nishiyanさんの映画レビュー・感想・評価

nishiyan

nishiyan

映画(890)
ドラマ(0)

タロウのバカ(2019年製作の映画)

1.5

何かちょっと古いんとちゃうか?ネグレクトとか援助交際とかが話題になり始めたんって1990年代の頃やもんな。この台本が書かれたんかてどうも1990年代らしいわ。なるほど。確かにこの映画、怒りと暴力しかあ>>続きを読む

帰れない二人(2018年製作の映画)

3.8

裏社会に生きる女と男の18年間にわたる関係を山西省、長江流域、さらに新疆にまで至る壮大なスケールで描いたロマンティック・ノワールやな。「長江哀歌」でヴェネツィア金獅子賞、「罪の手ざわり(中国未公開)」>>続きを読む

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

4.2

晩節を迎えたハリウッドの大スターで、映画祭に招待された機に故郷に戻った彼が、自分の人生を振り返る姿を、ユーモアを交えて描いたヒューマンドラマや。

主演は2018年9月6日に惜しまれつつ他界した「かつ
>>続きを読む

ある船頭の話(2019年製作の映画)

1.0

近代化が進む日本の山辺の村で船頭を生業とする男の暮らしが滅びゆく姿を描くヒューマンドラマや。俳優のオダギリジョー初の長編監督作で、柄本明久々の主演作や。

まず、出だしのシーンからして、横からガンガン
>>続きを読む

乱反射(2018年製作の映画)

2.8

強風によって街路樹が倒れてベビーカーが下敷きになってまう死亡事故が発生して、被害者の子供の父親である地元新聞記者の主人公がこれは事故ではなく事件やということで、独自に捜査を進めるサスペンスもんやな。事>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.9

2011年に公開された韓国映画のリメイク。ちなみに中国版もあるみたいや。次から次へと関係者に当たっていくうちに惨たらしい事件の犯人が次第に浮き上がり、最後は主人公との直接対決となる、いかにも正統派のク>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.0

2017年公開の「ゲット・アウト」で「わしら差別とかしてへんし、それどころか好きなんやで」とか言うてる白人の白々しさを炙り出しつつ、今でも根強く残る人種差別の本質を斬新な切り口で描いてアカデミー賞脚本>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

5.0

一言で言うて、リアルに映せば映すほど、現実味が逆に感じられへんようになる謎のドキュメンタリー映画やな。まず、わし、「フリークライミング」と「フリーソロクライミング」の違いを知らんかったわ。「登るための>>続きを読む

荒野の誓い(2017年製作の映画)

4.2

19世紀末の西部開拓とインディアン戦争が終結したアメリカが舞台のヒューマンドラマや。今時珍しくなった本格的西部劇やな。原題の「hostiles」(敵対者たち)の通りアメリカ開拓時代の終わりのほうの、こ>>続きを読む

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

4.0

河野裕の「階段島」シリーズの第1作にあたる同名小説の初の映画化作品らしいわ。ファンタジー色の強い青春ミステリーもんやな。物語の舞台は階段島と呼ばれるどこにあるかわからん架空の島で、誰に何で捨てられたん>>続きを読む

スタートアップ・ガールズ(2019年製作の映画)

2.8

何もかんも正反対な二人の女性がタッグを組んで、起業へと突き進む姿を描いたビジネス青春映画やな。

映画の冒頭、リアルなドキュメンタリー風インタビューをオムニバスに繋いでたりして、これから起業を目指して
>>続きを読む

トールキン 旅のはじまり(2019年製作の映画)

3.7

「ホビットの冒険」「指輪物語」「シルマリルの物語」を書いた大作家J.R.R.トールキンの少年期から青年期の話を描く青春伝記映画や。

まず、人間トールキンやトールキン作品への愛情や、ピーター・ジャクソ
>>続きを読む

影に抱かれて眠れ(2019年製作の映画)

3.0

横浜の街で酒場を経営し、周囲の人々にも慕われていた主人公の画家が、街を支配する悪との対決に巻き込まれていく姿を描く、東映Vシネマの「任侠もん」の流れを汲んだハードボイルド作品や。「暴力団新法」やとか「>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.7

江戸時代の大名にとっての一大事業「国替え(=お引っ越し)」をテーマに描いた時代劇や。生涯で7回も国替えを繰り返した松平直矩っちゅう実在の人物がモデルになってるみたいやな。予告編を観る限り、国替えをネタ>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

1.0

10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げる真夏の1日の騒動を描くブラックユーモアが溢れるコメディ映画や。出演者のひとりの新井浩文の事件で公開延期を余儀なくされた曰く付きの作品やわ。新井浩文の件でかなり苦>>続きを読む

SHADOW/影武者(2018年製作の映画)

3.5

「三国志」の中の「荊州争奪戦」を大胆のアレンジした武侠アクションもんや。架空の国、沛〈ペイ〉国の国王、重臣の都督、都督の影武者、都督の妻のこの四人を軸にストーリーが進んでいくわ。 

監督のチャン・イ
>>続きを読む

トリプル・スレット(2018年製作の映画)

3.0

​タイのアクションスター​の​トニー・ジャー、​インドネシアのアクションスター​の​​イコ・ウワイス、​「マトリックス​」​で​武術指導を行った​タイガー・チェンっちゅう、ムエタイ、シラット、カンフー>>続きを読む

感染家族(2018年製作の映画)

3.7

韓国の何もあれへんド田舎を舞台に、ゾンビ感染にビジネスチャンスを見出した一家が巻き起こした騒動を描いた、今までのゾンビ映画の常識を覆すホラーコメディ映画やな。これまでコメディ色の強いゾンビ映画は結構あ>>続きを読む

ヒンディー・ミディアム(2017年製作の映画)

3.8

タイトルの「ヒンディー・ミディアム」とは、インドでは「ヒンディー語で授業が行われる公立学校」の意味や。上流階級の富裕層が子供を通わせる「イングリッシュ・ミディアム(=英語で授業が行われる私立学校)」と>>続きを読む

やっぱり契約破棄していいですか!?(2018年製作の映画)

3.0

小説家志望の青年と落ちぶれた殺し屋のともに人生をかけた1週間を巡るドタバタ追走劇や。自殺志願の若者が引退間近の初老の暗殺者に「自分殺し」を依頼するっちゅう、イギリスらしいブラックコメディでもある。とに>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

4.0

第2次世界大戦直後のイギリス王室属領の島を舞台に、ある作家が魅了された読書会をめぐるミステリーもんや。映画の舞台になってるガーンジー島っちゅう島がイギリス海峡のフランスに近いところにあるって、日本で知>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

タランティーノ監督の9作目や。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの二大スターが初共演でも話題やな。舞台は1969年のハリウッドや。架空の落ち目のテレビ俳優とそのスタントマンとの友情と、それと実>>続きを読む

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

3.7

初の悪役のヒョンビンとソウル市警のエリート交渉人役のソンイェジン共演の犯罪心理サスペンスもんや。

この映画、はっきり言うて、見どころは「ネゴシエーション(=交渉)」や無く、「俳優」やったわ。ポスター
>>続きを読む

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

3.7

黒人男性射殺事件で揺れたカリフォルニア州オークランドが舞台の、小学生から一緒に育ってきた仲のええ黒人と白人二人を取り巻く人種の壁とそれぞれの日常のイライラと不安をユーモア交えながら、リアルに描いた 社>>続きを読む

無限ファンデーション(2018年製作の映画)

2.8

若い役者たちとミュージシャンが即興劇で作り上げた青春映画やな。全編即興劇やということで、どないなんねん?ちゅう心配もありつつ鑑賞や。思ったよりもストーリーはスムーズに進むわ。大まかなストーリーラインは>>続きを読む

聖なる泉の少女(2017年製作の映画)

3.7

ジョージア(旧グルジア)の南西部、トルコと国境を接する山間部に昔から口承によって伝えられてきた物語をモチーフに、静謐かつ神秘的な映像美を通して、古代からの信仰の世界を継承しようとする父親と現代の生活に>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.7

とある実話の殺人事件をベースに、イタリアの寂れた田舎街で犬のトリミングショップを開く一人の男が、心に抱えた闇とと不条理に対してもがく姿を描いたヒューマンサスペンスドラマやな。カンヌ国際映画祭で審査員特>>続きを読む

正しいバスの見分けかた(2015年製作の映画)

4.0

当時は今ほど有名でなかった中条あやみ、岡山天音、葉山奨之、萩原みのりの4人が高校生を演じる、2015年に撮られた25分の短編映画や。いやー、4年前やからできたんやろけど、まさに奇跡のキャスティングやな>>続きを読む

なれない二人(2018年製作の映画)

2.5

漫才師になりたい(?)男性コンビが新人発掘ライブの前夜から当日にかけて、それぞれが別々に遭遇するちょっとした事件を描いたコメディもんやな。

ちょっとベタやけど個性のある二つのキャラクター設定はそ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.0

これまでに「グラミー賞」受賞5回、シングルとアルバムの総売り上げ枚数は2億5千万枚以上という、世界的超メジャーミュージシャン、エルトン・ジョンの1950年代から1991年初頭迄を描いたミュージカル映画>>続きを読む

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯(2019年製作の映画)

5.0

第二次大戦後、アメリカ占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った政治家、瀬長亀次郎の生き様を描いたドキュメンタリーの第2弾や。前作の「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」の続編にあたる本作は、カメジローの>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

2.5

「突然歌って踊り出すやなんてヤバいんちゃうん?」と、ミュージカル映画における暗黙の了解にツッコミを入れた邦画のミュージカル・コメディや。

そもそも、この映画はミュージカル映画なんやろか? 普通ミ
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.0

マサチューセッツ州の「ケープ・コッド」へ夏を過ごしに来たティーンエイジャー・ダニエルと地元の不良・ハンターを中心に物語は進み、1991年アメリカの小さな町で起きる破滅をサスペンスタッチで描く青春映画や>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.3

結婚前に昔の恋人と再会し、抑えきれへん衝動の深みにはまっていく危うい男と女を描くR18+指定作品や。

この作品のメインキャストは、柄本佑と瀧内公美の実質二人のみ。実質的な登場人物は二人やのに、観てる
>>続きを読む

黒い乙女A(2019年製作の映画)

2.3

前後編2部構成のサスペンスホラー「黒い乙女」の待望の続編やな。前作を観たんはちょうど3か月前やな。前作の謎だらけの話にちゃんと結着が着くんやと、期待に胸を膨らませて鑑賞したわ。

冒頭、主人公の芽衣が
>>続きを読む

鉄道運転士の花束(2016年製作の映画)

4.0

不可抗力且つ宿命的に人を轢くことを避けられない鉄道運転士という「無実の殺人者」たちの悲哀と誇りを、セルビアのローカル鉄道を舞台に、鉄道運転士父子への深い愛情を持ってユーモラスに描いたヒューマンドラマや>>続きを読む

>|