shinichiroさんの映画レビュー・感想・評価 - 7ページ目

shinichiro

shinichiro

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.0

音楽とストーリが完璧に近い。見た後にジワジワ来る映画。

ミート・ザ・ペアレンツ2(2004年製作の映画)

3.2

1を観ちゃってると、頑張ったんだろうけど、やっぱり比べちゃう。
1のインパクトが残ってるから、コッテリと感じちゃった。

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

3.9

頭を使わずに観ていてこんなに面白ければ、申し分無し。この作品のおかげで、コメディに慣れた。
デニーロの懐の深さを思い知る。

ウソツキは結婚のはじまり(2011年製作の映画)

3.6

元気になる映画。アダムサンドラーが凄いってよくわかった。

ツイン・タウン(1997年製作の映画)

3.3

トレスポの流れで観るといいかも。ほのぼのしていて、何も考えずに流して観ていたい映画かな。ストーリーはくだらないが雰囲気が好き。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.8

観ていて、あっという間にエンディングになってしまうくらい、面白くテンポの良い映画。
爽やかさかが残って、何回でも観れる良い映画。

気まぐれな狂気(1997年製作の映画)

4.6

シンプルなストーリーでありながら、カッコよくて、悲しく切ない人間模様がある。幅広い人が「面白い」といえる、お手本のような映画。
最後に流れる、「crazy love」がたまらない。

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

映画の凄さをじっくりと味わえた。音とカメラワークの両方を堪能。何回観ても、何か伝えたいそのメッセージがじんわり残る。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.1

ダイヤモンドをに群がる人に対して、背景にある事実のストーリーが交差する。
ディカプリオだからこそできた難しい役。最後に山の上から見渡す景色が最高で、そこに問題提起があると思った。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.6

ウィノナライダーがカッコイイ。短編のストーリー的には、パリの物語がいちばん好きかな〜。キャストも豪華。

|<