Yuyaさんの映画レビュー・感想・評価

Yuya

Yuya

映画(63)
ドラマ(0)

大脱出(2013年製作の映画)

3.9

プリズンブレイクと似通ってるところがあるなあという印象。
とはいえ、シュワちゃんとスターローン豪華2人の知的な脱走劇は見応えあって超カッコよかった。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.1

マクドナルドが拡大する背景にはこんなことがあったなんて。
執念、気持ちの強さは最強だなと思えるそんな作品。

将来やりたいことがある、こうなりたいと考えている人は是非見るべき🙆‍♀️

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

プレイリスト共有デートいけてる!
え、マルーン5?
ダン、行き当たりばったりやけどかっけぇ!
こんな感じ。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.8

フランス革命が起こるパリを舞台としたミュージカル映画。

情け無用で何よりも法を第一とする警察官ジャベール、一方罪を犯してでも正義を第一とする主人公バルジャンが繰り広げる、正しさとは何かを考えさせてく
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

お金を目的としたおばあちゃんとの生活、子供の誘拐。
正しい方法では無いとはいえ、そこには真の愛があり、切れない繋がりがあった。

児童虐待や高齢者を狙った詐欺のニュースが絶えず流れる今日、是枝監督はそ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.9

「君の名は」より個人的に面白く、感動。

スマホの電話が鳴るシーンがあったけど、その瞬間会場の8割が「自分のケータイか?」と確認してたのは興味深かったね。笑
新海さんの映画にラッドウィンプスは不可欠!
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

4.1

7千万円の借金を背負った主人公が、宝くじで3億円当ててしまうというところから始まるストーリー。

自身今年から社会人として働いており、どこかお金の為に働いている側面も否めない。
そこから抜け出す為に、
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.9

男っていつまで経ってもアホやな〜って

じいちゃんなってからも繋がりある親友って最高すぎるな〜

ホッコリする映画!

フォーカス(2015年製作の映画)

3.7

相手の視線を上手く逸らして自分の土俵に持ち込む。
無意識に相手の脳裏に情報を刷り込む。
この辺は仕事でも活かせるなと思ったね!

最後のパニックボタン、あんた親父?ってとこはビックリ!

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.6

こだわりが強いことって素晴らしいとおもうけど、その一方で弊害も生まれる。

なにより、厨房って本当にあんな感じなのだろうか?と恐怖 笑

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.9

スリとCIAという異色のコンビがテロリストに立ち向かうストーリー。

単純にアクション映画として面白いし、その一方でよくニュースで見るようなファシズムによるテロも出てきて、色んなことを考えさせられる作
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.7

少年4人が死体を探して冒険をするというストーリー。

何か良かったな〜ってなる感じで、40歳とかなってから観るとより面白いのでは。

そしてエンディングは誰もが知るあの曲。
イイね。

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

もうすんごい良かった。

今までの実写版ディズニーの中で、クオリティ、内容がダントツで良かった印象。

曲ももちろん良いし、ジャスミンが美人なんじゃ〜

是非これは映画館で観るべき!

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

職をなくした主人公ルイーザは、お城に住む首より下が動かないウィリアムを介護することに。

初めは距離を取られていたものの、諦めずにコツコツと関係を築いていく。

睦まじくなったある日、本当は介護が目的
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

スパルタ親父のもと森で暮らす子供達が、普通に街で暮らす人々に関わっていくというストーリー。

スパルタ親父の教育は極端やけど、幼少期にああいう教育はいいんじゃね?って思う。
知識は必要やと思うし、おれ
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.2

ナッシュ均衡を築いた天才数学者、ジョン・ナッシュのストーリー。
その天才ゆえ、プレッシャー、ストレスから幻覚が見えたりする統合失調症にかかる。

なんせジョンとアリシアの演技がうますぎる。
天才は天才
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.3

これは面白いかつブラックな凄い作品。

突如ヒトラーが現代にタイムスリップ。
ヒトラー芸人としてテレビに出演するようになり、醸し出す空気感、本気度により彼を支持する人が増えまくる。
実際のヒトラーもあ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

人の夢を邪魔する敵をバタバタ殺していく、殺し屋チックな主人公。
序盤の「完璧よりも前進」っていう言葉いいな〜って

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.2

デカプリオ演じる天才詐欺師とトムハンクス演じる敏腕FBIのやりとり。
パスポート、小切手、医師免許の偽造、飛行機からの脱出などまさにルパン。
逮捕された後、その天才ゆえヘッドハンティングされFBIで働
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

4.0

27歳という若さでガンを患い、大きく落胆。しかし親友、家族の支えで持ちこたえる。
カイル最高すぎるぜ!

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.8

自分の悩みなんか屁でもないし、生きてるっていうそれだけで幸せ。
確かに世の中嘘だらけで、就活も嘘でしかなかった。使い方次第で善悪どちらにも転ぶけど、最後の空港での嘘には感動すると共に、色々な事を考えさ
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.6

青天の霹靂すぎ
劇団ひとり演技うまい
柴咲コウ美人
以上。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.8

結局戦争は欲から生まれる。誰しも欲はあって、戦争は絶えへんやろうけど、今の現状を幸せに感じて過去の惨劇を繰り返さないようにしないとな。
あんな子供の兵隊が未だ20万人もいるなんて信じられへんし、日本の
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

何でも言い合えるのが、ほんまの友情やなーやっぱり。
あんぐらい突き抜けてる人って魅力的やし、仕事もできるな、としみじみ。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.5

めっちゃ感動する。

まず何一つ不自由のない現状に感謝しななと。
裕福な里親に出会って幸せかと思えば、本当の家族の事も頭の中に住み続けることの葛藤。
最後の実際の映像の、里親と実親が出会うシーンには涙
>>続きを読む

幸せのちから(2006年製作の映画)

4.2

世界にはこんな風に苦しんでる人が五万といるんやろなと思いつつ、こうならんように頑張らなと思える作品。
泣けるこれは。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

自分の信念を貫いたことにより、満足な結果を得られたシェフの話。
こんな生き方がいいよな、やっぱ。
んで息子の宣伝ナイス!ってなる。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

初めは「え、もう終わり?」となったが、進むにつれ「スゲエ」となった。笑
これは実際に見れば分かる。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.3

おもろかった。
ずっと面白いし、そん中に笑いもあって、前作よりも増して良かった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

愛と夢と現実などに葛藤しつつも自分の信念を曲げないあの心は自分も持ち続けたいなと。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.2

これがほぼノンフィクションであるから驚き。
現在のコンピュータの原型はここから生まれ、その礎を築いた功績あるアランは同性愛者であることから英国法により苦しむ。
当時の歴史に触れられ、様々なことを考えさ
>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

4.0

どんな時も人のためを思って幸せや価値を提供している姿に感動。自分もこんな暖かい人間になろう。
カンパネラ!

>|