hikariさんの映画レビュー・感想・評価

hikari

hikari

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

2.8

現代っぽくて、どんな結末になるかと思ったけど。恋愛の類いだったのかよ〜

COMET コメット(2014年製作の映画)

3.0

目紛しく場面が変わって理解するのは中盤から。タイミングって大切。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.0

新宿新次って名前良い。長かったけどすんなり。後編の方が面白そう。

ストレイヤーズ・クロニクル(2015年製作の映画)

2.2

素晴らしいキャストなのに、どんなファンタジーなんだこれ

横道世之介(2013年製作の映画)

3.8

ほっこり、にこにこ、結末も良し。なんかレトロ感満載で可愛い。

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

2.6

オダギリジョーのシャツスタイルが沢山みれて良かった。

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.5

切り替わりが良かった。わかりづらさも良かった。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.8

おしい!最終的なストーリーは良かったが、物語の中枢にあったのが何故、たまごなんだろうっていう疑問。もったいない。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

あっという間に観終わった。吹替のキャストもばっちり。最後のシーンEnglishとJapaneseで何回も見返した!大橋さんとMISIA本当に良かった〜

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.3

実写にしてしまうと、やはりグロテスク。蒼井優がこわい。清水富美加と白石隼也がはまり役で良かった。

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.8

女って感じの自由で我儘で。旅して自分探して、ちょっと羨ましい。

ゆれる(2006年製作の映画)

3.7

さらっと見終えた。香川さんと真木よう子のこうゆう役(演技)を初めて見た。最後のシーンからのendingの主題歌の入り方が良かった。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

2.8

そこのみにて光り輝く、よりも見やすいが見終わった後の悶々感は変わらず。感情の移り変わりについて行きづらい。

愛してる、愛してない(2011年製作の映画)

2.8

雨の音が心地よかった。静かで淡々と流れて、最後まで状況は何も変わらなくて、何かを思わず期待して観ていた。きっと妻役も一緒で、女ってなんて我儘なんだろうって。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.0

うーん、人生色々あるなぁ、と。イーサン・ホークこういう役多いな(笑)終わり方嫌いじゃなかった、良かった。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

4.0

スタイリッシュでかっこよかった。絶対真似出来ない生き様で、覗けて良かった。NYだな〜って。運良く舞台挨拶も、マークさん超ハンサム。

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.7

すごく現実的で、引き込まれた。クリステン・スチュワートの役所がまた良かった。

秘密と嘘(1996年製作の映画)

3.0

ティモシー・スポールの最後、良かった。すっきりした。マリアンヌ・ジャンの話し口調と表情がとても好きだった。シンシア(役)は本当に残念。