hikariさんの映画レビュー・感想・評価

hikari

hikari

映画(166)
ドラマ(0)

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

タイトルの印象が強いけど、違う。3人のドキュメンタリー映画。怖くないし、なんならほっこりする。

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.4

シリーズ全部観てないけど単品でも分かりやすいストーリーだった。

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

2.8

現代っぽくて、どんな結末になるかと思ったけど。恋愛の類いだったのかよ〜

COMET コメット(2014年製作の映画)

3.0

目紛しく場面が変わって理解するのは中盤から。タイミングって大切。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.0

新宿新次って名前良い。長かったけどすんなり。後編の方が面白そう。

ストレイヤーズ・クロニクル(2015年製作の映画)

2.2

素晴らしいキャストなのに、どんなファンタジーなんだこれ

横道世之介(2013年製作の映画)

3.8

ほっこり、にこにこ、結末も良し。なんかレトロ感満載で可愛い。

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

2.6

オダギリジョーのシャツスタイルが沢山みれて良かった。

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.5

切り替わりが良かった。わかりづらさも良かった。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.8

おしい!最終的なストーリーは良かったが、物語の中枢にあったのが何故、たまごなんだろうっていう疑問。もったいない。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

あっという間に観終わった。吹替のキャストもばっちり。最後のシーンEnglishとJapaneseで何回も見返した!大橋さんとMISIA本当に良かった〜

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.3

実写にしてしまうと、やはりグロテスク。蒼井優がこわい。清水富美加と白石隼也がはまり役で良かった。

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.8

女って感じの自由で我儘で。旅して自分探して、ちょっと羨ましい。

ゆれる(2006年製作の映画)

3.7

さらっと見終えた。香川さんと真木よう子のこうゆう役(演技)を初めて見た。最後のシーンからのendingの主題歌の入り方が良かった。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

2.8

そこのみにて光り輝く、よりも見やすいが見終わった後の悶々感は変わらず。感情の移り変わりについて行きづらい。

愛してる、愛してない(2011年製作の映画)

2.8

雨の音が心地よかった。静かで淡々と流れて、最後まで状況は何も変わらなくて、何かを思わず期待して観ていた。きっと妻役も一緒で、女ってなんて我儘なんだろうって。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.0

うーん、人生色々あるなぁ、と。イーサン・ホークこういう役多いな(笑)終わり方嫌いじゃなかった、良かった。