nckさんの映画レビュー・感想・評価

nck

nck

内容を思い出すためレビュー書いてる。
見たいのしか見ない。

映画(399)
ドラマ(31)

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ど頭から、ありがとうございました。かっこよかった。
ポケベルだったしサミュエルジャクソン若いし本人だし、猫強いし読み込みは数分かかるし、謎も解けたし、サノスぐらいキャロルなら余裕なのではとか思っちゃう
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

女性監督

フランス

布団の中で何かに攻撃されるシーン、完全に子宮。え、あのシーンはどう言うものを見て生きたらあそこに入れようと思いつくのでしょう。
お父さんの「お母さんを憎むな」
はー、綺麗にまと
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

4.0

一度見ただけであの背景の前で笑う主人公たちを思い出せる、強烈

桜、海、名前を呼んで月

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

タイトルでるところがめちゃめちゃかっこいい。そこだけ4回ぐらい見た。

が、最初の字幕や途中見えるくどい演技、視線の向き、体の向き、セリフの言い方。雑誌の見せ方、などなどに「これはスタッフが変わってい
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

私のフィルマークスランキング一位のメリーポピンズ、続編。期待に期待を上乗せし観に行きました。


設定としては前作のメリーが大人になり子供を持った兄弟の元へ帰ってきた、と言うもの。大人になると子供の心
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

ドア閉めて
共感ゼロ
全員知能指数低い

最後殺すシーンだけライトの光よかった

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

ぐああーーーーー動いているーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
毛も!服も!海も!犬も!絵も!


背景があるーーーーー!!!!!!!!
どこまでも続く背景、、、動く瓦礫、喋る人たち
>>続きを読む

トワイライトQ(1987年製作の映画)

4.0

迷宮の真相 conversation 押井さんと鵜之澤さんの対談より


押井
「『天使のたまご』の後日談というか。卵の殻が付いているひよこのイメージ。元は100分もの。最後は巨大なカタパルトから金星
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

子供殺しちゃうのね〜
初潮を迎えない子供にのみ感染
チキンナゲット
作るとこはフィクションじゃないはずなのに一番生々しくグロい

小説の内容とか繋がりあると思ったら全然ないのね〜大人組結構生き残ってて
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

やっぱゾンビ映画
感染してない奴らの殺し合いは重要ね
閉鎖空間での人間関係

噛まれたら感染って確かに最初はわからないもの、初っ端からゾンビゾンビゾンビ
ショッピングモール

トラック

迷宮物語(1987年製作の映画)

3.8

ラビリンスラビリントス
幕開けと幕締め
チチェローネの名付け親を聞く母の声が癖すぎる、興味あるのか分からない、けどサチとなんか似てるその声。キャラデザぶっちぎって素敵。可愛いフォルムに口紅のヒゲ。
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

娯楽

三部作だったこと、特典映像が楽しすぎて全部見た。視覚効果班が意味わからないし模型が模型と言っていいのかリアルすぎる。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

アンハサウェイが出てるからアナとの絡みがあったり。いいなあ

口開けてみるシリーズ

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

スタントとの切り替えスムーズ
エンターテイナーですね
今回は犬が生き残ってよかった。
内部の情報の伝わり方や武器の手に入れ方、ワクワクしました
電車導線ごえ?

MEMORIES(1995年製作の映画)

4.1

素晴らしい〜

彼女の想ひで
終わった後に気づいた、脚本今敏!館内に入ってからの恐ろしい感じが特に素晴らしい。彼女に気付くまで。すごい好き。あれはなにがそう私たちに恐怖感を抱かせているのか、しっかり考
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ホラーにおいて全裸の人間が出てくるのが好きです。私たち人間であると同時にまじかに見ることがほとんどないから。幽霊や悪魔、とはまた違った遠さと、現実に起こり得る可能性を感じビビる。(コクソンでもそんな感>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.9

授業にて

精神的自由だったり、王族だけど1人の人間であることを認めてもらうことが人にとってとても大事だということを再確認。では仮定として、もし天皇にも同じ症状があったとして、このような療法、このよう
>>続きを読む

天使のたまご(1985年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ノアの方舟
旧約聖書
鳥やら、、
ただの押井守

ノアの方舟が陸にたどり着かなかった世界っていうのはdvdに付いてた解説読まなきゃわからん。押井さんの母親の話、卵の話。
ラスト、画面がグーって引いてい
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

ぷー。大人になってみると100エーカーの森は少し暗くて、プーさんたちは小汚い。森が、森らしくて、そういうものだったんだなあと。

どうしようもなくなったら、少し休んで、新しい風を感じて、物事を気楽に見
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

ポン!



きれいに伏線回収!
熱い!
最高のエンターテイメント!

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ファッションの頂点であるVOGUE編集長アナは、父親に将来の夢を決められた女性。彼女が弱いものは娘で、彼女の兄弟からは、世間と同じカリスマの目を向けられているわけではないらしい。
しかし彼女はVOGU
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.1

試写会

特殊メイクってすごいなあってまず思いました。全然気にならないです。ていうかエンドロールみるまで忘れていました。メンバーの集まり方とかは深い設定ふっとばしてテンポがいい感じです。
バスケシーン
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

バンクシー「誰でもアーティストになればいいと思ってたけど間違いだった」


ティエリーとトリートアーティスト達の出会いと別れの物語。ティエリーの映像を撮らなきゃという使命感ともいえる異常性がもたらした
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

filmarks試写会にて。
バーバラと先生の物語のよう。友達はスパイス。
いいなと思ったのはバーバラと友達二人で山を抜けて列車のところに行く途中。音が先に来て巨人が来た!って思ったらバスっていうやつ
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

filmarks試写会にて。
原作未読。


水中の事故で脳死判定された娘を死んでいると判断するか、心臓が動いているので生きているとするか。

一番釘付けだったシーンは娘の口角をあげるシーン。最新の技
>>続きを読む

キノの旅 -the Beautiful World-(2004年製作の映画)

-

いつもの旅の途中、とても技術の進んだ清潔な国に入る。そこで出会うのは病気の少女。未だ治す薬が開発されておらず、病院で過ごしている。



なぜこの話?が半分。確かにキノらしい、が半分。
アニメで体、ふ
>>続きを読む

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ(2013年製作の映画)

3.3

一期の後のお話。アニメがいい感じにおわっているのでどうとでも広げれますね。クリスの決断がのろのろだけど岡部の経験した幾度もの失敗するタイムリープを経験したり、悩んだり、デレたり、デレたり、かわいい感じ>>続きを読む

>|