ねんまにさんの映画レビュー・感想・評価

ねんまに

ねんまに

映画(127)
ドラマ(7)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.9

各シーン一つ一つに凝ったギミックやイベントがあって飽きさせないリッチな作り。さすがに映像は古くささを感じさせる部分もあるものの、ファンタジーならではのわくわく感がそれを補って余りある。
ストーリー自体
>>続きを読む

マッキントッシュの男(1972年製作の映画)

2.8

昔の映画だから仕方ないのかな?でもそれにしてもきついな?!という複雑怪奇なストーリー構成と、謎のタイトルでした。
まあ、車が転落していくシーンだけは当時にしては頑張った感じがありましたが…

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.8

あんなに調査せずに殺人犯に決めつけられちゃうことある?と思いましたが、時代背景を考えると黒人差別によるものというメッセージが理解できました。
最後の展開は驚きではあったけど、その設定なくてもよかったの
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.1

構成が悪いのか僕の頭が悪いのかは分かりませんが、特に序盤は点で繋がれ過ぎてる感じがして何が起きてるのかを捉えづらかったです。
後半のシーンは演出的なリアルさでライト少な目&暗視ゴーグル視点にこだわった
>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.6

山にとりつかれて狂気の域にまで達してしまった人たちのドキュメンタリー。すごいけれど、なんでこんなことをするのかは凡人には分からないです。だからこそ興味をひかれる

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

ジョーカーの泣き笑いやダンスなど、その手の演出は臭いけど好きだし、言わんとすることも分かるのですが、でも個人的に抱いているジョーカー像はもっとカリスマ的で常人の理解の及ぶところでないと思っていたのに、>>続きを読む

美少女戦士セーラームーンR(1993年製作の映画)

3.1

まあこんなもんかな、という感じ。ここからウテナにつながっていくのは分かります

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.1

大した謎は何もなく、生中継という構成もそこまで効果的に機能してなかった。全体的に退屈。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.4

アベンジャーズはここから始まったのか!という意味ではファンとしては押さえておきたい作品だが、主人公が記憶喪失で何もわからないことを視聴者にも強いる構成のせいで前半が退屈すぎるという問題が…。あと、フュ>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.7

ちょっと天才的に面白かった。エンドゲーム後にはどう頑張っても、まあまあな作品にしかできないはずなのに…。今後への伏線もあり、フェイズ4への期待が非常に高まる素晴らしい作品でした。ありがとうございます。>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

クイーンのことを何一つ知らなかったので、すごいなあと思いつつロッカーってこんなもんなのかなあと思いました。主演の人がたぶんすごい気がする

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.5

これは実話がすごいのであって、見せ方はそこまでうまくなかったかなーという印象。スピルバーグってホントにあれですよね…

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.5

なんでこんなに悲惨なのか疑問になるような話だった。特にミリオンダラーは得ていないようでした

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.9

非常に美しいお話でした。でも、ナタリーポートマンという天才子役がいなければ成立しないという難しさがありますね

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

あまりにも持て囃されて反発したい気持ちはあったが、素直によかった。家族ドラマも詰め込んだのがよい。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.9

高さという恐怖を丁寧に描いた演出が見事。まあでもそれ以前に、これはもうこんな狂った男がいた時点で凄すぎた。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.3

原作知ってるし微妙かなー、と思ったけど四畳半の湯浅監督なので見た。秋のミュージカルや、冬の風邪の蔓延の演出が面白い良い映像化でした。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.7

10年以上かけてシリーズを作り上げるというある種の賭けにマーベルスタジオは勝ったということでしょう。どうしようもないレベルで面白いし、感情移入度も高すぎた。でもこのあとのフェイズ4はどうするんだろうと>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

序盤の展開に前作のような軽妙さがなくてちょっと退屈だった。アクションも、みんな小さくなったり大きくなったり空間すり抜けたりして、状況がつかみづらいです。だいぶ頑張ってるとは思うのですが。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

どんどん仲間が揃っていくところは面白いが、あくまで前後編の前編という感じ。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

このタイミングでなぜこれをぶっ混んできたのかよく分からない。アフリカを舞台にしつつ韓国を登場させる作品が必要だったのかもしれませんが、内容は凡庸でアクションやヒーロー性にも面白い点はなく退屈だった。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

うーん、無理やり作った三作目という印象。色々事情があるのでしょうが、アベンジャーズシリーズという風呂敷を広げた以上、途中で俳優の都合がつかなくなって無理やり劇中の人間関係をねじ曲げるようなことはしない>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

新シリーズということでまたクモに刺されるところからかな…めんどいな…と思ってたらまさかこんな繋ぎ方とは。スパイダーマンの時点で既に面白いのに色々なサプライズがあってよかった。子供を通じてトニーも成長し>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

アベンジャーズシリーズはどれも満遍なく面白いが、これはその中でも頭ひとつ抜けてる。ほぼ完璧なお手本のようなシナリオに、魅力的なキャラクター、ビジュアルの見せ方もセンスが素晴らしい。さらにはクレジットま>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

タイトルから想像してたのは緊急病棟24時的な話だったのですが、まさか魔術とは!戦いや設定の幅が広がって、シリーズに更なる深みをもたらしたので良いのではないでしょうか。でもバトルはルールが分かりにくく、>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

うおお、非常に熱く悲しい展開。これまでのような癇癪持ちたちの内輪揉めと違い、理由に納得感がありシナリオもシリアスだったので嫌な感じはなかった。豪華なメンツによる共演で、ソロ作品とアベンジャーズの垣根が>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

ヒーローが義賊というのはよくありますが、普通に犯罪者というのが面白かった。小さいサイズでのアクションって地味というか、侵入くらいにしか使えない能力じゃんと思って見始めたけど、拡縮を切り替えながら蟻と一>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.7

廃業したアイアンマンが復活してるし、ソーがなんでいるのかわからないし、シールドが壊滅したことへのコメントはないしで置いてきぼり感が強い。また仲間割れしてるところからだしちょっと微妙だった。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.9

アウトローで超人能力もないヒーローという一味変わった設定が良いバランスで、アベンジャーズシリーズのいいスパイスになっている。仲間も個性的だし、地球が一切出てこないのも斬新。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.9

意外なシナリオでかなりよかった。単品の作品というよりほぼアベンジャーズなので、キャプテンアメリカに感じていた地味さが薄れたのも好印象。それにアクションの見せ方もだいぶこなれたのか、シールドを使った戦い>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.3

最後まで頑張って見たが、結局話は盛り上がることもなく雑に終わった。フロドほど主人公として機能してないキャラも珍しいのでは。みんなに自分がしたことを正直に告白しろよ。何を称賛受けて誇らしげな顔してるんだ>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.6

直列世界を行き来して戦う演出はかっこよかったのですが、若干わけの分からない部分もあって見辛かったです。ロキが何を考えてるのかいまだにわからないところは良い。

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

3.6

白黒だしプロットも単純なんだけど、思わずほっこりしてしまうのは演出の巧みさなのでしょうか。ラストシーンまではかなり凡庸なので途中で挫折しないように気を付ける必要があります。

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.8

シリーズの完結作としては良い内容だと思うけど、このあと結局アベンジャーズには登場するわけで未視聴の時点ではその矛盾が解消できるのか心配です。ただ監督が変わった影響なのかな?1も2も、無関係の市民は絶対>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.9

こんな個性豊かな人たちを集めてもまとまらないのでは?と思っていたので、前半でそこをきっちり描いてくれたのは良かった。まあ規定路線的な感じでだるさもありましたが。ハルク勝手に理性ついてきてるのずるくない>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.5

スーパーマン的な王道のヒーローすぎてわくわくは少なかった。普通の人間との違いも説明が少なく、すごい筋肉ステロイドを射った人にしか見えないので、たぶん弱いと思う。最終的な運命は気の毒でしたが…。

>|