sakurashimizuさんの映画レビュー・感想・評価

sakurashimizu

sakurashimizu

「本当に大切なものは増えるのではなく減ってく。」

映画(172)
ドラマ(6)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

仮想現実と現実を行き来する発想の面白さ
映像だけでも凄い

個人的にシャイニングが組み込まれてたのが凄く良かった

first to the egg🥚

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

冷戦時代のレトロな景観、マイノリティーに対する冷遇など、扱っていた時代背景は好き。
水の中での描写が綺麗、、世界観が美しくて惹き込まれる。

テラスハウス クロージング・ドア(2015年製作の映画)

3.4

テラスハウス大好きだけど
映画としての価値は全然ない。笑

メンツのチョイスが微妙。。
映画版ならもっと破天荒な人入れたら良かったのに。

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.7

市井ふみ は深川麻衣そのもの。
まいまいにしか演じれないと思った。

静かでゆるい作品。
でも相手の記憶に落とし込むような台詞が印象的。恋愛小説によくある一節だけど。

「付き合わずに片想いした相手は
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

クリスエヴァンスかっこよ過ぎる

ストーリーはもちろんのこと
背景や服装、色合いが可愛いくて
観るとこ沢山
マッケンナグレイスの子役に思えない表情とか喋り方に普通にびっくりした

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

やたら驚かされた印象(笑)
子供の頃に抱いていた恐怖心のイメージを実体化していて、
子供にしかわからない世界観を表現していた

地上波で放映されたりしても
もう観ない(笑)

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

笑えて泣けてわかりやすい!
万人ウケしそうな邦画

シアターで観る必要性はないけど
普通に良かった

アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48(2015年製作の映画)

3.3

AKBグループの中で一番過酷そう

ドキュメンタリーというか、ただただ振り返ってただけで、何の事件も起こらないし意外性もない、、、

乃木坂がここまでハードじゃなくて良かった

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.6

最悪の人生
全体的にミュージカル調
舞台の方が良いんだろうなぁ

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

これが実話ってのが何よりも凄い

「しっかりと歴史的事実や問題を扱いつつも、全体的にポップで、見ながら勇気を貰って最後は幸せな気分になる」作品。
自分好みの完璧な作品。

今年一の映画!鳥肌たった!
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

何が面白いのか、
何でこんなに評価が高いのか、
全然わからん

途中で眠気に襲われた

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.9

映像はとにかく迫力満点
けど展開が急すぎて謎な場面が複数回あった

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

「仕事が出来る人」って
先読みが上手いし早いんだなぁと
それなのに謙虚な姿勢で常に向上心がある

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.8

共感できるポイント多数
思っていたより良かった
夜中に出掛ける服とかでもお洒落👗

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

どうせこんな展開やろうと想像してたら
2.3回どんでん返されて
想像を裏切る展開
新しい藤原竜也
内容全く知らずに行くとかなり楽しめる

JUDGE/ジャッジ(2013年製作の映画)

2.3

ライアーゲーム系のグロ映画って感じ
オチがひどい笑

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

ストーリーとか関係なく
とにかく映像が素晴らしいから
観る価値が凄くある

観れてよかった

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

期待通り
音楽と映像の壮大さ、表現が凄かった
スクリーンで観て大正解

ラストは意外性あったけど
現実的で
それも良かったかな

道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48(2015年製作の映画)

3.6

沖田彩華が内容の70%占めてた
いくら努力家な一期生でも、あまりに中心的に描かれ過ぎてて謎が残ったし
山本彩とか渡辺美優紀とか出演者が偏ってて
うーん
ドキュメンタリーというか、、、って感じだった

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.7

全く伏線に気付かなかった自分が恥ずかしい。笑

「思い込み」が作品全てを作り上げてる
全体的にえげつない、グロい
でも騙された

ゴールデンスランバー(2009年製作の映画)

3.9

こういう映画すき。
シュールな映画って面白いけど、内容があまりないってことが多いのに、これは初めから最後まで飽きることがないし、
ハラハラできる

堺雅人と吉岡秀隆の組み合わせも良い

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.9

現実的な怖さがよかった
今までに観たホラーの中でもダントツに怖かった
盲目じいちゃん強過ぎ

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.1

面白かった!

今までに観たことない設定・世界観
徹底的なリアリティーが凄かった
オチもしっかりあって満足

セブン(1995年製作の映画)

3.6

んー
セブンを観ずにミュージアムを先に観てしまったのが悪いけど、
内容・展開が似すぎてて
先が読めすぎてしまった

終わり方もそんなに好きじゃない、、、

深夜の告白(1944年製作の映画)

4.1

ザ・サスペンス
言うことなしに面白かった!
完全犯罪の難しさ、、、

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.6

期待してた割にそんなだった、、。

特別感想を書くようなこともないし
割と豪華なキャストな割にもったいない感じがする、、、

エスター(2009年製作の映画)

3.9

ホラーにしてはかなり面白かった!
エスターの正体が発覚するまでに至る過程もハラハラドキドキが続いて楽しめた

ホラーサスペンス好きは絶対観るべき

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

複雑。考えさせられる映画。

子供を愛していると言って親権を争うけど、メイジーの気持ちを全く考えられてないバカ両親。

結局、血の繋がりのないパートナーに、両親2人ともがメイジーを託してしまう。
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.0

マルコムを無視し続けるアンナと第六感(霊感)をもつ少年
全ての伏線が回収されてて見事だった
シックスセンスってそういうことかぁ

それにしても、ブルースウィリスはハゲでもかっこいい

チェリーについて(2012年製作の映画)

2.2

話の筋がまるで見えてこない
ポルノ業界に対して多少偏見はある
でも正味現実はこんなもんだろうなって感じ。
やってる本人達は周りからの偏見に気付いてるけど気付かないフリをしてるだけ。
きっと、自分でも愚
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.9

子供の純粋って罪がないから残酷
禁じられた遊び=お墓ごっこ
タイトルは前々から知ってたけどこんな話だったのか、、、
ラストが衝撃みたいな感じで言われがちだけど、案外あっけないというか、
もうちょっと何
>>続きを読む

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.9

ラブコメディーは楽しい好き
気楽に見れる作品

ケイト・ハドソンの笑顔が可愛い
あれに惹かれない人はいない

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

期待してた程じゃなかったかな、、、
トリックがありきたり
スパイ系の映画とかの方が面白い