まつださんの映画レビュー・感想・評価

まつだ

まつだ

映画(181)
ドラマ(0)

(2020年製作の映画)

3.7

愛の具現化、おだやかでした

開始20分、エンドロールでも泣かされた

すごく、よかった

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.6

この映画…なんてこと……
ギリギリ理解できなかった


終始目が覚めるような展開、
内容は眠くなるような理解に困る内容で、
後半も容赦なくたたみかけてくる

抽象的なくせに、何故か全体像捉えられるの不
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

4.0

現実逃避をしたいときに見ない方がいい映画
ナンバーワン

いつも癒しを求めて映画を見ますが、
これはきつい、現実すぎた

楓と秋好どちらも歪んではいるけどまちがっていない、
見てる側としてはどちらも気
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.2

鮮烈な赤が印象的。

目を背けてしまうようなシーンもしばしばありました。
漫画原作読んでいたので、内容は知っていましたが、かなり衝撃的でした。

山田杏奈ちゃんがかわいい

はちどり(2018年製作の映画)

3.4

ゆったりと綺麗な映像でした。

パラサイト未鑑賞なので劇場初韓国映画でした。
ひとりひとりが丁寧に紡がれていて心地よかった。

消滅を感じる場面が多かった気が

静かだったけれど凄いものを見たような気
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

4.2

ズキュゥゥゥン

圧倒的ビジュアル
多幸感
癒された感
半端ない

すごくよかった、、

厚みもしっかりあって、
映像もすごくきれいだし、素敵でした。
これはおすすめできる。浸る

友罪(2017年製作の映画)

3.4

密度濃

ガツンと来る感じはそこまでなかったけれど、
複雑な関係、心の様子が丁寧に表現されていたなあ、、。

誰にだって犯してきた罪はある
周りの環境って大事なんだなと思いました

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

3.4

認めたくないけど、青春映画、、、、

ぶわぁーっときて、よく分からないまま放置された感じが好きでした。

なかなか笑った

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

こいつら、とんでもないな????????

キャスト含めスタッフ含めなにやろうとしてるんだっ

前回ほどではないけれど
疑って見てても罠にハマる

ステップ(2020年製作の映画)

3.5

すてきだった…
すごくきれいな気持ちになりました。

私の傷なんてほんとに些細だ、
出てくる人みんな強いよ、すごいよ

広末涼子に泣かされました
心がすごく澄んでいます

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.7

どうしようもなかったぞ……どうしたらよかった、誰になにができた…

叱ってくれる第三者って尊いのだなと。
今を生きる余裕がないと夢さえも見れないのだなと。

ところどころ泣いてしまいました。

歪んで
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すてきだった。。

ビジネスバトル映画かと思って見たから、やられた〜って
全然そんなのじゃなかったです。
発明家の栄光と苦悩、同じ人間なんだなって思っちゃった。

最後のエジソンとウェイスティングハウ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.9

人間……
みんなの気持ちが痛いほど分かって、色々な感情を抱いてしまう映画でした。
むかむかしたり、かなしかったり、ほっこりしたり、、ほんとにいろいろ、、

誰か悪い人はいるのかもしれないけども、その人
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

ストーリーの展開のように、映画自体も段階的な感じがした。

いろいろな出来事が複雑に絡み合って、今私はどんな場面の話をみているんだっけ?と思ってしまう時がありました。

ロバートの余裕そうな感じがすご
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.3

三谷作品だと期待して見すぎてしまったかもしれない。
それでも、おもしろかった。わらっちゃう

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

キャストに負けない内容の重厚感
正義
満足感はありました。

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.4

ギャップ……
のほほんとしてるかと思いきやホラーか…?ってなくらいドキドキするし、
ラフな感じなのに自由とか自分とかについて考えてしまった。
エンドロールもかわいくてたのしい

よかったなあ、映画って
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

なんだこの圧倒的な映画は。映画館で見たかった……
てちの演技、すごく無機質と思いきやすごくあどけなくてかわいいし、なんだこりゃ
話の筋ずっとぶれていない感じがして、すごく気持ちがいい映画でした。すきだ

サプライズ(2011年製作の映画)

3.2

ドキドキでした
覚醒していく感じがすごくよかったです

エスター(2009年製作の映画)

3.1

サイコパス、
最後までハラハラ。

思ったよりぞくぞく感はなかったかなという感じです。

ファンシー(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

奇妙で、歪んでて、でもそこら辺にありそうな。
変な感じの映画でした。
田口トモロヲ1番やばそうだなと思ってたら案の定…
窪田正孝が唯一の癒しでした。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.4

久しぶり映画館映画……
ドノヴァンの孤独すごく感じました…
キラキラした世界だからこそ、余計際立ってみえて、つらかった

でも最後はなんだか明るい気分で終わる不思議な映画でした。

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.2

極限を見た感じでした。
人間て追い込まれるとああなるのかなあと
リアル。

ワイルドカード(2014年製作の映画)

3.3

意外と普通でした。小説ではないですが、全体的にちょっと小説ぽかったです。
ジェイソン・ステイサムかっこいい。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

思ってたのとちょっと違う展開。
Netflixで見ましたが、時々ハラハラしました。5ハラハラくらい。
映画だったら10ハラハラくらいだったと思います。

思ってたより薄くて軽い印象...

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

いい感じに重くて、気分悪かったです。
展開とか最悪だし、動機も犯行も本当に最悪。
アメリカの民族について詳しくはないですが、民族の描写がすごく印象的。好

実話なのかこれ、、、えぐ、、
でもなんか好き

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.1

美しいとはいえない美しさ。
最後救いが見えてよかったです。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.6

どうしようもなく、眩しい、尊い、愛しい、
泣いてしまいました。
キラキラも苦しさももやもやも全て含まれていて、見応えありました。
キャストも全員大正解、素晴らしい。

スッキリした気持ちになれます。あ
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.6

意外と厚み感重み感ありました。
真理に問うてくる感じ…
がんちゃんの美しい顔面がゆえの怖さ感じました。
楽しく見れました。犯人意外。

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

3.9

音映画。眩しくて寂しくて儚くて、もう手に入らない綺麗さ。
想像以上に大泣きしました。
よかった…。
余韻の心地よさ過去1かもしれない。

>|