dicanioさんの映画レビュー・感想・評価

dicanio

dicanio

何度も見た、または見たいと思う作品ほど星多くしてます

映画(157)
ドラマ(0)

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

菅田くんの菅田くんによる菅田くんのための映画。菅田くん好きにはたまりません。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

父として疲れて帰って子どもと遊ぶこともめんどくさくなったりすることもあるけれども、家族ほど大事なものはない。

心安らぐ映画でした。
ありがとう!ピクサー!

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

ビジネスマンとしては最高だが、奥さんに対してや、マック兄弟に対してはあまりに非情であり、見ていてつらい。
その一方で執念と野心に溢れた人間味溢れてる主人公をマイケルキートンが好演。

マクドナルドの創
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

これ何。。。
別に熱狂的なスターウォーズファンでも無いけどこれひどくない?
前作を無視しまくってるし、新しいキャラたちが全くスターウォーズのデザインとかけ離れてて違和感しかない。

レイはなんでフォー
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

5.0

主人公を同じ男として、また子を持つ父親として見てしまう。なんか、あーこうやって人って成長していくんだなと。子どもも親も。

おれもイーサン・ホークのような素晴らしい親父になりたいな。

マッチポイント(2005年製作の映画)

4.0

スカヨハのエロさとそれに狂う男。
この男の気持ちが分かるくらい確かにスカヨハはエロかった。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

5.0

大好きです。
なんでこんなに刺さるんだ、この監督の作品は。

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

4.0

家族。これ系の話にはもうめちゃくちゃ弱いので。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

1.5

寡黙なキャラの割にはよく喋る主人公が全然カッコよくない。
あえて説明しないシーンがいくつかあるが、え?そこクールな感じにするならもっとクールにするとこあるだろって思う中途半端さ。ただやりたいことだけや
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

ジュディは可愛いし、いやいやみんな可愛い。それが差別という普遍的である社会問題に対しての最高の社会風刺になってる。

みんな可愛いんだからいいじゃないか!っていう世界。もう明日から街行く人々が可愛く見
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

ライゴズと娘役の子はとても良かった。
めちゃハマってる。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.5

テンポ早いんだけど画面に出てくる人たちがオブジェのようで疲れることもなく自分のペースで見てるような感覚で面白かったです。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.0

そんな日が我が子にも来るんやろうなーと泣きそうになりました。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

期待し過ぎていたのかも。

2人が出会ってからはずっとダラダラ進んでいく。
肝となる曲を中盤流しまくるし普通にイチャこいとるカップルを延々と見させられてるだけのように感じた。
ゆえにオチがオチとして成
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

フォースの覚醒には遠く及ばないが十分に楽しめた。
ストーリーの弱さやキャラクターの違和感はあるもののそんなことはスターウォーズでは気にしていないです。
なんでこの人たちこんなに必死で戦ってるの?とか気
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

これはみんな見てほしい。
間違いなく心に残り続ける映画だと思います。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

んもう始まって30分くらいで見てられないほどの中二病っぷりだったんだが、そこから想定していた以上のファンタジーで何て言うんでしょうか・・・まぁ痛いのだけどもう俺も中二にタイムスリップしちゃおうかな!く>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

最高。

この国に感じている絶望感、
薄れゆく愛国心。
それでも、もがく自分とその無力さを感じ生きている。

そんな中、ゴジラが圧倒的な力でこの国を破壊していく。
もう高揚感が冷めない。
ドキドキする
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

広瀬すずがすごいのなんの。

是枝監督の映画は「そして父になる」とかもそうだけど妙にリアリティを出してるのがかえってリアリティを失ってる感がどーしてもあって、今回もそうだった。

しかし、広瀬すずがも
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.0

スタローンの暑苦しい感じと今時のスタイリッシュな主人公がちょうどいいバランスでとても見やすい。
それでロッキーへのリスペクトが存分に感じられ最後のロッキーのテーマソングが流れた時はかなりテンションあが
>>続きを読む