momokoさんの映画レビュー・感想・評価

momoko

momoko

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

5.0

久しぶりに無性〜〜〜〜に見たくなって。。

人に価値観を押し付けるみたいなことは
本当嫌いなんですけど、この映画を見ないで死んだら、勿体無いってぐらい良い映画です、心からダイスキな映画です、、
クリス
>>続きを読む

キャットファイト(2016年製作の映画)

-

めちゃクソ笑ったんですけど!
何だこれ、最高級の長いコントでしょうか?
女同士で本気の殴り合い。
顔血だらけで殴って殴って殴りまくる
殴った時のSE含め、ところどころ流れる大正製薬のクラシックの音楽も
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

-

想像の30倍ぐらい脚本が面白かった^ - ^
細かなディテールに笑いが詰まってて思わず何度も笑いました
記憶を取り戻す前の香川照之が優しくて誠実なはずなのにいつ思い出すのか分かんなくてずっとおっかなく
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

-

監督も役者もお話も全部好きでした!
ポップだしファンタジーだけど、ところどころ現実を顧させられて、町田君のようにはなれなかった時の自分を思い出させられました、
「自分の気持ちを大事にできない人は、ひと
>>続きを読む

センセイの鞄(2003年製作の映画)

-

キョンキョン愛が爆発しました、、
照れて言葉にしなかったり喜怒哀楽を表現できないこと今まで生きてきてめちゃくちゃあったけど、キョンキョンにはそれがないように見える、あるんだろうけど、とてもいつも自然体
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

-

ワタシの叔父さんがノストラダムスの大予言を信じてて、その年、欲しいものを全部買い込んだって話をよくしてるけど、人類滅亡が迫ってるってなったら、自分はどういう行動を取るんだろうか、、ヤバい奇行に出そう>>続きを読む

変身(2005年製作の映画)

-

ストーリーはやはり面白かったけども、ちょっとチープな感じが終始ぷ〜んと匂ってきて一人で見てるのに照れたりした
そしてIWGP思い出した、
取り憑かれてるというよりも思い込みな気がしてならなかった、狂気
>>続きを読む

トト・ザ・ヒーロー(1991年製作の映画)

-

設定と脚本が面白い!
これこそ輪廻転生じゃん、
なんか分かりそうで結局何だったんだて思うことが多くて、でも別にモヤモヤするわけでもなくスパンて終わるから逆に潔くて終わり方は気持ちがよい、!時系列がいざ
>>続きを読む

グーグーだって猫である(2008年製作の映画)

5.0

ワタシこの映画心底スキだ
嗚咽が出るぐらい泣いた
木皿泉のさざなみの夜とキョンキョンの黄色いマンションを読んでる時と同じぐらい心にウッと来て心がほぐされました、、
ワタシも一年前から猫2匹をお家に向か
>>続きを読む

青葉家のテーブル(2021年製作の映画)

-

市川美和子さま可愛すぎる〜〜
ピンクのシャツが似合う、お料理してる姿もカワイイ、あっこまで可愛く歳を重ねてゆきたいデス
蛙亭の中野クン急に出てきて声出して笑いました、アイツまじでなんなのw w w w
>>続きを読む

ピアニスト(2001年製作の映画)

-

人の欲望て面白い...
何でそれが好きだとか理由がわからないどこから湧き出てるんだみたいな欲望てなんだか尊い
親に抑え込まれすぎたからか、何なのか
自分の親もあそこまでではないけど、自分が生きてきた時
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

-

激ヤバどどど変態映画
これ薦めてきた友達をズタズタにしてやろうと決めました、吐き気MAX
発想がキモすぎて、要約して人から話聞くんだったらおもろいけど、映像見ちゃうともう、、、実写にしようという魂胆が
>>続きを読む

僕は猟師になった(2020年製作の映画)

-

「動物が好きだから猟師になった」
「自分なりに動物と向き合っている」

どこか矛盾しているようなこの発言も映画を見ているとすごくしっくりくる、
動物の特性や痕跡から色んなことを考えて猟をしかける、相当
>>続きを読む

リプリー(1999年製作の映画)

-

恐ろしい、、、
嘘が巧みだし、運が良すぎだしメンタル強すぎ、、、
脚本が見応えあってとても面白かたです、、マージのヒョウ柄のファーコート可愛い、、、ローマの街並みと夏の浮かれ具合良いなああ
忘れてしま
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

-

良かったよ、、ワタシもちゃんと女子の心を持っていた、、、金子大地くんにちゃんとドキドキして、「え、え、え、きゃーーーー////」って大きな声でいいました、それにしても金子大地くんほっとかれすぎてて、あ>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

-

ジェフ目線で物語が進んでくから、疑いの目があっちに向くけど、あの白いドレスや、彼女の証言が後から途端に浮き出てきた、最後結局分からずじまいで終わったけど、その余白が逆に面白かったでふ
会話もユーモラス
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.5

えええちょっと、脚本が面白すぎやしないですか?!
どっから湧いてくるのこの発想。ひたすら鳥肌、、!チンパンジー飼ってたり、会社の天井が低いところから、何何、なんなのこの映画!ってなって、
ひたすらワク
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

-

おもろ、、、
銃打たれてぶっ飛ばされる姿、気持ちいいぐらいぶっ飛んでプールにダイブ、なぜかスカッとする
あっさり仲直りして仲良くなるのもウケる
メリルストリープが小悪魔なの良いね、
夫と喧嘩してるシー
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

-

西川美和さんの映画は真髄の部分を抉られた感覚になる、、、
一人で生きてこれる人間なんてまずいない、心と物資の支えが絶対に必要
不条理なこと、自分の中の正義、狂気、葛藤、我慢の連続、人生色々あるなぁ。
>>続きを読む

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

-

激ヤバ女の話
金子大地くんよ、小西桜子ちゃんに乗り換えちゃいなよ!
そっちの方が明らかに、カワイイじゃん!
自分の力で立とうとせず、寄りかかってしまう限り負のループから抜け出せねえぞ、、ってこういう状
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

-

「どこにも属したくない」
なんてカッコいいんだ〜〜〜きっと見てる時、目がキラキラしてた
仕事をしていて、世に発信することに臆病になってしまうことが最近あったので、
喝を入れられた気分でした、、
自分が
>>続きを読む

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

-

佐藤浩市がナイフ舐め回して、西田敏行がそんなに美味しいの?って言うシーンがめちゃめちゃ好きだった
映画館での佐藤浩市の涙が忘れられない、久しぶりに見たグッとくる涙
マジックアワーは明日を待てば必ずくる
>>続きを読む

リトル・ブッダ(1993年製作の映画)

-

ワタシは前世とか後世とかどうでもいいと思ってるので、輪廻転生という考えに入り込めないかと思ったけど、愛する人が生まれ変わって別の形で生き始めるのは素敵なことだし、死を恐れないという考えも納得。逆に終わ>>続きを読む

ジャニス リトル・ガール・ブルー(2015年製作の映画)

-

とにかく声がスーパーかっこいい、心の痛みが解るからブルースが歌える、まさに魂の叫び...///男負けしないパワフルさ
めちゃくちゃカッコいい、
しかしクスリ絡むとうんざりしちゃう、、、

ジョン・レノン,ニューヨーク(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ジョンの魅力をほんのちょっとだけ知れた
これ以上にもっと素敵な部分、人間臭い部分、嫌な部分もたくさんあるんだろうけど、それは資料からしかもう知ることはできないのが、悲しい、、
ただ曲を聞けば真っ直ぐで
>>続きを読む

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

-

たぬきさーんたぬきさーん遊ぼうじゃないか!
ジブリの中でもダイスキ!
ワタシはこの世界のどこかにたぬきの村が絶対あると信じてます!

13日の金曜日(1980年製作の映画)

-

おーいーー!!!!ただのホラー映画じゃないのかよ!!めちゃくちゃエロいじゃねえか!!親と一緒に見てしまったじゃねえか!!食卓の空気、濁ったぞ!!!
ケヴィンベーコンさまおった🫶

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

-

ワタシの永遠の憧れで教祖である小泉今日子さまがホントにカッコよかった、、
キョンキョンから強さの裏にちゃんと傷ついてきた過去を感じさせる哀愁をほんと感じて、キョンキョン自身と勝手にシンクロさせてしまっ
>>続きを読む

絵の中のぼくの村 Village of Dreams(1996年製作の映画)

-

あのめちゃくちゃ可愛い女優さんが原田美枝子さんだったということに大衝撃。
最近、原田美枝子さんに魅了されまくってて、たまたま出演してることを知らずに見て、原田美枝子さんに引き寄せられたのだと勝手に運命
>>続きを読む

白い肌の異常な夜(1971年製作の映画)

-

前情報入れないで見ても、ソフィアコッポラの元の映画だって一眼で分かった、
結末知ってても、ハラハラとゾクゾクが味わえます、結果園長みたいな女が一番強い、あの状況からの急に結婚しようは、ちょっと待てぃボ
>>続きを読む

フレンチ・カンカン(1954年製作の映画)

-

正直ラストまではストーリーこそ入ってこなかったけど、圧巻だヨラスト!!
フレンチカンカン!
なぜかマツケンサンバが頭の中で流れてきました!オレっ!
世界観が可愛すぎて絵に収めたくなる〜〜
カラフル、ミ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

-

衝撃作
映画で警察が動く、こんなに生々しいものを見たのは久しぶりだ、胸糞は死ぬほど悪くなるが、SNSの現実、
色々な点で疑問が浮かんできたが、この映画で少しでも被害が減れば良いなと思う、、、
モザイク
>>続きを読む

アドレナリン・ドライブ(1999年製作の映画)

-

爽快!個人ファインプレーが頼もしい!
石田ひかり、背中がオ綺麗。
松重豊の怖優しいにハマりそうになる、
あんま考えた事なかったけど、松重さんてイケメンだよな、、
あと記憶力が死ぬほど良すぎて笑った、住
>>続きを読む

ゲンスブールと女たち(2010年製作の映画)

-

くわえ煙草しながらピアノ弾いたりギター弾くのカッコ良すぎ
ルックスではない、確固たるモテ魅力はどこからきてるのか、
自分を客観視して受け入れて、その中で自分の活かし方を分かってるところにとても憧れた、
>>続きを読む

>|