンをキャスティングするの解釈ド一致すぎて本当に世界に感謝
こっちはシリウスブラックに初恋捧げとる
来世でグリフィンドールの談話室で学生のシリウスブラックと他愛も
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.4

ハーマイオニーがmudbloodと侮辱されたときそれに対してロンがまっさきに立ち向かっていくところとその後ハグリッドが「俺たちのハーマイオニーが使えない魔法はひとつもねえぞ、気にするな、自信を持て」と>>続きを読む

>|