ちひろさんの映画レビュー・感想・評価

ちひろ

ちひろ

映画(173)
ドラマ(1)
アニメ(0)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

-

内容がくだらなくてすばらしいのは勿論…
アニメーション、アングル、どれも素晴らしくてびっくりしてしまった~

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

悲劇すぎる・・・
主人公に同情・・・

無頼(2020年製作の映画)

-

場面の移り変わりがはやく、不思議な映画だった。
昭和を振り返るには良い映画ではないでしょうか…。

バブル(2022年製作の映画)

-

映像やひとつひとつの描写が綺麗すぎてストーリーがあまり頭に入ってこず。。
小畑健のキャラデザが活きている。

星の子(2020年製作の映画)

-

クラスの友人や保健室の先生がなにかを汲み取りながら会話しているのがやさしい

"宗教"と聞くと一歩引きがちな日本だけれど、宗教自体が人の拠り所であることを忘れてはいけない

途中に出てきたアニメーショ
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

シャイニングのオマージュがちらほら…。
最終的に幽霊を説得し解決、幽霊に"あきらめないこと"の教訓を得ることで完結する物語ってなんだ…?
ティーン向けの教育ホラー映画かも…。

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

-

安定のクオリティで安心して観ていられる…サイコホラー要素の少ない今敏監督の作品もナイスすぎ…

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

-

対話というものにしっかりと言葉の輪郭が見えてうれしくなってしまった

犬神家の一族(1976年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

夫人に問い詰める場面でのカメラワークが非常に好みだった〜

小さいおうち(2013年製作の映画)

-

2度目の鑑賞…
当時の人の在り方を想うと、とても悲しく美しい
倍賞千恵子の声、だいすきだ…

あの頃。(2021年製作の映画)

-

フィクションだったら…と願いながら観てしまった…

パターソン(2016年製作の映画)

-

人の生活を覗くのってかなりドキドキする、すこしの習慣の積み重ねが実はすごく大事だったりすることってあるよなあ、という気づき

blank13(2017年製作の映画)

-

物語より事象に近い。
亡くなってから気づくことの方が多いのは確かだなあ・・。

プロメア(2019年製作の映画)

-

アニメを観るたび毎度思うが、これを1コマずつ手描きで描いていると思うと恐ろしすぎる…この映画は特に…。脱帽…。