ちよめさんの映画レビュー・感想・評価 - 9ページ目

ちよめ

ちよめ

評価≠好き度 語彙力が来い
100点満点で考えて付けてるけど結局その日の気分

2.5〜 面白かった
3.5〜 高評価
4.0〜 傑作
4.5〜 ありがとう

映画(657)
ドラマ(13)

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

シリーズはちゃんと観てないです
映像が綺麗でマイケル・ファスベンダーが最高

色んなSF要素がごちゃ混ぜになった感じでポジティブに考えればつまみ食いができると言えなくもない

乗組員達の思考や行動は、
>>続きを読む

書を捨てよ町へ出よう(1971年製作の映画)

4.5

若かりし頃の美輪明宏が出ている
何度でも何度でも観たい
映画館で観たい

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

現実離れしすぎていない、けど現実とはちょっとズレてる想像世界の描き方が素晴らしい

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

2.2

ウディアレンらしい皮肉、笑えない喜劇
誰一人にも共感できなかった
終わり方はよい……

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

4.3

ジャームッシュ作品はその魅力を言葉にするのが難しいと心底思った
ただただ良い。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

これといったストーリー展開はないものの映像と音楽によって自分が戦場に立っているかのような緊迫感と臨場感を体感させられる。陸海空それぞれ異なる時間軸の出来事が3視点同時に次々と切り替わりながら進む描き方>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.8

ゆっくりしてるときにみたい作品
真上からのアングルと会話の間が良い

吉原炎上(1987年製作の映画)

2.7

どこで吉原炎上するんだろうと思って観てましたがちゃんと炎上してました
美しいおっぱいが堪能出来ます

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.4

困り眉がキュートなゴズリング
ラストは人生の理想形でしかない

愛しのフリーダ(2013年製作の映画)

4.0

フリーダのメンバーに対する、また自分と同じファンに対する姿勢が素晴らしく愛しい。
彼女の高潔さ聡明さは仕事をする人間として尊敬できます。

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

3.6

数年前舞台となったピピ島に行った後に観たものの忘れていたので再鑑賞
楽園に置かれた人間の持つ二面性
終始心がざわざわしてました

パターソン(2016年製作の映画)

4.6

みかんの季節になったら皮に目をいっぱい描いてお弁当に持っていくんだ

ザ・フライ2/二世誕生(1988年製作の映画)

3.2

前作でも思ったけど女の子の肝が座りすぎ
自分にとっては2の方がグロかった…

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.2

一気にバーンじゃなくて徐々に変わっていくのが良い

コンタクト(1997年製作の映画)

3.7

宇宙に想いを馳せられる
地学の教科書で宇宙のページを見ているだけで自分のちっぽけさを実感し涙を流していた自分、まさにそんな映画

科学も宗教もそれだけじゃなく全ての分野は繋がってるんだ

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

かなり面白かった
シャレの効いたタイトルが宣伝効果になるというのも少なからずあるだろうけどこの邦題は本当に直して頂きたい…
カント倫理学とベンサムの功利主義との葛藤。極限状態において自分自身はどちらの
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.5

チャイヤチャイヤ…聴きたさに観ました。
思ってたより面白かった
けどぼーっと眺めるようにみてると置いていかれてイマイチわからないまま終わるから後で解説を読むことになる

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

映画館で観るほかない映画だった
オープニングの完璧なカーチェイス
コーヒーを買いに行くCome Into My WorldのMV感ある長回しシーン

ベイビーもヒロインの女の子もかわいすぎ

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.4

他作品と比較しないで観られれば良いのだけどそれも難しい話
時代設定のブレもきになる…

シンデレラ・ストーリー(2004年製作の映画)

3.5

想像以上にシンデレラ・ストーリーだった
ティーン向けな感じ。好きだ〜〜

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.9

想像以上に良かった
どの立場の気持ちも分かるから尚更辛い
ルーのファッションが兎に角可愛い…!