ちよめ

ちよめ

語彙力が来い

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.9

グザヴィエ・ドラン監督作品はこれが初です
アスペクト比の使い方や、感情が高ぶっている場面でのスローモーション、表情が見えない後ろ姿からのカットが印象的でした

音楽も素敵で監督のセンスを凄く感じる作品
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.8

奇妙で不気味でぶっとんでる

なんといっても映像が素晴らしい
光と色の使い方が美しくてひたすらかっこいい
エレクトロな音楽も世界観に合ってた

『ヘルタースケルター』とも『ブラック・スワン』ともまた違
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

前知識無しでなんとなくチョイスしてなんとなく観た、初ケン・ローチ作品。
テーマとメッセージ性があまりにも明確で強烈。ケイティの行動が必然的であるが故に観ていて心が痛かった。けど忘れちゃいけない、「人の
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.4

字幕版
あの世界観に現実を絡めたネタは入れなくても良かったかな〜とは思ったけど気になる程ではない
何より水の表現が本当に本当に素晴らしい
エンドロール後も必見だけどエンドロールの背景が凄く良かったです

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

去年の今頃、電車に乗って劇場までこの作品を観に行く元気がなかった自分を元気付けたい。
二人がベッドで話してるシーンが好き。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

二人の関係性がなんとも言えない
やっぱり音楽が良いよね

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

4.3

イタリアのコメディ映画はそこまで観たことないけど多分会話とか雰囲気とか好きなんだよなあ
主人公が女性建築家というポイントだけで観たけどこれは本当に良かった

テンポよく進み素直に面白くて元気ももらえる
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。なんて良い映画なんだ。
修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.7

観る前は「ボーダーライン」っていうタイトルまあ良いのではと思ってたけど観終わったらなるほどこれは原題の「Sicario(殺し屋)」ですわ

夜の映し方が印象的だった

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.0

人生の選択についての映画
50年代のアイルランドからNYへの移住はきっと私達が思ってるより楽じゃない。飛行機は高価でまだまだ大衆化されてなくて北大西洋を横断する長い航海に耐えなくちゃならないし一度行っ
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.1

想像以上に良かった〜〜〜!
タイトルとポスターだけだと伝わらない素晴らしさ…!今まで観なかったことに後悔…

4人が4人とも本当に魅力的で好きなキャラクター。アーサーおじいさん(イーライ・ウォラック)
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

3.8

子どもの頃観たっけなぁ、忘れてる。

垣間見える兄弟愛がすごくいい。
自転車で走り抜けるシーンがかっこよくて笑いそうになってた
やっぱりジョンウィリアムズの音楽が最高過ぎる

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.5

35歳プロ童貞じゃないのに父親(平泉成さん)の序盤の言葉がグサグサグサグサ心に刺さったのは何故だろう(20代前半・女性)

源さんもよかったけど全体的に女性陣がよかったな〜!

インスタント沼(2009年製作の映画)

3.8

初っ端からただならぬ空気を感じる
それがまあ、ずっと続く

結構変だけど結構元気をもらえる作品
なんやかんやで優しいモヒカンの加瀬亮が良い…

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.0

とてもよかった
木村多江の役柄、どうしても自分の母親と重ね合わせて見てしまうけど、リリーさんの役の妻に対する接し方が優しくて安心感がすごくあった。

キャストが豪華。

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.6

歌いながら言い合ってるシーンが何故か凄く好き

こういうショービズ界を映したミュージカル映画は割と好きだけどキャラクターとして好きなれない人が結構いたので苦しかった感はある…ビヨンセが美しい。

みんなのいえ(2001年製作の映画)

3.4

デザイナーと棟梁はいつでも割れるものなのか…さらっと観られておもしろかった。日本ではまだ暫く尺貫法だろうなあ

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

周りがまじで年配の方しかいなくてびっくりしたけどこの作品、凄くよかった。
冒頭からの雰囲気づくりが素晴らしく一気に引き込まれた。ひぐらしの鳴き声など自然音の使い方が秀逸。構図にもセンスを感じた。何故か
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.9

飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。

聖の青春(2016年製作の映画)

3.5

将棋好きでもないし棋士も全然知らないけど心に残る映画だった。東出昌大も松山ケンイチも、演技が凄くよかった。他の人の感想を見て原作を読みたいと強く思った。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.1

良い作品でした
フォレストガンプの幼少期から現在までの人生を描いているからとても濃くて詰まってるんだけども、構成が面白くてお話もテンポ良く進んでいくおかげかその長さを感じさせなかった。
ジェニーを想い
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

ブラピは綺麗過ぎないか…?笑
砂嵐のあのシーンの撮影方法が気になって全然集中できなかったのは私だけでいい
フランス語の訛り方は流石に分からないけど英語の訛りが違うのも楽しい
マリオンの目で語る演技。こ
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

シネコンの、しかも1番か2番目に大きいスクリーンで観たのだが時間帯(と空模様)のせいかガラガラで、それが映画の雰囲気と妙に相まってなんとなく心地良かった。

なんだかんだで初スウェーデン映画だった気が
>>続きを読む

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.4

お座敷遊びはできないから…都をどりを観にいきたい…

エイリアンVSアバター(2011年製作の映画)

1.7

どこでどうして観たのか覚えてないけど「勝手に戦え!」のコピーが妙に記憶に残ってる

ザ☆B☆級☆映☆画☆

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.0

不思議の国のアリスをただ単に実写化しただけじゃない、ティムバートンらしい奇妙な雰囲気があって良かった

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.3

ストップモーション独特の、花嫁のベールの揺れ感がとても好み。終わり方はシザーハンズっぽくて自分は結構すき

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.5

こういう関係素直に憧れる
青春少女漫画だったらもどかしくて絶対イライラしてるけど美男美女のおかげかそれもなかった、むしろ好きだ!!!
丘での父子の会話が沁みる

バレンタインデー(2010年製作の映画)

3.4

お花贈るの素敵で良いなあ。
どの話もそれなりに好きだった
テイラーカップルかわいい

日本のバレンタインは チョコの日 とかに改名した方が良いんじゃないか…