おかめ麦酒さんの映画レビュー・感想・評価

おかめ麦酒

おかめ麦酒

2017/10〜観賞記録

映画(69)
ドラマ(15)

青の帰り道(2018年製作の映画)

4.3

完成披露試写会にて。

キービジュアルが公開されてからたまらなく好きすぎて気になってた映画。結論、やはり直感は間違ってなかった。

高校卒業間近の男女グループ7人が卒業後それぞれの道を歩んでいき…複雑
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

3.8

中国でゴッホの複製画を月に何百枚と描きながら生計を立てている男の話。とても良いドキュメンタリーだけど辛かった…。

20年描いてきたゴッホ、ひとめで良いから本物を見たいと願う気持ち。金銭的になんとかな
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.1

東京国際映画祭、コンペティション部門にて。

角田光代の原作好きなんだけど、これは素晴らしい実写化!原作通りなだけでもなく、破壊するわけでもなく、監督のカラーに染めて新たな作品が生まれた。こういうのが
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

なんとなく観始めたのに面白くて最後まで観入ってしまった!

ガッキーはやっぱり可愛いし、ちょい役までもみんな豪華!
蒼井優の中国人役が最高だった。

みんな卓球のトップ選手には見えないけど、そういう映
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.9

初日舞台挨拶付き鑑賞。

いやー、やってくれたよなあ。笑
原作好きだから監督聞いて心がざわざわしてたけど、まさに。今回は少女漫画じゃないから大丈夫かも、と少し期待はしていたのだがあっさり裏切られた。こ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

心が浄化された…。

観る予定だった別の映画があったのだけど、まさかの友人、別日のチケットを買っていたという笑
じゃあプーさんが丁度良い時間にやってるし観よっか〜的に観ました。

結果、良かった! 多
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.7

やっと観られた!!!
ずっと観たかった!!!
連日の満席満席でずっと観られなかった作品、ようやく席ゲット。

タイの高校生版オーシャンズ11、なんて言われている天才女子高生をきっかけにカンニングで一大
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

ハリウッド制作のオールキャストアジア系ラブコメ!

実は観たかった映画が2週連続で満席のため席取れず…。せっかく水曜なので話題になってるし観てみるか、くらいの軽い気持ちで観た。のに、なにこれ面白い!(
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.0

甘々でベタベタで、、、、
観てるこっちが恥ずかしくなったわ!!!笑

色々とファンタジーな恋愛映画でもある。妖精さんたちの映画みたい。逆に凄い。
なんかこういう雰囲気の作品、久しぶりに触れたなあ…。あ
>>続きを読む

名前(2018年製作の映画)

4.0

じわじわと味わい深い佳作。
地味かもしれないけど、こういうの好き。

女子高生とおじさんの交流は、一歩間違えれば生っぽくなってしまうものだと思うのにどこまでも清廉された空気感。
2人が仲よさげに関わり
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

厳しい練習を強いる父親の愚痴を言うのに対して、「私なんて知らない男と結婚させられる。あなたのお父さんはあなたのためを思ってるとても素晴らしい父親よ」(セリフうろ覚え)みたいなシーンがとても印象に残って>>続きを読む

高崎グラフィティ。(2018年製作の映画)

4.5

これは凄い良い映画に出会ってしまった!元々青春群像劇好きだけど、この映画はなんていうかもう、、、凄い好き!!!


なんて表現すれば良いんだろう。
鬱屈した感じとか、高校時代の友人関係とかクラスでの立
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ある高校でLGBTの授業が行われた。しかしその授業があったのは1クラスだけで、生徒たちはクラスメイトにLGBTがいるんじゃないかと探し出す…。

エンドロールで鳥肌立った!!!
保健室で恋心を打ち明け
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

思ってたよりも青春映画だった。

もっとけだるい感じを想定していたので面食らう。この映画を生きてる3人があまりにリアルすぎて、演じてる感が全く無くてドキュメンタリーを見ているような気持ちになった。芝居
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

なにこれ。笑

もう色々ありすぎるんだけど、冒頭のポイズンパロからCDTVで花男にジョジョに千年に一度にっててんこ盛り!頭から飛ばしてんな〜って笑いながら観てた。
マジで各所に怒られない?大丈夫?笑
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

静かだけど余韻が深い。

妻が死んだのに悲しさを感じられない主人公が半端錯乱しつつも、色んなものぶっ壊しながら人生の再生をしていくお話。原題は「Demolition(解体)」なので邦題とはかけ離れてい
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

観た後の余韻が凄い…。

恋愛映画っていうか恋愛ホラー映画?
ほとばしる狂気すら感じた。
あんなに不快に描かれるヒロインはかつてあったのだろうか。原作どうなってんだよ!と突っ込みたい。ただ、唐田えりか
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

とにかくテンポが速くて情報量が多い!
流れる会話を理解するだけで頭を使う。早口な上、単語が難しい。でも頭の良い会話が繰り広げられているのは単純に見応えあるし面白い。

ロビイストという日本ではあまり馴
>>続きを読む

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

3.0

友人から試写会に誘われて。

圧倒的に中条あやみが美しい。
美貌、という言葉がしっくりくる。
「中条あやみの美しさが多少の甘さを殴りつくした」という友人の言葉に頭ちぎれるほど同意した。

前半は「どん
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

4.0

ひたすら明るくて可愛いラブコメ!
これは大好きなジャンル。
邦画でこういう底抜けにポップなラブコメって意外と少ないんだよなあ…。(ラブコメに至っては洋画贔屓派)

しかし、オマージュされてるものはメイ
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.6

完成披露試写会にて。

観賞後、こんなに毛穴がざわついて鳥肌が立つほどとは。とにかく土屋太鳳×芳根京子の芝居が凄い。魂と熱量の演技バトル。熱中しすぎてエンドロールで疲れてた。

この作品は一人二役、二
>>続きを読む

青空エール(2016年製作の映画)

3.5

眩しい。
キラキラの青春映画。

これは青春全部、部活に掛けてた人間にはとてもグっとくるものがある。思わず感情移入。ほんと、高校時代の思い出って部活と部活と購買戦争、朝の自転車ロードレース、そしてあん
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.4

バカ面白かった!
頭空っぽにしたくて観たけど最高に振り切れてて最高。

お父さんとのテスト答え合わせシーン、千葉くんを囲んでのマイムマイム、竹内涼真の「アイツ少女漫画のヒーローかよ」、例を出したらキリ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高に面白かった!
こんな映画観たことない。笑
興奮しかない!

平日昼間でもチケットを取るためには並ぶこと必須。おおいにその価値アリ。普段はネタバレ上等派だけど、この映画だけは事前情報無しで観て大正
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

-

スーパーながら見目的で付けっ放しにしてただけなのに、終盤目が離せなく、。

辛い…。
誰も悪くないんだけど、掛け違いで悲しい事件は起きる。

血の繋がった親と血の繋がらない親。
それぞれの愛。切なくて
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.9

ひたすら前田敦子の自然体を観続ける一本。これ、役作りとか全くしないで良さそうだな…って思った。すーごい、あっちゃん感。

タイトル通り、モラトリアムをゆるゆる生きてる。盛り上がりとかは全くなく、ただ淡
>>続きを読む

東京少女(2008年製作の映画)

3.7

10年前と、携帯事情はここまで変わるのか…。ガラケー懐かしい。

色々都合良かったり、傑作と呼ぶには足りないかもしれないけど、私は凄く好きな作品。
電話しながら100年の時を経てデートするシーンとかき
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.9

面白かった!!笑
原作未読だからこそ素直に楽しめたかも。


藤原竜也がずーっと叫んでる…
もうほんっとずっと叫んでる。
似合いすぎてる。。
藤原竜也以外にこれ演れる人、いるのか?いやいない(断定)。
>>続きを読む

アオハライド(2014年製作の映画)

2.6

人気少女マンガ原作。
といっても私は原作にそこまでハマれなかったクチ。日本映画専門チャンネルでやっていたので視聴。

画面の色合いはふんわりしたトーンでキレイだし、学校行事の描き方とかキラキラしてて青
>>続きを読む

桜蘭高校ホスト部(2012年製作の映画)

3.0

HD整理していて「そういや昔録ってたまま観てなかったなあ…」と思い視聴。
この作品、脇に杉咲花や清野菜名、ドラマ版には土屋太鳳も出てたんだよね。女性陣凄い。対して俳優陣は山本裕典や高木兄弟など引退も目
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

圧倒的映像美。
田舎、海、濃緑、水、火、祭、神秘的な男女。

また画面の色合いがエッジ効いているというか…お洒落。BGMも人にとってはうるさいと感じるだろうけど私は印象的に感じた。よくできたPV映画。
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.4

冒頭1分のオープニングで好きすぎて泣いた(ガチ)

疾走感とかフォントとか音楽とかなんていうかもう全部が良すぎる。とにかく小松菜奈の出で立ちとビジュアルが好きな私にとっても最高。あきらはまるで原作から
>>続きを読む

放課後たち(2013年製作の映画)

2.5

家庭教師をモチーフにした短編集。
広瀬すず主演の「ロリータなんて」のみ鑑賞。

話はさして面白くないが、とにかく広瀬すずを愛でる映画。確かこれが映画初主演?初出演?だったはず。

あどけなさが残る中、
>>続きを読む

ラヤルの三千夜(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

イスラーム映画祭の上映作品。
1週間限定再上映をやっていたので駆け込みで。

題材が題材だけに、なんてやるせない閉塞感に満ちている。重苦しい。だけど子どもが産まれてからの周りを巻き込んだ希望とか、その
>>続きを読む

EVEN ~君に贈る歌~(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

かつての推しグループのメンバーが出演していたので。舞台挨拶もあったのでご祝儀がてら鑑賞。良くも悪くも、EVENってバンドの長尺なPV映画。

初めからかなりハードル下げてはいたけれど「陳腐だな〜〜」っ
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

公開当時からずっと気になってたのに観られていなかった作品。日本映画専門チャンネルで放映されたのでこれは、と録画。

詩的な映画だった。
いや、原作が詩集だから当たり前なのかもしれないけど。
台詞はもち
>>続きを読む

>|