西村光裕さんの映画レビュー・感想・評価

西村光裕

西村光裕

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.7

この監督なんかクセになる映画作る。すごい。この監督のドキュメンタリー見逃したのかなり後悔してる、、、

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス(2012年製作の映画)

3.5

精神病院や戦争、裁判所とか思ってたより重いシーンが多かった。砂漠のシーンとか好きだったな

マザーウォーター(2010年製作の映画)

3.8

機嫌よくやるのが大切なんだなー。京都行きたくなる。あんな町素敵だな。

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

3.7

ホドロフスキーの感性どうなってるのか。
すごすぎる。拷問のシーンだけは男として目を背けてしまった。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

せいちゃん、ハギオはクズだなーって感じったけど、途中からツチダもクズでせいちゃんいい奴だったな〜

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.8

すごい。好きなシーンたくさん!!
最後がたぶん逆再生なの好き。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

すごい。かなりすごい。
回想と小説と現実の同時進行の構成とラストすごい。

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.6

映画が題材な映画は比較的好き。
展開はすごく分かりやすくて予想通りに進んでいった。
おじいさん主人公の映画みたくなった。

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー(2014年製作の映画)

3.5

歌歌いながら足で踏んで生豆をウォッシュしてたところ好き。
やっぱり大坊珈琲に行って見たかった、、、

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

4.2

レンタルしてるところもないし、中古のVHSもめっちゃ高くて困ってたら、unknownで見させて頂けた。
サイコーって感じではないけど、素晴らしく良かった。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.6

仕事終わって帰ってきてテレビつけたら流れてて鑑賞しました。ドライブして星見に行きたい。

オラファー・エリアソン 視覚と知覚(2009年製作の映画)

3.6

近代美術ってすごいな。所々面白いシーンが、あって良かった。フィクションっぽく感じてしまった。

マウンテン・ミラクル(2017年製作の映画)

3.8

拍手起きたのはTIFFだからなんでしょうか。素敵すぎる映画だったからなのでしょうか。どっちでもいいけど、でっかいスクリーンでこの作品を見れたのはとてもよかった!!

カラマリ・ユニオン(1985年製作の映画)

4.0

排水溝から出てきたり、イカツイ登場して冷水もらったり、音楽のチョイスもサイコー。

野良犬(1949年製作の映画)

3.4

興味本意で見てみたらすごい暑そうだった。こんなに汗拭く映画見たことない。
犯人捕まえるタイミングの音楽よかった。

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.0

こういう男の絆的な感動にかなり弱いんです。好きなことに夢中になれるのって幸せなんだな。いま自分も好きなことやらせてもらってるけどもっと頑張らないと。

パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒(2016年製作の映画)

3.6

写真集見てるみたいで期待以上に面白かった。写真は全部過去で何百枚撮っても時間にすると3秒くらいらしい。だからなんやねん笑

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(2015年製作の映画)

3.8

スカーフェイスの麻薬王の話びっくりしたー。ドキュメンタリーは絵とかアニメーションあるの好きかもしれない。

信長協奏曲(2015年製作の映画)

3.4

寮の友達と一緒に見てたドラマの続きをテレビでやってたので見た。運命には逆らえないのか〜

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.6

懐かしいSF感がよかったな。
2017年生まれなのが良い。
悪者が高いところから落ちるパターンじゃなくてよかった。

>|