NeNeさんの映画レビュー・感想・評価

NeNe

NeNe

忘れんぼなので記録用。
ネタバレじゃないかもしれないけどネタバレ有にしときます。
サスペンスが好きです。ヒーローが苦手です。

映画(64)
ドラマ(0)

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.2

あ〜黒沢清の映画観てんな〜〜ってしみじみしちゃう撮り方。
女が女っぽくて、そこはちょっと個人的に嫌。でも俳優みんな良かったですよね。2時間があっという間。

最後の方はしんちゃんの無垢な言葉にいちいち
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

後半まであまりスピード感が無かったからちょっと期待がはずれたけど、マカヴォイさんの変化をよく観察出来て良かったのか。

おばあさんがだんだん追い詰めていくってのは新鮮でよかった。

女の子の過去が悲し
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

5.0

どの母よりも母だったよウォンビン………

ウォンビンの尊さも血みどろアクションも少女との涙も悪役のキャラ立ちも全部良かった……

ウォンビン………

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.0

百聞は一見に如かず、です。レビューを読んで吟味するより、観た方が早い。

ドッグマンという店のトリマーだからどうこうって映画ではない。
罪人でも、犬にとっては主人でしかない。
犬がいることで、偏見に満
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

4.0

6歳&7歳と鑑賞。こどもたちは飽きずに楽しく観ていました。

CGの人間はちょっと気持ち悪かったけど、ポケモンはめちゃくちゃ可愛かった〜!今まで観てきたピカチュウのなかでいちばん可愛かった。石化したピ
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

4.3

これは良い胸糞ワルワルですね。

頭空っぽにしてブンブン振り回されるのを楽しむ映画。
なんで?!とか考えちゃだめ。

何かと気にかけて飯食いにくるおまわりさんが渥美清みたいで良かった。

メランコリック(2018年製作の映画)

4.7

予告やポスターから期待するものとは全く別のものを観せられたけど、予想できないくらいの喜びで映画館を後にしました。

狂気!シリアス!殺人!血!暴力!生首を持ってこい!なーんて鼻息荒く非現実を映画に求め
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なにかが 残念。
80年代の子供達が事件に巻き込まれ系がもう私のなかでは感度が振り切れてしまっているからかもしれない。それはいわずもがなストレンジャー・シングスが最高過ぎたからなんだろうな。

「連続
>>続きを読む

バレット・ヘッド/キラー・ドッグ(2017年製作の映画)

1.0

犬犬犬犬(犬犬犬犬)

悩んでばっかり人生を
犬見たり 犬見たり ライト レフト
犬見たり 犬見たり 陰 陽
犬見たり 犬見たり 明 暗
犬見たり 犬見たり LOVE DEATH

ボーダーライン(2015年製作の映画)

2.5

ヤクザの抗争モノとか誰かに相関図を解説してもらわないと理解できないタイプの人間なので、こちらは苦手なストーリーでした。誰が敵で誰が味方なのか訳わかんなくなって置いてかれてしまうやつ。


冒頭の死体ハ
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.5

3D吹替で観ると最高に没入できるらしいと観終えてから知りました。
普通に面白かったから、いつか3Dで観てみたい。ただ鑑賞方法で良し悪しが分かれる、ってのは"映画として"どうなんだろう、とは思うけど。
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

すごく美しい画のなかで、静かに壊れていく人生をただ傍観する。苦しくて心が泡立つ。
次第に、この空気はかつてわたしが子供だった頃にも感じたし、この妻はわたしかもしれない…と思えてくる。
ずっと崖の淵に立
>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

4.8

めっちゃ好き。食べ物で例えたら「夏野菜シーフードチキンカレー・ナン食べ放題」って感じ。

動物が全部かわいい。
カメラワークが悶えるほどかっこいい。
ありとあらゆる音が最高です!!!!!!!

赤ちゃ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

仲良し3人組が当事者だった、と観終えたあとに知りました。まじか!!!

旅行中は自然体の若者、って感じですごく良かった。いくら本人でも、演技出来ちゃうことがすごい。
わたしがわたし役をしたとしても、全
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

この作品のテーマ、「伝えよう・対話をしよう」みたいなのがとても好き。

はじめっから錯覚させられて、思い込みのままに泣きながら観ていた。自分の子育てで、子供と意思疎通出来なくて苦しかった時期とか思い出
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

4.0

おじいと兄妹3人がヘロヘロなってお店まで戻って来てカップラーメンを無言ですする。そこに女の子が出て来てみんなが思い思いに店のもの食べさせてあげるあの不思議なシーンが大好きで、泣いてしまう。

自分の血
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.5

最後の最後、ソン・ガンホのアップすごく良い。

美しく撮ることが徹底されてる。ゴミの山に登って立ち尽くすシーンなんて、ほんの数秒なのにめちゃくちゃかっこいい。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

割と長尺だけど長さを感じずイッキに観れた。最後まで犯人がわからず、容疑者みんな不審過ぎ気持ち悪過ぎで良かった。
ストーリーは見飽きた感があったけど、役者陣の良さが炸裂してる。

ブチギレしてるヒュージ
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

2.8

みんなキャラ立ちしてて素敵だったし、良い下克上だったけど、いまいち物足りない感じ。

寿司屋のまったりシーンとか、上層部に進むにつれてガードがぬるぬる手薄になってくのとか、ラストに向けてこちらの気持ち
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

辛くなるかな、と思いなかなか観れなかった作品。観てみたらそんなことはなく、もっと早く観れば良かった。

主人公が悲しまないから、リアリティは感じられず、終始おとぎ話のようだった。妻の死に関してはそれが
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.0

2時間弱によくまとめたなぁ、という印象。ハラハラするシーンもあり泣けるシーンもあり、でもオチはわたしは好きじゃないかな。

サイコパスたちが見ている風景がどんなものか見たかった。

こどもたちと行動す
>>続きを読む

サバハ(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

コクソンとか沈黙とかチェイサーを観た後の虚しさを思い出した映画。

もっと悪霊?と闘うのかと思ったけど、そっち路線じゃなかった。やっぱり恐いのは人間。

ラストの【ただ寒い】ってのは、抽象的だけども、
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

5.0

わたしが塚本晋也監督の映画が大好きなのは、伝え方が正しいと思うから。

涙で個人を癒すことはできても、世界は変えられない。
痛みと恐怖と嫌悪感から学ぶことがある。

敵兵を内緒で生かしたり、友人をかば
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

5.0

極限のエンターテイメント!!!!

現実と虚構(舞台)をワンカット長回しが往き来する。慌ただしく起こり収まるトピックスとワンカットの臨場感とそれを伴奏するドラムが血圧を上げてくる。

この映画のすべて
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

2.0

ホラーのごった煮。
ヤク中がどんどん良い男になっていっていつのまにか惚れてました。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.6

わたしはこの映画、めちゃくちゃ好き。
死体が万能でしゃべるし、遭難君は造形センスありすぎるし、おかしなところばかりだけれど、マスターベイションを拒絶するのはおかしいよねってくだりの説得力が好き。
誰か
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

2.5

殺し屋界の専門店がそれぞれ雰囲気あって良い〜〜
銃アクションがスマートでかっこよい〜〜
キアヌを楽しむ映画〜〜

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

2.5

キアヌの無双を楽しむ映画。情け無用で殺していくのが爽快。

殺し屋ホテルの雰囲気が良いです。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

青年たちそんなに悪い子たちじゃなくて泣いてしまったよ。冷静に考えると映画の構成は奇跡体験アンビリバボーとおんなじなんだけど、それぞれの心境で語られてこっちの心がごちゃごちゃに掻き乱される。
若い頃特別
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

こども5歳7歳と鑑賞。
ふたりとも飽きずに観ていた。
わたしは号泣。

想像力は未来だ!人への思いやりだ!それを諦めた時に破壊が生まれるんだ!

このドラちゃんのセリフが、たくさんのこどもたちに届くと
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

村上春樹の原作「納屋を焼く」を読んでから鑑賞しました。

「納屋を焼く」は骨でしかなく、肉をまとい、地に足がつき、静かに走りだした怪物がこの映画。
劇中の光、夕暮れ、鳥、空気が、神様が当たり前のように
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

すごく泣いたけれど、たくさんのひとから大絶賛されるような映画かな?ってのが率直な感想。
すごく泣けるから、大絶賛されるのかな?


個人的には、5次元でモールス信号を送るシークエンスがいちばん素晴らし
>>続きを読む

>|