nemooomさんの映画レビュー・感想・評価

nemooom

nemooom

映画(1049)
ドラマ(2)

コスモス(2015年製作の映画)

3.3

グリーンピース、
映画だから許せるけど自宅でやられたら
女主人化するの間違いなし。

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

発端がフェミニストへの
腹いせからくるものだったとは。

犯人のフェミニスト、フェミニズムへの
勝手な解釈がすぎる。

自分もまだまだ理解が浅いが
そもそものフェミニズムへの
解釈と先入観が
歪みすぎ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.9

真面目なんだけれど
クスッと笑える。

後半のワサビが
アボカドペーストかってくらい
のっこり乗せられてるのが…笑

虚しく手招く招き猫も
可愛かった…

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.9

先入観って邪魔だなと思う一作。

垣根をひょいと乗り越えちゃう
軽やかさって時には必要なのかも。

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ベラが心を寄せていた人に
泣かされている時に
アルフィーがかけた言葉が
自分の父と同じセリフを
吐いていてデジャブかと思った。

イングリッシュガーデン

一言で言うには
もったいないくらい
作り手か
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

3.5

鬱状態のジャスティスが
滅亡に向かって解放されゆく様が
話の筋は違うけれど
かぐや姫みたいに見えた。

クレアが息子と逃げようとするシーンで降るものが雨ではなく雹なのも
異常さがより際立っていたように
>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.7

親という立場に甘んじていてはいけないなとつくづく感じた。

メイジーは6歳の心で
色々なことを感じているのに
両親はあくまで自分の事が一番。
子育てに過度な自己犠牲を払う必要はないと思うが、都合良くふ
>>続きを読む

心中天網島(1969年製作の映画)

3.8

映画というよりアート

冒頭シーンから
とにかくビリビリした

昔と今を比べるのは
好きではないが
映像技術は今の方が進んでいるのかもしれないがアナログな方が逆に新鮮に映る

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ロードムービーで
こんなにわくわくしながら
観れた作品はあまりなかったかも。

初めてのテレビ出演で
お母さんとお父さんが
現れるタイミングが絶妙。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.7

ラブコメって言うと
チープになる気がするから
ラブコメに分類したくない感じの作品。

LGBTを
大袈裟ではなく
ふとした瞬間で捉えているのが
好感が持てるなと感じた。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.6

むわーーー

ふらふらと会いたい人に会ったり
クラブ行ったりキャンプとかね
今できない事が詰まっている〜

嘘ついたりつかれたり

男女問わず3人ってきらいだ

選ばれても選ばれなくても

>|