nikoさんの映画レビュー・感想・評価

niko

niko

2017/2/17に開始

映画(96)
ドラマ(0)

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.3

正直原作と何も変わらないから驚きはなかった。
マレフィセント的な面白さを少し期待してただけに残念。。。
普通に原作を知らなかったらめちゃくちゃいい作品だと思う。

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.6

自分が親になったらもう一回見てみたいと思う作品。
なんか色々考えさせられたな〜
今は子供の目線だったけどいつか父親や母親の目線で見れたらまた感動できる作品だと思う。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.4

話の内容も演出も面白かった。
いつかこんな世界が実際にくるのではないかと思わさせられた。
よかった。
終わり方もこれでよかったのかな。。。

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

3.0

別に何もない。。。
悪くもない、よくもない。。。
本当に何もないにつきる!

キャロル(2015年製作の映画)

2.9

最後まで何考えてるかわからなかったし共感できなかった。。。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.4

話自体は良かった。
ただ自分の好み的にこの手の話は好きじゃなかった。
ハッピーエンドで終われない切なさと分かってもらえないもどかしさが終始感じた。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.3

正直こっちの方が前なのに日本の方が面白かったと思った。
もし、こっちを最初に見てたら普通に面白かっただろうけど、話を知ってたのもあって話が薄い気がした。

レインマン(1988年製作の映画)

3.3

結局どうしても薄っぺらい気がしてしまう。
あと、自閉症の話はなんか好きになれない。。。

ただ、トムクルーズは終始カッコいい!!

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.3

エピソード4.5.6よりは映像もCGもよくみやすかった。
話の内容はいつも通り。。。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

3.1

やっぱり昔のSFは今のを知っちゃってるからダメだ。
一応、見始めちゃったから今後の作品も見るけど。。。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結局自分が1番大切って言いたいのかと思ったら、結局それぞれがその時必要な人に大切なことを教えてくれた。

まるでほんとうに抽象的なものがこの世に生まれ変わらせたみたいな表現だった。
大切な人と見てほし
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

戦争は人を追い込んで精神的に弱くなってしまうのがうまく描き出てて、また、その中でも優しい人が本当に強いんだと思った。
クリストファーノーランにしたら今までとは作風がフィクションからノンフィクションに変
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

過去と現実とで揺れ動く理由がわかって主人公の心情に寄り添える

個人的には悲しくてやるせない。。。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.3

こんな感じののんびりした映画は好き!
終わり方は良かった!
互いに思い合ってるけど。。。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.6

面白かったし人と動物が通じ合えているのもよかった!人間でも人種差別があるから動物にも人間との分かり合えないことがあっても納得できた。
思っている以上に映像が良かった!

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.3

映像は昔にしてはすごいと思う!
だけど、そこ以外に目を向けると話も作り込めてないし少し残念な気がする!

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.2

期待して見たからかな?
話の薄さとわからなさがハンパない笑笑
でも、この時代にしては映像がいい気がする!

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.3

ラブストーリー的には面白かった。
だけどなんか物足りなさと話の説明が足りない気がする!察するような映画じゃなかったし。。。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.6

勇者ヨシヒコの色が強すぎる笑笑
むらさきがいれば完璧だった!
普通に泣けそうだけどその度に笑いのシーンが襲ってくる!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

話の内容展開共に良かった。
終わり方がディズニーらしくてすき。
死者の国の色鮮やかさが良かった。
また、見てみたい作品。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.8

個人的に好きな分野の話だったからめっちゃ好き。
マークザッカーバーグのすごさが改めてわかる!!

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.2

話としては面白くなくはないし、大きい話で悪くないけど、どこかで聞いたことある話だったしなんだかちゃっちかった。
残念。。。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.4

非常に設定も葛藤のところも面白かったが、ホラーっぽくて苦手な作品。
もっといい点付けてもよかったが3.5以上はもう一回見たい作品だがこの作品はもう一回は見たくない笑

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.2

期待してたものが大きかったからかそこまでだった。
普通にハリーポッターシリーズと比べちゃうと見劣りする。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.4

設定はとても面白い。
引き込まれるが、ウィルスミスの役と火を自在に操る役の人がどう考えてもいい人でしかない。
魔女も操る方法が曖昧すぎ。
色々全て設定が物足りないが、それを差し引いてもいい設定だった。

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

4.0

恋したい人、恋してる人に特におすすめ!!
色々な恋の形があり言葉にうまくできないけど最高!!
また、見て見たくなる1作品。
あとはリリーコリンズが好き。

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.6

ノンフィクションの良さがよく出てる作品。
人の感情がよく映し出されている。
終わりかたも良かった。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.2

マーベルらしい作品。
こんな作品は特にドキドキもしない。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.6

ハドソン川の奇跡の後にこんな展開があったなんてこの映画を見るまで知らなかった。
非常に面白く人間味溢れて描かれている。
クリントイーストウッドの作品はこういうのが多い!!
すき。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

非常に面白かったが、最後の展開はなんとなくそうかなと思っていただけに残念。
後々、さっきの描写はこういうことかと思うことがたくさんあってよかった。
もう少し先が見えない展開だとより好き。

サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶(2015年製作の映画)

2.9

話自体は面白くないわけではないがイマイチ驚きとワクワクにかけた。
こういう作品は最後の驚きが少ないとさみしい。
話自体を納得はできたけどなんか物足りない。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.3

とりあえず主人公の横顔がネイマールに似てた。
話は面白くなくはないけど。。。っていう感。
もう少し、展開にメリハリがあったほうが好きかも。

>|