とりさんの映画レビュー・感想・評価

とり

とり

映画(19)
ドラマ(0)
  • 19Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

シークレット・パーティー(2012年製作の映画)

3.0


事件などない、それが問題だ。

僕らは生きている、頽廃かつhightideに。
人物たちの動機は不鮮明。なんで彼はカメラを盗み走ったのか?充電はどうしていたのか?それは結構。

「わけもわからず」
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.8

タオの成長、ウォルトの救済を描いたドラマ

朝鮮戦争の背景をもとに心に深い穴を持つウォルト。退役軍人の多くが心的外傷を残すというのはどこかで耳にした。
となりに越してきたはモン族の一家、その娘スーと話
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.4

サプライズホラーではない。
呪いの系譜をミステリ調に竹内結子と橋本愛が解いていく。
決して途切れず、絶えず、感染していく。

自分も関わっているような予感が体を震えさす

セールスマン(2016年製作の映画)

3.0

引っ越し先のアパートメントで暴行された妻、その犯人を捜す夫

人は十人十色である。信仰や贖罪をどうなし得るか

EVA エヴァ(2011年製作の映画)

2.7

ジャンルはSF。
ロボットが人々の暮らしに普通に存在する世界。

人体ロボット界のエースである主人公が未完の自律型人間ロボットを製作する。そのモデルとして抜擢されたのがエヴァという少女。この少女実は主
>>続きを読む

父の秘密(2012年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

いじめ復讐映画、ミステリー要素あり。

母の死をきっかけにしてシェフの父親と新天地へと引越したアレという少女。
転校先で仲良くなったクラスメイトの子らと別荘へ行った際、酔った勢いで関係を持ってしまう。
>>続きを読む

フェノミナ(1985年製作の映画)

2.5

ジャンルはミステリーホラー?

映像と映画の不一致が際立っていて音楽が流れるたびに「うわあ」という気分に。
音楽は悪くない。

主人公が俳優の娘で気が強い。「なんでその行動なの?」と彼女の言動に理解で
>>続きを読む

茶の味(2003年製作の映画)

3.8

人生におけるささやかな喜び、その感じ入り方はまさに茶の味のよう。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.4

スティーブンホーキンスの自伝映画。
脚色の程度は知らない。

人々の理解と寛容に目を見張りながらも、それでもやっぱり自分大好きな彼らに人間を感じる。

ホーキンスの演技はうまい、似せてるのはわかるけど
>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画。ミステリ。

認知症を患った主人公の男は掃除と称して悪党を人知れず殺していた過去がある。
そんな男の周辺で最近起きている婦女連続殺人、その犯人とみられる男と接触しその男に疑念を抱きつつ、自身
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

4.2

成長していく、、、、本当のロードムーびー。

生きている間、人は歩み続ける、成長し続ける、変化し続ける。
この映画は実際に十余年もの歳月をかけて制作された人生という道を描いたロードムービーである。
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.3

アフリカ大陸を舞台に、ダイヤモンドをめぐってあれこれとする話。
主な人物は三名、ダイヤモンド取引で生計を立てる元軍人の男、革命軍によって家族と離れ離れになった黒人の男、ダイヤモンド取引の闇を暴こうとす
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.0

冒頭の少年たちを映し出すシーンはわくわくする出だし
そこからはラッキークイズを彼の生い立ちにあわせて紹介していく
無難な終わりを迎えているが、途中途中の謎は結構置き去りにされている。
スラム出身とい
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ネットワーク社会に自我を持つものが存在したら?
この手にしては珍しく女性が男性に翻弄される。
自我をインターネットにアップロードする、という突飛な偉業を成し遂げた未来で起きたある種の世界の危機。インタ
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

コメディを振り切ろうとしたホラーとSFという印象を受けた。
典型的なホラーの大前提をセッティングして参加者を人身御供にするというもので「古きもの」と呼ばれる絶対的な強者(神)がいる。
見る側の人間たち
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

女性の肖像画しか愛せない性的倒錯老人が人間の女性に恋をする話かと思いきや。

骨董オークションの競売人を生業とする主人公のもとにきた一本の電話。

オートマタ、修理屋、広場恐怖症、数字を愛する小人をキ
>>続きを読む

ケシ畑の小さな秘密(2012年製作の映画)

3.2

悪い意味でなくどうしようもない話。
死が間近にある世界での保身は切迫したもので、見ていて苦しい。
イライラはするけれど憎みきれない

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

白血病の少女とその父親、精神的に問題のある女、刑務所に入っていた数学教師の4人が映画を展開させる。

余命幾ばくもない少女は魔法少女ゆきこというアニメが好きで、ゆきこの衣装を欲しいと願っている。そのこ
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

女優の母を追ってニューヨークに出た少女は兄の働く博物館へとたどり着く。
事故で亡くなった母の遺品に挟まっていたしおりから会ったことのない父親の影を感じとりニューヨークへと家出した少年。

話としては面
>>続きを読む