nekomoriさんの映画レビュー・感想・評価

nekomori

nekomori

映画は新旧問わず大好きです^^

映画(49)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

原作しらず。
監督に期待をしたけど、期待しすぎたかな。
うーーーん・・・漫画チックな映画だった。
話がぶつぶつ切れる感じが気になった。
良い話ではあったけど
4回泣くは言い過ぎ。
うるっとする程度で泣
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.3

試写会にて。
フランスに実際ある音楽による
Démosという教育プロジェクトを題材にした話。
こういったプロジェクトがあるのは全く知りませんでした!
フランスの闇部分である移民問題が少しからんでます。
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.5

シリーズもの集大成ってことで力のこもったラスト。
ただキャラクターが増えた分、
個々のエピソード詰め込みすぎて散漫になってた。
末期がんの花嫁の女優さん、凄いです。
そこばっか目立ってたように思う。
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.7

こてこての子供向けだと全く期待してなかったけど
予想に反して面白かった。
夏休みの冒険、美しい日本の郊外の自然はよく描けていたと思う。
結構哲学的なので大人の方が楽しめるのでは?
ただラストでいまいち
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.9

日本人には想像がつかない森林専門の消防隊の話。
あまりの規模の大きさや「火を防ぐには火だ」は
びっくりします。
大半が20代の若者で
ちょっとした時間の下ネタや悪ふざけは
ごく普通の若者たちであること
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.6

河瀬監督作品にある手ぶれ感のある(手持ちカメラなの??)画像はどうも慣れない。。。
永瀬正敏は良い感じの年の取り方をしてるなあとつくづく思う。
ラストシーンは美しいですね。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.2

こってこてのB級を予想してたらそうでもなかった(笑)
ロック様最強ーーーーって映画ですね。

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.5

試写会にて鑑賞。
どんだけ「ダメな僕」
なのかと思ったらほんとにダメ男だった!
まー、はっきりしないおこちゃま男じゃん!
そりゃ彼女だって別れるだろうなあ・・・
(事件の前別れてるから正確には元カノ)
>>続きを読む

北の桜守(2018年製作の映画)

3.0

親が老齢なぶんいろいろと心に迫るものがありました。
良い作品だと思います。
ただ、吉永小百合がどんなに若々しいとはいえ
阿部寛が旦那さんで小学生の親という
若い時代には違和感しか感じなかった。
声や動
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

2D字幕版試写会。
さすがスピルバーグ!すげー!すげー!すげー!
めっちゃ面白かったーーー!!
ひっくり返したおもちゃたちが一斉に騒ぎ出す感じ?!
リアル80年代を過ごした40代50代ならめちゃくちゃ
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.8

ドキュメンタリーかと思うような生々しい描写。
過激とも思える戦い。
フランスの闇を見た気がした。
切ないラスト。
真っ赤なセーヌ川。
無音のエンドロールが余計切なさを感じさせられた。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

まばゆい緑、水、青空、音楽。
色白で伏し目がちな少年とマッチョで都会的な青年。正反対な二人が徐々にひかれあう姿、ゆったりと流れる時間すべてが美しい映画だった。
人を愛することに性別は関係ないし、それを
>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.9

舞台挨拶付きで。
原作・アニメともに観ずに鑑賞。
ひたすらイケメンを愛でる映画だな~。
完全女子向け?!(客層ほぼ女性だった)
漫画実写化にありがちな「人物を深く掘り下げない」ので
いまひとつ主役以外
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

そんなまどろっこしいことしなくても始末できるじゃんって
いろいろ突っ込みどころ満載(笑)
列車内の迫力ある感じはでてるので
飽きることなく見れました。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

試写会。深読みの深読みしてたので騙されませんでした(笑)
それでも2時間楽しめました。
タイトルの意味にはラストで納得でした。
キャスティングは見事にはまってた気がします。
斉藤工と北村一輝は存在感大
>>続きを読む

>|