にこぷーさんの映画レビュー・感想・評価

にこぷー

にこぷー

映画大好き、何でも観る!
でも邦画が多いかも。
なかでも、男はつらいよはマイベスト。

映画(159)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.3

前評判に釣られ劇場に行きたかったが見過ごして、レンタル開始で即鑑賞。冒頭からなんだこりゃで、B級映画以下役者は変だし、カメラはブレまくり、観るの辞めよか思ったが後半の展開で一気に伏線回収。スッキリ感半>>続きを読む

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

2.5

元々Amazonプライムビデオでクオリティの高いドラマだったので映画版はその延長。ストーリーも続きなので映画じゃなくても感が。相変わらずな勧善懲悪じゃない、難解な対立はどこに感情を寄せれば良いかわから>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.4

期待していたよりもあっさり系。テーマ内容は重いのになんか平凡な映画になっている。スケールもテーマも大きいがその凄さが伝わらず、説明セリフで終始していた。感情移入もしずらく淡々と終わった感じ。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.8

全編通して面白かった。がSWかと言えばなんか違う気がする。辻褄合わせの気がするのは考え過ぎか?ジョージ・ルーカスが蚊帳の外で関わらないと他の作品然りなんか違う。この違和感は今後も続くのであろうか?全く>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

1.9

原作は知らないが、爽快スカッとのただの復讐劇かとおもいきや、全員頭おかしい、ドロドロスプラッター映画。救いが全くなく後味も悪い。どんな感じで観れば良いのかわからない。

日日是好日(2018年製作の映画)

3.3

主人公の出来事が全て語りのみで肝心の場面はない。そのかわりその心理描写や背景がお茶の音、四季の音で表される。
日本人のワビサビで観る新しい感覚の作品。つまらない人には全くもって受けない作り方だが自分に
>>続きを読む

牝猫たち(2016年製作の映画)

2.4

それぞれが抱える事情、葛藤がよく分からず、それ故に感情移入しずらい。だからなんだって言う感じで終わってしまった。狙っているのか、昭和チックな作品だった。

友罪(2017年製作の映画)

2.7

うーん、で結局何が言いたかったんだろうか?それは観ている人に委ねるとしたら、いろんな要素がごった煮状態でかつそれぞれが淡々としすぎて。的もテーマも絞りきれず観終わってしまった。
感情移入もできずただた
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

凄く思わせぶりに謎が謎を呼び期待値が高まるが前半のテンションが維持できず
後半のダラダラ感と謎の解明。驚愕の事実でもなく、なんだー感。感情移入もままならず、泣けない。キャストで持った感な作品

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

2.7

全体通して十分に楽しめたが、前広告の見ている全ての人が騙されるが強すぎて構えて観てしまい、前半も素直に受け取れず、何かある、何かあるで構えてしまい、後半のなぞときに衝撃度が薄れてしまった。前広告のあり>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

2.4

ピエール瀧&リリーフランキーで「凶悪」のような作品をイメージしてたが全く違った。コメディなのかシリアスなのかどっちつかず。なんだこりゃと思っている間に終わった。期待をはずした。門脇麦ちゃんの出演は知ら>>続きを読む

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

2.8

おかんがあと余命わずかの時にどーする、どーなるかと。そこで明らかになる真実。凄く身につまされるストーリー。ただ結末の全てハッピーエンドは出来すぎてそこまでのリアルさが台無し。

nude(2010年製作の映画)

2.1

みひろの自叙伝の映画ということで勝手にハードルを上げすぎた。悩みも葛藤も希薄に感じてしまい、感情移入できず。全体的に薄っぺらい。おおよその想定通りのよくある話で何ひとつ引っかかっり無し

ネクスト ロボ(2018年製作の映画)

3.0

単純に面白い。ロボットと人間の友情が泣かせる。ただやたら中国を意識した描写が多く違和感を感じたが制作国のひとつなので納得。ロボットの変形ギミックには心踊らされた。

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

2.0

門脇麦で持った感じ。淡々と進むストーリー。特別何かあるわけでもなく、盛り上がりが無く観終わってしまい、何も刺さらず残らず。人は何かのきっかけでチャンスを掴む、そのチャンスは思わぬところ、それで人は代わ>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.0

スポ根の王道。乃木坂なんでアイドル映画的な要素があるがちゃんと薙刀の試合では手に汗握ってしまった。七瀬ちゃんの演技は難アリだが脇を固める江口さんや富田ちゃんはさすが。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.0

過去に何度も観ていたが、たまたま地上波でやっていたのでつい観てしまった。この映画の素晴らしいところは脚本が良く出来ている所。前半のもやもや感を後半でスッキリ。瑛太の異邦人感もよく出ている。

サッドティー(2013年製作の映画)

2.6

複雑に絡まる人間模様。それぞれの思い、人を好きになるってことはどう言うことか。この作品のテーマが問いかけてくる。相変わらずの内田慈がいい。ここでも、元アイドル(笑)
でも世界狭っ

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

2.8

団地の中で完結するストーリー。背景状況が限定された空間で飽きさせないストーリー展開。さすが中村監督。アヒルと鴨のコインロッカーに通じる浅いようで深い人間模様が描かれていた。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

2.8

大ファンでは無いがつい観てしまうシリーズ。今回もそれなりに楽しめた!これでシリーズも最後かと思いきや。今回龍平ちゃんの出番が少なくて物足りなかったが活躍の場があり、納得。

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015年製作の映画)

3.0

迂闊にも泣いてしまった。映画の特殊エピソードなんでちびまる子独特の世界観が薄れていたが人物像を理解した上での鑑賞なので感情の移入は容易かった。通常のちびまる子はもっと毒が効いててそれはそれで、区別する>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.8

全編飽きずに見ることが出来たが松岡菜優の魅力だからだろう。少女漫画原作、女性監督ならではの女子向け映画。女子なら多分共感共鳴できるのでは。男が観ても逆に女ごごろを教えてくれた。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.0

重松節全開。父と子の関係なら重松でしょう。監督が女性ならでわの視点で描かれており、原作に奥深さを与えていた。感涙までは行かないが心に響いた作品。

下衆の愛(2015年製作の映画)

2.8

内田慈目当てで鑑賞。存在感があって満足です。
映画自体はだいたい想像通りで意外性もどんでん返しもなく淡々と観られた。
劇中のB級でもエロでも映画は映画というセリフ。
深いです。

きみはいい子(2014年製作の映画)

2.8

前知識なしで鑑賞。意外なほど豪華キャストに驚いた。しかも好きな女優だらけ。それだけで満足できる。子役も自然な演技で素晴らしい。ハグ、抱擁がいかに優れたコミュニケーションであるか再認識させられた作品

14の夜(2016年製作の映画)

2.5

うーん、テーマに対する期待がデカすぎたのか拍子抜けした。よくある熱い青春群像ではなかった。ゆるーくゆるーく。
内田慈目当てで見たが昔東京でアイドルしていたのセリフはマニア向け(笑)

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.2

もう何回観ただろうか?でも毎回気づ気をみつけ新海映画ね深みを知る。君の名はでブレイクするずっと前の作品だが全ての原点がこの作品にあるんだなと。
この映画は切なすぎる。これに尽きる。

最後の命(2014年製作の映画)

2.5

難しい。よく分からなかったが正直な感想。柳楽くん相変わらずいい味出してるのと、はじめ気づかなかったが内田慈がここにも出ていて、なんでも出来る女優だと関心した。

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

2.4

前編を観てから時間が経ってるせいもあるが全体的にダルい。無駄に尺が長く感じた。戦闘シーンはそれなりによく出来ているがその他がなんとも間が持たない。ラストのダラダラ感も締まりがない。

ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年製作の映画)

2.9

所々でリアリティに欠ける箇所はあったがメルヘンと割り切れば。
内田慈の存在感が際立っていた。
また、随所でカット割に入る高層マンションが印象的。
作品としては楽しめた。

最低。(2017年製作の映画)

2.4

うーん、テーマが難しすぎてこの作品の意図する所が掴めない。前半に三者の様子がわかりづらく感情移入がしづらいまま、中盤でやっとそれぞれの葛藤がわかってくるが、最低とは感じられない。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.1

前知識なしで鑑賞。ただのグルメ映画かと思っていたら、なんとミステリー。好きな分野でもあるのでのめり込んだ。まぁご都合主義はあったがニノの好演もあり、楽しめた。ただ難を付けるなら、料理の音が生々しく美味>>続きを読む

ブラックフィッシュ(2013年製作の映画)

2.8

ドキュメンタリーは作り方で観ている者を誘導できるのは理解しているが、なかなか興味深く観れた。知らざれる裏舞台の様子が見られた。全てのシーワールドがそうだとは思わないが、やはり利益が優先される状況。シャ>>続きを読む

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

2.0

手持ちカメラによる、ドキュメンタリー的な映像は視点が定まらず気持ち悪い。
序章だけに地味な展開で面白味にかける。

生贄のジレンマ 下(2013年製作の映画)

2.5

うーん、納得の結末かと問われると、うーん。全ての謎はとけたけど突っ込みどころ満載すぎだろ。途中もダラダラと長くてもう少しシンプルに出来たのでは?

生贄のジレンマ 中(2013年製作の映画)

2.4

人と関係性がわかったのですんなり観れた。でも未だに目的が分からず。極限状態に置かれたらこんな行動になるのかと理解不能な行動ばかりが目につくが。
ラストに向けた伏線がチラチラ。