nikoさんの映画レビュー・感想・評価

niko

niko

2017/2/17に開始

映画(116)
ドラマ(0)

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.3

こういう自然の多い穏やかな話は好き。
ストーリー的には話の起伏は激しくないが、こういう穏やかな成長が見られる作品はそれでいい

疑惑のチャンピオン(2015年製作の映画)

3.5

こんな話知らなかった。
やはりノンフィクションは真実味があるので面白い。
もう少し、出てくる人物の心情も描いていたらよかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.3

個人的には画のキレイさと歌との導入以外はあまり面白くなかった。
何を伝えたかったのか。。。
ただ、華やかさはスゴイ!
なのに、話は暗いとこが多くて少しギャップがキライ。

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

3.0

普通に普通。
ストーリー的には物足りないけど、久しぶりにドラゴンボール観れたからよかった。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.2

正直何が言いたいのか全くわからなかった。
最後に女性の方がちゃんと自分の人生に向き合う終わり方くらいならなんでもなく終わった方が面白かった。

セッション(2014年製作の映画)

3.4

終わり方以外は面白くみえた。
バッドエンドで終わるのかと思いきや恩師と意気投合して終わる。
これは意味わからない。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.1

非常に歌は良かった。
ただ、展開の進まなさと予告編とのギャップがちょっと逆につまらなくさせてた。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.1

個人的にはなんか納得のいかないストーリーだった。ただ、画とCGの技術はすごい!

ミックス。(2017年製作の映画)

3.1

それぞれにストーリーあってよかったけど、なんか全部安っぽかったな〜
田舎がメインだからとかじゃなくて。。。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.3

いい話だった。
こういう想像ができると心が豊かになる感じがする〜

スノーデン(2016年製作の映画)

3.8

スノーデンがどうして告発したのか考えさせられた。普通の人なら告発しないであのままの生活を送っていたと思う。
強さと賢さがかっこよかった。
自分は彼は英雄だと思う。もしいなかったらアメリカが大きく変わっ
>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2016年製作の映画)

3.1

何が伝えたかったのか別にどこもワクワクしなかった。悲しくもならない。。。
ただ、ヒロインの人が女版ネイマールに似てた〜、メチャクチャ驚いた。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4

出てくる男みんなクズだけど面白い笑笑
こんな人生も一度送って見ても楽しそう〜
終わり方がまたいい〜
あとは〜ちょっとキチガイな女の子はかわいい〜

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.3

盛り上がりも盛り下がりもしなかったがちゃんと予想通りに終わってくれてよかった。
逆にこの終わり方じゃなかったらもっと低い。。。

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018年製作の映画)

3.5

あまり期待してなかっただけに面白かった。というか、時間があっという間に進んだから楽しめてたのだと思う。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.6

個人的には好きな話ではないが、話の内容見せ方共に非常によかった。
ノンフィクションの良さが出てた。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

何を言いたいのかも何もわからなかったし、全て弱い。。。
あと、起承転結が全て弱い。。。
話の設定自体は面白そうなだけにもったいない。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

ノンフィクションはやっぱりいい!
感動ありまた、主人公が勇敢すぎたし内面が強すぎた。
戦争ものは見たくないはずなのに見てしまう。よかった。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.5

最初のエピソード4〜6でダメだと思ったから評価が全体的に低くなっている気がする。。。
今回の作品と前回とは良かった。
特に今回は伏線も拾えててよかった。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.4

今回はブルーレイで見れば現代の映像と遜色ないまでいけていた。
話の内容はいつもより少し面白くなった程度。。。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.3

正直原作と何も変わらないから驚きはなかった。
マレフィセント的な面白さを少し期待してただけに残念。。。
普通に原作を知らなかったらめちゃくちゃいい作品だと思う。

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.6

自分が親になったらもう一回見てみたいと思う作品。
なんか色々考えさせられたな〜
今は子供の目線だったけどいつか父親や母親の目線で見れたらまた感動できる作品だと思う。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.4

話の内容も演出も面白かった。
いつかこんな世界が実際にくるのではないかと思わさせられた。
よかった。
終わり方もこれでよかったのかな。。。

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

3.0

別に何もない。。。
悪くもない、よくもない。。。
本当に何もないにつきる!

キャロル(2015年製作の映画)

2.9

最後まで何考えてるかわからなかったし共感できなかった。。。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.4

話自体は良かった。
ただ自分の好み的にこの手の話は好きじゃなかった。
ハッピーエンドで終われない切なさと分かってもらえないもどかしさが終始感じた。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.3

正直こっちの方が前なのに日本の方が面白かったと思った。
もし、こっちを最初に見てたら普通に面白かっただろうけど、話を知ってたのもあって話が薄い気がした。

レインマン(1988年製作の映画)

3.3

結局どうしても薄っぺらい気がしてしまう。
あと、自閉症の話はなんか好きになれない。。。

ただ、トムクルーズは終始カッコいい!!

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.3

エピソード4.5.6よりは映像もCGもよくみやすかった。
話の内容はいつも通り。。。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

3.1

やっぱり昔のSFは今のを知っちゃってるからダメだ。
一応、見始めちゃったから今後の作品も見るけど。。。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結局自分が1番大切って言いたいのかと思ったら、結局それぞれがその時必要な人に大切なことを教えてくれた。

まるでほんとうに抽象的なものがこの世に生まれ変わらせたみたいな表現だった。
大切な人と見てほし
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

戦争は人を追い込んで精神的に弱くなってしまうのがうまく描き出てて、また、その中でも優しい人が本当に強いんだと思った。
クリストファーノーランにしたら今までとは作風がフィクションからノンフィクションに変
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

過去と現実とで揺れ動く理由がわかって主人公の心情に寄り添える

個人的には悲しくてやるせない。。。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.3

こんな感じののんびりした映画は好き!
終わり方は良かった!
互いに思い合ってるけど。。。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.6

面白かったし人と動物が通じ合えているのもよかった!人間でも人種差別があるから動物にも人間との分かり合えないことがあっても納得できた。
思っている以上に映像が良かった!

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.3

映像は昔にしてはすごいと思う!
だけど、そこ以外に目を向けると話も作り込めてないし少し残念な気がする!

>|