shinichiroさんの映画レビュー・感想・評価

shinichiro

shinichiro

映画(241)
ドラマ(0)

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.9

カメラワークがストーリーとマッチしていてテンポが良く、要所での演出も上手いと思う。
何より実話というのが凄くて、ミッチーネルソンかっこよすぎる!

S.F.W.(1994年製作の映画)

2.7

その頃スティーブンドーフ好きになり観た。当時流行ってたこの髪型が印象的だが、内容は覚えてないー。。

マシンガン・プリーチャー(2011年製作の映画)

3.4

長めの映画で終盤の展開が強引に感じたけど、実話らしくすっきりまとまってて良かった!
ジェラルドバトラーがハマリ役。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.6

フォーンブース的なアイデアの作品。戦争モノで、これだけスマートにまとめられるとわ。

ダイヤルM(1998年製作の映画)

3.2

ヒッチコックの方は観てないけど、マイケルダグラスのキレてる役が印象的なサスペンス。グウィネスパルトロウ。

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.0

色んなラブストーリーが交わっていく映画。当時サントラ買っちゃった。

バンドワゴン(1996年製作の映画)

3.2

18歳の頃観賞。いまでは恥ずかしくてみれないかもだけど、もう一回みたい!

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

このてのものは実話をもとにしていないと、なんか観れなくなってきちゃったかな。ただ、タイトルにゲームって入っちゃってるくらいだから、エンタメ的に展開を追いかける映画でokなのか。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.3

トムハンクスの演技力はやっぱり流石だった。
終わり方をとっても、現状も踏まえてスピルバーグ言いたいことたくさんあるんかなーと思った。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

UNITED93的なのを期待してしまったのがいけなかったかな〜
只、イーストウッドは実話で張本人をキャスティングしちゃう凄いやーつ。

Nas タイム・イズ・イルマティック(2014年製作の映画)

3.3

山あり谷ありなんで、8マイルみたいに表現してもおもろかったかも。

かっこよすぎて、言葉はいらないす。

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974年製作の映画)

3.4

笑って泣いてのバランスがすごく良くとれてる。『黙れ未亡人!』には参った。

男はつらいよ 柴又慕情(1972年製作の映画)

3.4

寅さん少し気合いが入ってる感が。流石の吉永小百合。

男はつらいよ フーテンの寅(1970年製作の映画)

3.2

三作目は特にセリフ回しがおもろかったなー。お見合い当日までの、無茶苦茶さが今でこそ笑えるのかも。

新・男はつらいよ(1970年製作の映画)

3.0

競馬の無茶苦茶な下りは嫌いじゃない。それより、ハワイ旅行への結末からもう一ひねり欲しい感有り。
他の作品より寅さんに同情しちゃったなー。

続・男はつらいよ(1969年製作の映画)

2.9

一作目で得体の知れない部分があり、家族構成をはっきりさせるストーリー。
山崎努にはビビったー。

男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.5

第一作目だけあってパンチ力あり。この頃の寅さんの勢い、ヤンチャ具合がやっぱり好きだなー。
酔っ払ったとこの演技?なんかは天才的。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

巨大組織の闇に対して物語が進んでいく。その終焉がいきなりであっけなくも感じて少し物足りないかなー。
デルトロこえー。

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.3

ブッ飛んでる映画。カッコ良かったなー。
ジュリエットルイスがこの頃は、とにかくこの手のアクションに引っ張りだこ。

ウォール・ストリート(2010年製作の映画)

2.9

以外にドロドロしてない映画だった。
マイケルダグラス元気だな〜

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.1

タランティーノがファミリーと届けるらしさ全開の作品。
やっぱタランティーノはブッ飛んでますわ。
ちょい長いけど、90年代の映画の雰囲気が随所にあり、こだわりを感じれて良かった!
マイケルマドセンが仕留
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

3.4

アニメの方が風景をよりリアルに描けてると思った。
世界観が最高。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

やっぱノンフィクションは入りやすい。
そしてイーストウッドは伝えたいことがわかりやすい。
光と影。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.0

デニーロの怪演。狂人を表にして、孤独な人たちが世の中にはたくさんいるという事を表現したかったのかなー。

女優が綺麗ですわ。

ダンサー(1999年製作の映画)

2.6

リュック・ベッソン脚本でみたけど微妙でした。
ストーリーが淡白すぎると。

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.1

キューブリックが唯一愛を題材にした映画。問題提起の仕方が流石です。

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.0

実話に基づいてんのかな。以外にあっけなく終わった感。
キャスティングがキャスティングなだけに、期待値が高かったかな。

ベリー・バッド・ウェディング(1998年製作の映画)

3.2

クリスチャンスレーターとキャメロンディアスってだけで、すぐチェックした。
ブラックユーモアが◯
キャメロンディアスの黄金期ですね。

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.2

音楽も良かった!!
ベンスティーラー力ありますねー。

NO FUTURE A SEX PISTOLS FILM(2000年製作の映画)

3.0

大きなムーブメントを丁寧にドキュメンタリーで描けてると思います。

>|