shinitakunaiさんの映画レビュー・感想・評価

shinitakunai

shinitakunai

映画(220)
ドラマ(0)

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

4.0

タイトルは昔から知ってるのに今更鑑賞。
なんでこんなに面白い作品を後回しにしてたんだろう

ポスタービジュアルから硬派なサスペンスみたいなの期待してたらメキシコ!おっぱい!吸血鬼!ゾンビ!で
とっても
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

インセプションの比じゃないくらい設定が複雑だった ここまで難解にする必要ある🤔???? 俺の頭が悪いのかな?と思ったけど割とみんな困惑してたのでセーフ

もう一回見るべきなのだろうか 

映像はしゅご
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.4

23年ぶりに映画館で鑑賞。やっぱりいいですね。圧巻でした。

いろいろ思い出すな〜

プロメア(2019年製作の映画)

3.8

2時間ずっとクライマックスで色彩、街並み、キャラクター、あとセリフでぶん殴られ続ける感覚でした。なんならちょっとドラッギーですらあるような。
アクションシーンは本当に痺れました!!

映像で魅せる分、
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.6

今更鑑賞

いるいるこういうビッチ
ひっかき回されて挙句なんでもなかったって切り替えられるそれ…

とはいえ、主人公の公私混同ぶりはちょっと誇張されすぎだったかな〜
仕事はちゃんとやれ〜???

「主
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.6

タイトルはよく聞くけど正直、ちゃんと観たことなかった作品の一部。ちゃんと観てみました。

霧の正体が何なのかよりも、極限状態での心理にスポットを当てられていました。

集団心理の危うさと恐ろしさ
主人
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

ここがいい!!!!大傑作!!!!!
とまでは言えないものの、おんなじような映画ないかなって探すくらいには、
この映画と同じ体温や情景の作品を見て探しちゃう。好きです。おじいちゃんがかわいい。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

『ウィッカーマン』とよく似たプロット、よく似た雰囲気で、オリジナリティ!!!!って感じにはならなかった。けど、楽しめました。



「祝祭が始まる」のポスタービジュアルはいいかんじ!

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.4

おもしろかったーーーーー

あの、チャイムが鳴ってから〜の急展開にゾクゾクしてしまいました。

うおおお、どうなるんだこれ…って
思い続けてあっという間の2時間ちょっと。

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.2

ジェームズ・ガンプロデュースのホラー映画

前情報ほぼ無しで鑑賞
「スーパーマンがもし悪い奴だったら?」というお話。

田舎町に墜落、目からビームだす、空を飛ぶ、これらのプロットや車を持ち上げたり飛行
>>続きを読む

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

園監督、よくない意味でやばい作品作っちゃったかも

誰視点で見ればよいかわからなかったし、
まともっぽい人は中盤で退場
解体シーン2回はさすがに多くて途中早送りしちゃいました

最後に映画全体のミスリ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

アメコミを代表するヴィラン、ジョーカーのオリジンでした。
失うものが無くなった彼なりのライジング

恐ろしいとか、イカれてるとかでなく
「わかるなぁ…」という痛い共感
もちろん暴力の正当化はぜったいに
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

もちろん面白い!あのピクサーだし外れるわけがない(単体で観れば)

世間が賛否両論ということで気になって鑑賞。
個人的には1からリアルタイムで映画館で観てきて、3のラストではまだ珍しい3Dゴーグル?が
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

明るくてポップな作風ではあるけど
冒頭の雪山のシーン、洞窟のシーン、クライマックスのバトルシーンなど、暗いシーンが多くてちょっと観づらかったな。
胸の光や電撃の描写を映えさせる為には仕方なかったのかな
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

およそ10年間、リアルタイムでシリーズを追っててよかった。

後半はずっとぶち上がってたしポロポロ泣いてしまった。MCUで泣いたの初めてかもしれない。

去年心をメキメキに潰された人は早く観るべき
>>続きを読む

>|