ninaさんの映画レビュー・感想・評価

nina

nina

2019年3月〜 自分の記録用

映画(46)
ドラマ(0)

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

ただ淡々とした鬱映画ではなくてストーリーの波が激しい鬱映画。
このタイプの鬱映画を観たのは初めて。
感情が渋滞してて感想をどう書いたらいいのかわからない。

まず最初のシーンで鏡見て泣きながら無理やり
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

詩的なセリフが多くて胸に刺さりまくった。
サウンドもクセになる。
4人の冷めた声も表情もめちゃくちゃ良かった。
混沌。
涙なんてどうにかしてくれる人へのサインだから、どうにかしてくれる人がいないから泣
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.2

プール×制服×金魚 は個人的に最強だと思っていて、プールで制服の少女と泳ぐ美しい金魚が観たかったので裏切られた。(もちろんいい意味)
ザ・青春、してみたかったな。
色々あるけど結局何も変わらない。
>>続きを読む

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.1

感想の書きようのない映画。
生きるって何?死ぬって何?って感じ。
人間そんな簡単に死なないよってセリフも、人間ってこんな簡単に死ぬんだなってセリフもどっちも超わかるし苦しくなる。
そして、yoshiが
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

最後までドキドキできて面白かった。
何かを得る作品ではなく観て楽しむ作品。
同じ種類の人間とか分類しちゃうあたり犯人と一緒で自分に呆れた。けどやっぱり分類してないとやってけないなと思ってしまう。
成田
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

異常だということに気が付かない怖さ、大切な人を失ったことを受け入れられない怖さ、人が変わっていく怖さ。
色んな怖いが入り混じっていた。
期待しすぎていたせいか、ありきたりなストーリーでちょっとがっかり
>>続きを読む

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

バイオリンのエピソードは正直邪魔だった。脇役のエピソードな上にそれほど需要を感じなかったのに長尺。もっと他になかったのかな?と思った。
映像が美しくて、その美しい映像とSalyuの歌声曲調がぴったりだ
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

600万奪って逃げるシーンがめちゃめちゃ軽快でカメラワークも最高だった。
最初からエンドロールまで美しかった。
あんな今しか考えてないような遊びしてるのに憧れるけど、実際には絶対できないししてる子をみ
>>続きを読む

左様なら(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

机の上に花が置かれるのもそれがいつの間にかなくなっていて「そういえばないね」とクラスメイトが言うところ、リアルでそのままだった。
親しかったのに泣けなかった由紀とは対照的に、中学の時に「仲良くなかった
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何か小さい事でもミスしたりうまくいなかなったりした時、頭おかしくなりそうなぐらいイライラして自分の頭ぶん殴りなくやるアレが超わかる。
全部色々超無理な時津奈木が何を言わず強く抱きしめた瞬間何故か涙が止
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

2.1

期待していたものとは違っていた。

母親が亡くなったのに楽しそうに生きてていいのかよ、と思ったがラストが良かった。

億男(2018年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

少し期待しすぎていた。
ストーリーがめちゃめちゃシンプル。

お金は人を変える恐ろしいものであるけれどお金が無ければ生きていけないので皮肉なものだなあと感じた。
お金に限らず何でも多すぎず少なすぎず程
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

はじめの印象は自分の事しか考えてないどうしようもない奴。
不倫してる時点でクズなのには変わりないけれど、だんだん子供と関わって変わっていくのがなんともいえない気持ちになった。
ただこれも題の通りただの
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

思っていたよりも淡々と進んで途中眠気に襲われた。
理解できないところが多くて難しかった。
題の通り主人公がサイコパスなのに天使みたいにかわいい。
肉親が実の子供を間接的ではあるが殺したラストシーンは切
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

仕掛けがあるもわかっていながらもまんまと罠にはまった。
カラクリが面白かった。

母との会話が亀田美羽の妄想だったところはがっこうぐらしを思い出したし、色々中二感のある演出やセリフがあったり伏線がベタ
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

2.2

何にも考えずに観れる映画。
絶妙な面白さでキャスティングが良かった。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.0

4回泣けますと言う割に泣けなかった。
泣かせにくる映画はそんなに好きではないからかな。
過去ばっかに囚われてないで今を生きろというは伝わったけれど、そんな簡単に過去から解放なんてされない、
そして、伝
>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

友人が妻のことを「たまに死んでくれねえかなって思う時あるよ」って冗談で言った時の福士蒼汰の気持ちはもう最悪なんだろうな。両親亡くしてることを友人は知っているにもかかわらずそんな事を簡単に言ってしまうう>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

ピンク映画は観ないし、若松プロについての知識もゼロだったけれど最後まで飽きずに観れた。

荒井に先越されて行くのがやるせなくてむず痒かった。

仕事なのにいい年した大人達なのに大青春。大憧れ。
しかし
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

モヤモヤは残ったけれど真実がわからないままなんて現実にはザラにあることだよな。
前半は退屈なシーンが多かったり、三隅のコロコロ変わる証言にイライラしたりもした。

葛城事件(2016年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

家族に強く当たったり殺そうとしたりして自分でぶち壊したのに、実の死刑が執行されて狂う父親を観ていて苦しかった。
クズにはわかりないけれど不器用というか残酷だなぁ、と。
息子の成長を願って植えたみかんの
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

2.9

お互いに容姿と才能と別々の劣等感を感じていて苦しくなった。
人は劣等感を感じそれを奪おうとするととても醜くなるし、結局はホンモノの自分の全てを愛してあげないと幸せにされないんだな、と感じた。

続きが
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

2.1

普通に面白かったけれど期待していたせいかそうでもなかった。
ラストの松田龍平の展開はドキドキさせられて面白かった。
だが特に得られるものも無かった。

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前作が大ヒットだったため周りの期待度が高いし、前よりは劣るのかなと思って観たけれど全然劣らなかった。
どうしても会いたいのに会えない亡くなった親友を思い出したら涙が止まらなかった。
小栗旬の役が絶妙
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

考えさせられる映画。
さやかがお客さんを抱きしめたところは涙が溢れた。
家族の絆って血の繋がっていてもいなくてもよくわからないし永遠に答えは出ないんだろうな、

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.2

小学生ならではの冒険心などのわくわくさせるような気持ちを思い出させる映画だった。
ペンギン達に乗ってお姉さんと海に入っていくシーンは綺麗で、物体がペンギンになってゆくのも可愛かった。

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作が少女漫画だとラベリングしていた自分に怒鳴りたくなった。
ラベリングなんてされたくないよな、他の誰でもない自分だけを見てほしい。
初が「わかんないよ」と繰り返すところ、わかんないのめちゃくちゃわか
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

前半は良かったけどラストになるにつれあまり好みではなかった。
なんだかんだハッピーエンドだったのがなんか違う気がした。

報われない人生、奪われた多くのもの。
心が苦しくなった。

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

特に大きな出来事もなくゆったり進む話。

高校HR終わったら誰とも会話することなく速攻1人で帰ってたの思い出した。
私にもたわいもない楽しい放課後なんてこれっぽっちもなかったな。
母校見に行くなんて私
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

生きる価値がない、生きていてはいけない人間だとわかっているから死にたい。それなのに死ねなくて心の底では生きたいと思っている。まるで自分の気持ちを代弁してくれているかのようだった。
破壊衝動、誰にも理解
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

知らなければ良かったこと、知ってしまったがゆえに壊れてしまったことはやっぱりあるし、自分自身ずっとそれを引きずっているなと思った。
ラストがハッピーエンドだったのか少し残念。きっちゃんが誰も裏切ってい
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

グロが多くて目を背けてしまうシーンが多かった。
自分は死にトラウマがあるのにも関わらず人を簡単に殺してしまう美紗子を平然と観れてしまった事が恐ろしかった。
それは美紗子が孤独な人生を送って自分自身と重
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

2.7

恋なんてした事ないけれど人に依存してしまう気持ちはわかる。頼ってくれるならなんでもいいやって思ってしまう。
最低な所まで愛せてしまうぐらいの愛情を抱いたことがないので少し羨ましい気持ちもあった。
しか
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.1

生と死をテーマとした作品が好きだからとても良かった。
痛い作品。
「生」が強い人が苦手なのは山田くんとこずえと同じ。それは多分ちゃんと生きれていないからだと思う。
「死」を身近に経験して「生きたい」と
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.6

2度目の鑑賞。
やっぱり結局男も女も普通の思考の人間がいいんだな。
ラストシーンはメンタルめちゃくちゃになった。
このまま世に言うメンヘラ女でいるのではなくて、強い女になりたいと思った。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

2.5

評価が高くて気になってはいたものの吹奏楽部の話か〜と思い期待せずに見たけれどかなり良かった。
大好きな人はずっと自分の元で閉じ込めておきたい気持ちはわかりすぎる。
本当の意味のリズと青い鳥の話はとても
>>続きを読む

>|