うたた寝さんの映画レビュー・感想・評価

うたた寝

うたた寝

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.8


しんだひとへの向かい方 送り方 ひとそれぞれでどれも間違ってない そうであってほしい 常識から外れていても
花火師のタクシー運転手のおじちゃんが言ってた
結局残されたひと側の話ですからね ってそう
>>続きを読む

雨水(2021年製作の映画)

3.6


餃子一緒に作るシーンすき

誰かのために本気で怒れるって ほんとにすげーよっておもう

シュレックの愉快なクリスマス(2007年製作の映画)

4.8


声優さん変わっててどこの関西人…?ってなったけど みんなわちゃわちゃしてて かわいかったです
ドンキーのウザさ加減がもはや安心するレベル
相変わらず曲選がいい〜

それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ(1992年製作の映画)

-


ビデオ擦り切れるくらい観ました
歌めっちゃ覚えてるし なんならセリフも覚えてます

恋空(2007年製作の映画)

-


キャメル色のカーディガンって ギャルだったな…という記憶

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.8


"普通ってなに?"とか" 案外知らんものよな" とか
そうなんだよ わからないことだらけでさ わかったフリもできなくてさ

吐き出し方がわからない ぶつけ方もわからない
自分が一番不幸で 愛が嫌にな
>>続きを読む

裸足で鳴らしてみせろ(2021年製作の映画)

4.2


スポットライトのような光を見つけるたび どこへでも行けるって 行かなくともきみとなら大丈夫だって おもう きっと 一生

あーあ 響くカセットテープの音
磁場に負けじと抱き合ってたのに 世界を旅した
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.3


すきなもの ずっとすきって最強だよな

ミー坊はやさしい 否定しない 真っ直ぐでかっこいい

ヤンキーたちもかわいい とにかくキャンキャンしててかわいすぎる
ギョギョおじさん ふつーに心やさしい不審
>>続きを読む

アイヌモシリ(2020年製作の映画)

3.8


山の神様 川の神様って みんな最初は同じこと言ってただろうに

幹人くんの眼差し チビの瞳 どちらも真っ直ぐで鋭い

誰かにとっての神聖が 誰かにとっての非常識で
誰かにとっての決まり事が 誰かにと
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

4.2


なんで女ばっかなんだよって 理不尽さにキレる
生理だって 妊娠だって 中絶だってそう
それを男にキレても仕方ないのもわかってる でもでも なんでなんで

母親になる恐怖 痛いほどよくわかる
自分に何
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.0


仲直りのケーキ なんなんだ かわいい〜
ふたりのソファーでだらだら ずっとみてられる〜〜
足乗っけあってたり 来てる服 ふたりでちぐはぐとか とにかくかわいい

ただの無邪気な殺し屋なだけで そう
>>続きを読む

とおいらいめい(2022年製作の映画)

3.6


"どうよ 若くして死ぬっていうのは"
"んー 死ぬのはみんな 平等ですからねえ"

死ぬのがわかっているのにどうして生きるんだろう

あきらめるのが正しいだとか 受け入れるのが間違ってるだとか ど
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

3.7


じゃあねではなく またね またね って
とても短すぎる夏だったね

久ちゃんかわいいな なにそのサバの歌
ひとつずつ 自分をみせていく竹ちゃんもまた かわいらしい

キャストが濃いのと キャラが濃い
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.0


お互いが不安定でぶつかり合って 不協和音がギンギン鳴り響く

むしろ他人だったらうまくいくんじゃないかって 死ぬほどおもったことがある
母は母で 子は子なんだ
愛されたいからさ もがく ひとりで生き
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

4.3


幼なじみの共闘 とても胸熱でした

"君はヒーローになれる"
そのセリフも ましてやサントラ聴くだけでもう涙腺バカになるのやめたい

女優 原田ヒサ子(2019年製作の映画)

3.8


ヒサ子さん きれいだったな
あたたかい親孝行 おばあちゃん孝行のかたち

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8


メモを残したということは 別れを告げられたということ
そして彼女は戻ってこないと知っているからこそ ずっとずっと待っていたのかな
もしかしたら もしかしたら…って あるじゃん 誰にでも

そこに彼と
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

4.0


"こんな嫌な めでたい日はない"

自分にとってつらいことを 他人には言わない
伝え方を知らない 伝えてもわかってもらえない どうしたらいいかわからない もうどうでもいい どうにでもなれって
ひとを
>>続きを読む

一夜二糸(2020年製作の映画)

3.6


コインランドリーで飲み交わすお酒 ヨカッタな

あなたもわたしも何も欠けてはいない
タイトルがいい 糸は紡がれるもの

愛なのに(2021年製作の映画)

3.6


"愛を否定すんな"ってパンチ サイコーでした

浮気やら復讐やらで 出てくる愛が不透明なものばかりの中 岬ちゃんの結婚してくださいの手紙が とてもきれいなものにみえた

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.8


どこまでも開放的な景色とは裏腹に 閉鎖的な街に息が詰まりそう

ずっと一緒に居たから 傷つけたい訳ではなくて ただ苦しくて 離れたい訳じゃないから
ソールがクリスティアンにしたおでこのキスは またね
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.7


現実とネットの中 どちらの自分も本物で偽物
エヴとおじーちゃん 交わした視線

ハッピーエンドは誰が決めるのだろーね

映画チーズ・イン・ザ・トラップ(2018年製作の映画)

3.3


きっとドラマを観たほうがよさそう〜

ふつーに赤レンガ男 こえーよ 殴んなひとを

ぜんぶ、ボクのせい(2022年製作の映画)

3.6


"貧乏でも 金持ちでも 死ぬ権利は平等なんだよ"

まともな大人がひとりも出てこない
母を求めた3人 夢でもし逢えたら

紛れもないおとーさんだったんだよ
ゆうたくんの眼が忘れらんないよな

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.8


誰しもがこの自分勝手を知っていて
あの"いつか許してほしい"を 願ったことがあって
だから あーあって おもう

ひとりのまたはふたりの男のエゴに 苛立ちや嫌悪を抱くのは あなたがわたしがとても人間
>>続きを読む

おそ松さん ヒピポ族と輝く果実(2022年製作の映画)

3.8


もう六つ子だけで生きていけるじゃーん
6人でいいじゃんね ずっと

狩猟担当の長男次男 もんぺのチョロちゃん 実は一番真面目な一松 日焼けしないトッティ セルフ野球している 無人島には野球選手持っ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3


あーあ 家族ってなんだろうな
血が繋がってりゃ家族か 本当にそれだけなのかな

たしかに過ごした日々は 間違いではなかったから
だってあの笑顔は 抱きしめてくれた温もりは 嘘ではなかったから
ってわ
>>続きを読む

ほとぼりメルトサウンズ(2021年製作の映画)

4.6


なになに この映画〜〜〜〜〜!って叫び出したかった
竹さんもコトちゃんも山田もひろ子も みんなみんなサイコーだったよ

こたつに入って素麺 ろうそくの中での人生ゲーム
5時のチャイムは 心がやさしい
>>続きを読む

>|