長内那由多さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • 長内那由多さんの鑑賞したドラマ
長内那由多

長内那由多

映画(1306)
ドラマ(147)

クイーンズ・ギャンビット(2020年製作のドラマ)

5.0

少女の“覚醒”を描く第1話。天涯孤独の主人公ベスが9才でチェスの才能を開花させる一方、薬物にも依存していく。彼女にチェスを教えるビル・キャンプが絶品。パンクな表情を見せる子役も素晴らしい。傑作『ゴッド>>続きを読む

0

マンダロリアン シーズン2(2020年製作のドラマ)

5.0

第1話からサプライズ!
こってこての西部劇オマージュも楽しい。

0

グッド・プレイス シーズン3(2018年製作のドラマ)

-

E5まで。全く新しい話になってるけどギャグも哲学もトーンダウン気味。マイケルもジャネットもどんどん人間っぽくなって、それが面白さに繋がらない。クリステン・ベルは相変わらずキレがあるんだけど…。

0

ペリー・メイスン(2020年製作のドラマ)

5.0

第1話。明暗際立つ美しい撮影とテレンス・ブランチャードのトランペット、脂の乗った主演マシュー・リスによって香り立つフィルムノワール。愚直なまでのオールドスタイルだが、ゴージャスなプロダクションデザイン>>続きを読む

0

ボディガードー守るべきものー(2018年製作のドラマ)

5.0

キャスタミアの雨のトラウマに苦しむリチャード・マッデン(←ちょっと違う)が大臣暗殺事件に挑む。全6話なので展開が早い早い。怒涛の最終回はマッデンも熱演で目が離せなかった。シーズン2も決まった様子。楽し>>続きを読む

0

ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー(2020年製作のドラマ)

5.0

今回も館の美術と闇の深さ、”何かが見える気がする”ショットが格別。子役も邪悪なまでに巧い。前作から続投しているキャストが多く、物語は違えど逃れられない呪いを思わせる。マイク・フラナガンは1話のみ担当。>>続きを読む

0

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)

5.0

第1話。おそらく国家的隠蔽(フェイク)に対するカウンターという製作意図があると思うが、このドラマを当事者意識で見る事ができるのはロシアを除けば日本人しかいない。精神論と思考停止によって事態が悪化の一途>>続きを読む

0

グッド・プレイス シーズン2(2017年製作のドラマ)

5.0

S1からヒタヒタと感じさせていたが、いよいよディストピアコメディに。せっかくの天国なのに、人の妬みや劣等感など負の感情は尽きない。

理科教師の従兄弟が言っていた言葉を思い出した「死んでからも意識があ
>>続きを読む

0

Homemade/ホームメード(2020年製作のドラマ)

-

映画人がコロナ下の近況を綴った映像エッセイ集。撮影や編集も自前で行っており、所謂リモート映画と言っていいのかも。デヴィッド・マッケンジーとレイチェル・モリソン(『マッドバウンド』の撮影監督)回を。両者>>続きを読む

0

めちゃくちゃ恋するハンターズ(2020年製作のドラマ)

-

けっこう面白い。厳格なキリスト教系の私立高校に通う女子高生が小遣い稼ぎに賞金稼ぎを始める。南部の共和党支持家庭に育ってるから当然(?)銃器も扱えて、走行中の車のタイヤをショットガンで撃ち抜ける!。主役>>続きを読む

0

ラチェッド(2020年製作のドラマ)

-

第1話。
『カッコーの巣の上で』に登場する鬼婦長ラチェッドの前日譚という酔狂のような企画だが、ライアン・マーフィーだけに期待できるか。バーナード・ハーマン調の音楽にキューブリックタッチの映像のサイコホ
>>続きを読む

0

グッド・プレイス シーズン1(2016年製作のドラマ)

5.0

ユニークで楽しい。手違いで天国に来てしまったヒロインが居続けるために善行を積もうとする。1話20分強の中にギャグはもちろん、“良い行いとは何なのか?”という哲学的な問い掛けが含まれていく。僕もヒロイン>>続きを読む

0

POSE/ポーズ(2018年製作のドラマ)

5.0

第1話。筋立ては直球どストレートのトレンディドラマだが、舞台は1980年代後半のブラックゲイカルチャーというライアン・マーフィーならではの群像劇。メインキャストのほとんどをLGBTQで固めた画期性はも>>続きを読む

0

プロット・アゲンスト・アメリカ(2020年製作のドラマ)

5.0

まだ第1話のみ。怖い。権力側に付く人って何で自分もその恩恵を受けられるって思い込んでるんだろうね。

第2話まで。1940年当時、親ナチだったリンドバーグが大統領に選出される架空歴史モノで、SFではな
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン5(2020年製作のドラマ)

5.0

第3話まで。毎週シーズンベストを更新する勢い。ギリガンらしいアヴァンタイトル。ハンクとゴメスも登場する。ソウルに改名してもまだまだ綱渡りなジミー。良心の呵責に苦しむマイク。そしてジミーに引きずられ、一>>続きを読む

0

マンダロリアン(2019年製作のドラマ)

-

おいおいエミー賞候補に挙げる程かよと思いつつ、EP9のような懐古に陥らず、痒い所に手の届く二次創作で楽しく見れた。SW版“西部劇×子連れ狼”といった作りで、オリジナルの精神を継承。でもルドウィグ・ゴラ>>続きを読む

0

キリング・イヴ/Killing Eve シーズン3(2020年製作のドラマ)

-

E2はフィオナ・ショウという偉大なる名脇役を見せてやろうという演出の気概がいい。僕はこういうベテラン俳優がたまらなく好きなんですよ。

E3→殺る前に息が詰まるほどの香水をオーダーしに行くヴィラネル。
>>続きを読む

0

レギオン シーズン3(2019年製作のドラマ)

5.0

E1、期待を裏切らないキテレツさ。時間を操る新キャラクター“スウィッチ”役でローレン・サイがいきなり登場、巻頭20分を引っ張る。ディズニーによるFOX買収で同じマーベルでも本作のようなカルト作は生まれ>>続きを読む

0

After Life/アフター・ライフ​(2019年製作のドラマ)

5.0

リッキー・ジャーヴェイスを意識して見たことはなかったのだけど、噂に聞くシニカルな芸風よりもストレートな人生讃歌が表に出てきて、こりゃ世界中の愛妻家が泣くよ。監督、脚本を兼任したジャーヴェイス自身も名演>>続きを読む

0

スペース・フォース(2020年製作のドラマ)

-

さっぱりだった。冒頭こそなかなかの出足だったが、だんだんギャグも不発になり、シーズンフィナーレには「なんだこりゃ」と。トキシックマスキュリニティの解体など、面白くなりそうなモチーフはたくさんあったのだ>>続きを読む

0

ダーク シーズン3(2020年製作のドラマ)

-

このレビューはネタバレを含みます

「え、それなの?」
時の無限地獄から抜け出す方法がタンハウスのタイムマシン製造を止める事と知った時のアダムの拍子抜けしたような顔はそう言っているように見えたし、僕もそう思った。

『ゲーム・オブ・スロ
>>続きを読む

0

ハリウッド(2020年製作のドラマ)

-

E1
戦後間もない旧き良き聖林を描くが、ライアン・マーフィー作品となればゲイカルチャーを中心としたアンダーグラウンドを描く事になりそう(でも筆致は軽やか)。

E2
ダレン・クリスにローラ・ハリアー、
>>続きを読む

0

After Life/アフター・ライフ シーズン2(2020年製作のドラマ)

-

S2E1。親切に生きようと心に誓ったトニーだが、やっぱりイライラするし、悪態もつく。どうせなら木に生まれたかったが、いつ死ぬかわからないなら人生楽しんで生きるしかない。リッキー・ジャーヴェイスのシニカ>>続きを読む

0

アウトサイダー(2020年製作のドラマ)

5.0

意外やHBO初のキング原作もの。スタッフ陣は『ミスター・メルセデス』や『キャッスルロック』など近年のキング原作ドラマのキングフリークが集合。そして原作は日本未刊行の最新作。という事で近年の回顧的な映像>>続きを読む

0

ウエストワールド シーズン3(2019年製作のドラマ)

5.0

これまでと全く異なるルック(夜景が素晴らしい)、ほとんど草薙素子なエヴァン・レイチェル・ウッドの格好良さ、直線に進むストーリー。アーロン・ポールはアルバカーキを抜けてアラスカへ逃げ延び、LAに渡った2>>続きを読む

0

ジ・エディ(2020年製作のドラマ)

5.0

チャゼル監督回のE2まで。
僕の中でptaが『ザ・マスター』を撮った時のような、作家性の変遷における新鮮な驚きがある。チャゼルがアメリカ人監督である以上『ファースト・マン』を撮ったのは自然に思えるが、
>>続きを読む

0

セックス・エデュケーション シーズン2(2020年製作のドラマ)

5.0

日進月歩の青春学園ジャンルにおいて最もおおらかな作品では。終盤、恋愛事情は脇において女子達が結束する展開が良かった。学生時代の財産として一生残るのは恋人じゃなくて友人だもんね。

0

アンオーソドックス(2020年製作のドラマ)

5.0

NYのユダヤコミュティを脱出した若妻がベルリンへ渡る。彼女の行動の理由は次第に明かされるが、Netflixドキュメンタリー『ワン・オブ・アス』や先月公開された『ロニートとエスティ』を見ていれば明らか。>>続きを読む

0

ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤(2019年製作のドラマ)

-

映画版『ライラの冒険』とは全くの別物で、複雑な世界観。イマイチのめり込めないが、主演ダフネ・キーンで見れる。暗くて鋭い獰猛な目付き。『ローガン』に続き、こんな大作を牽引できる彼女の将来が楽しみ。

>>続きを読む

0

フィール・グッド(2020年製作のドラマ)

-

女性同士のカップルを描いた“昨日、何食べた?”なスケッチ。E3、恋人がなかなか友達に紹介してくれず、クローゼットにならざるを得ない鬱屈(あんな友達なら知り合いたくないけど)。こちらも性についての会話が>>続きを読む

0

オザークへようこそ: シーズン3(2019年製作のドラマ)

-

いきなりトップギアのスタート。
ローラ・リニーの役柄にますますの旨味があり、今にもI am the dangerと言い出しそうな勢い。

ジェイソン・ベイトマンの芸風もあるが、主人公があまりにも無個性
>>続きを読む

0

ウォッチメン(2019年製作のドラマ)

5.0

AmazonプライムでHBOドラマ『ウォッチメン』の第1話が無料先行配信中。アラン・ムーアの原作の続編。ショーランナーはデイモン・リンデロフ。恐れ知らずなHBO、攻めのDC。主演レジーナ・キング、トレ>>続きを読む

0

ノット・オーケー(2020年製作のドラマ)

5.0

『IT』『シャープ・オブジェクト』の薄幸美少女ソフィア・リリスちゃんが田舎の冴えない女子高生役。クソみたいな日常に嫌気がさした彼女がある日、超能力に目覚め…と『キャリー』みたいな話だが、ソフィアちゃん>>続きを読む

0

日本ボロ宿紀行(2019年製作のドラマ)

5.0

一発屋で終わった中年歌手と、深川麻衣が扮するマネージャーの珍道中。田舎を走っているとよく見かける「うわっ、ここまだやってるのかな」というボロ宿に泊まる。深川麻衣ちゃんは『愛がなんだ』で認識したのだけど>>続きを読む

0

YOU ー君がすべてー シーズン2(2019年製作のドラマ)

-

視聴者を飽きさせないためにありとあらゆるどんでん返しを仕掛け、怒涛の終盤はほとんどトンデモの域。特に『ラスベガスをやっつけろ!』をもじった第8話『Fear and Loathing in Beverl>>続きを読む

0

キング・オブ・メディア2(2019年製作のドラマ)

5.0

生き残りを賭けた一家団結の総力戦…と思いきや、シーズンフィナーレに待ち受けるのは“ブラックウォーターの戦い”か、はたまた“落とし子の戦い”かと思える程の権謀術数。シヴはサラ・スヌークのファニーフェイス>>続きを読む

0