煉屋Bananaさんの映画レビュー・感想・評価

煉屋Banana

煉屋Banana

基本SF映画好きです。映画の誤った解釈もありますが、自分の鑑賞記録として、鑑賞時の気持ちを思ったまま自由に綴ります。

映画(114)
ドラマ(0)

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.5

「LION」を鑑賞した時にも思ったけど、日本に生まれて本当に幸せなんだ思う。

来る(2018年製作の映画)

3.2

鑑賞後の感想は正直疲れました。

過去に「リング」を劇場で鑑賞をした恐怖体験から、その後は特に邦画のホラーは避けてきました。でも、色々とあり本作を鑑賞。
本作、リングの様なホラー映画ではありませんでし
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

自分達の活躍により焼失を防いだ大木の前で、チーム全員による組体操(ピラミッド)の記念撮影。この映画で一番好きなシーン。体育会系の悪ノリ。
でも一緒に仕事をする人との関係が仕事だけのドライなものだったら
>>続きを読む

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.0

「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマーが出演。たぶん彼が主演でなければ観なかったと思う。
ストーリー等で特筆する事は特に無し。自分に向き合う哲学的な話し。
それとは別に、アーミー・ハマーが段々と極
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.3

「この映画は面白いけど、火薬が無いからあなたにはつまらないかも」と言われていた映画。
けど、私も鑑賞してすごく面白かったですよ。火薬がゼロでも。

映画の始まり、桜の花が満開の桜並木から印象的に始まる
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

4.0

とある雑誌の映画紹介で、本作を紹介している記事を読んだ。それ以来、ずっと観たいと思っていた映画をついに鑑賞。
雑誌には京マチ子さんの演技が凄い!目の表情で人の業を表情しているとあったが正にそうだった。
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.5

ほっこりとする映画。
毎回妻の死に方を見てクオリティの高さに素直に笑えた。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.8

人は生まれ落ちた瞬間は何一つ傷のないピカピカの状態だ。しかし、生きていくうちに次々と傷だらけになってしまう。そして自分が嫌になってしまう事もある。
今の抜け出せない状態をどうにかしたいと必死にあがく。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

歌が流れる度に鳥肌の連続。そして、映画のクライマックス「ライヴエイド」、まさに自分がそのライヴ会場に立っている感覚で大興奮。ライヴエイドでQueenが「伝説のチャンピオン」を歌い始めた時には、歌詞に気>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

5.0

鑑賞中、なんでもっと早くにこの映画を観なかったのかと何度も後悔する程面白かった。

映画は、前半を誘拐事件が発生し三船敏郎が苦悩しながらどの様な決断をするかのヒューマンドラマ、後半は誘拐事件を捜査する
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.8

女優の片桐はいりさん。彼女は今でも趣味で映画館でもぎりの仕事をしているらしい。その映画館の仕事仲間達と映画を観に行くのだが、昔トップガンがすごく話題になった時、もぎり仲間達とトップガンを鑑賞に行った。>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

巨大ロボと巨大怪獣の戦い。前作を鑑賞していたがすっかり忘れていた。
ストーリーは置いてけぼりでも巨大ロボが戦うシーンを観れただけで良しとする。
2回目の鑑賞は無いと思う。
菊池凛子の制服姿が凛々しかっ
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.5

登場人物みんなが病んでいる。いや、疲れていると言った方が適切かも。

それぞれが思い描く様な生活を送れず、将来に不安がある。上手くいかない事が続き、段々と諦めの気持ちが大きくなってしまう。そして、そん
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

4.0

あなた様の噂はかねがね伺っていました。
私も早くあなた様にお会いしたいと思う気持ちはありました。しかし、どうしてもあなたに会おうとする一歩が今まで踏み出せずにいたのです。
だって、あなた様はとても御年
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

登場人物、みんな嘘つき。でも鑑賞後はすっきり。特筆する事は無い映画。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.7

絵画に対し専門的知識が無い私でも、映画に使われている絵画がすごくゴッホが描いた絵の様に観えた。
絵の具が盛り上がっているボリューム感、一本いっぽんが太い筆すじ。奥行きの無く輪郭がしっかりしているところ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.3

やられました。正直それほど期待をしていなかったのに最後は期待を裏切る面白さ。鑑賞後唸ってしまいました。
映画の前、中盤はすべての登場人物のクズっぷりに不快感で一杯、しかし、最後の10分間で映画の印象が
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.0

不思議でダークなミュージカル映画。
夜中に鑑賞を始めたけど疲れから途中で寝落ちし、翌日再鑑賞。
ラ・ラ・ランド等のミュージカル映画とは違い、歌う曲はひと時代前のロック調。こういうミュージカルもいいかも
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.3

松坂桃李はだか祭!
いきなり冒頭から、桃李さんのお尻が丸出し。そして、最後まで桃李さんのはだか!ハダカ!裸!びっくりとエロの連続。

セックスというのは、相手を思いやる気持ちで成り立つものだと思った。
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

安定のクリント・イーストウッド映画。
最後は胸が熱くあるものがあった。

でも、「アンビリーバボ」や「仰天ニュース」に出てくる再現映像を巨匠が映画にしたような…。
事件の過程より、登場人物の生い立ちに
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

脚本家を中心とした映画に関わる人達の映画愛を感じた。
ストーリーは今時の映画に多い奇想天外や伏線回収などは特にないもの。だから、つまらなく感じる人は多いと思う。単なる純愛映画で陳腐なものと言ってもいい
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.0

ストップモーションアニメで作られた映画。一コマ一コマずつ作られたことを思うと大変な作業だと思う。
何故、実写で映画を作らず苦労が多いストップモーションアニメでわざわざ作ったのかを考えた。

一つは、子
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

私の友人に同性愛者がいる。高校生からの付き合いなのでかなり長い付き合いになる。身近に同性愛者がいる事が免疫になっているのか、私は同性愛について差別的な目で見たり嫌悪感を持つ事がない。たまたま好きな人が>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

本作鑑賞後、次の映画をはしごしようと気合いを入れてDVDをスタートしたところ台風でまさかの停電!欲求不満で暗闇の中、本作のレビューを書き込み。

前作は個人的な事情の中劇場で鑑賞。前作が面白かったので
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

2.5

出てくるセリフが哲学的というか人生の生き方を示している様な言葉が多く唸る事が多かった。結婚式での叔父さんのスピーチ、隣人のおじさんとの何気ない会話、女友達ミミとのセリフなど。
でも、ストーリーには共感
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.5

見始めて30分くらいは、しまった!この映画はハズレだ!!と思った。しかし、だんだんと面白くなってくるんですよ!タイトルの「big sick」、つまり大病が始まってから。
ストーリーは先の展開が予想でき
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

傑作〜出来ばえのきわめてすぐれていること。また、その作品。

ある辞書を引くと「傑作」についてこの様な説明がある。
本作も傑作と呼んで充分いいと思う。
男女差別を感じている人、世のしがらみに怒っている
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

何度も映画やドラマで作られてきた名作。
過去の別作品を観たことがあるので結末は分かっていた。結末はあくまで個人的な主観ではあるがこれで良かったと思う。

罪を犯す事は当然悪い事で、法に照らし罰せられる
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.7

ホドロフスキー監督の映画を初鑑賞。
衝撃でした。
先鋭的な舞台や抽象画を見せられている様な映画だった。
全てが10か0の極端に振り切った表現で中間の5は無い。そしてその10の表現は隠喩であり全てに意味
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

この映画は、まさに子供の時、心をときめかして見ていた戦隊もの(〇〇レンジャーのこと)である。大人のハリウッド版戦隊シリーズ。

「IMFレンジャー」として勝手に名付け、それぞれにカラー付け。
・トムは
>>続きを読む

王立宇宙軍 オネアミスの翼(1987年製作の映画)

3.8

約30年前の映画。スタッフをエンドロールで見ると錚々たるメンバーが作った映画だった事が今更分かる。
ロケットを打ち上げからの15分にこの映画のテーマが全てが詰まっていると思う。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.0

困っている人がいたら助けてあげる。助けてもらった人は素直に助けを借りて感謝をする。そんな当たり前の事ができなくなった世の中だから、映画に出てくる人達の善意が素敵に見えてしまうのかも。
以前自分自身にあ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

Eテレのストップモーションアニメをよく観るけど、映画館で上映する作品だけあって完成度が凄いなって思った。(当然、時間的な制約、予算、人員が桁違いだけど)
これだけ細部にこだわり、長編のストップモーショ
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.0

兎に角アクションを観たいならこの映画。派手なアクション映画を観たくて本作を鑑賞。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

面白かった!ぜひ映画館で観る映画です。

平日の朝イチ上映で地方の映画館での鑑賞だったのにすごい人。それだけこの映画の人気と関心の高さが分かる。
ストーリー等については書き込みができないけど、映画を観
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.2

ストーリーとは関係ないけど、叔父さんがずっとプーチン大統領に見えてしょうがなかった。

>|