成さんの映画レビュー・感想・評価

成

  • List view
  • Grid view

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

3.5

一人一人が抱えているものが重い。
でもこれは日常にありふれていることなのかもしれない。
退廃的で胸糞悪いんだけど、何故か観終わった後には爽快感みたいなのも感じた。
不思議だけど。
マヒル役の子がすごく
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

壮絶で暗くて迫力があって良かった。
現代のヤクザの結末。
みんな不幸になった。
まだまだヤクザを美化しているところもあるが、昔のヤクザと映画とは描きたいところが違うという意図も感じられた。
綾野剛と舘
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.8

ひと昔前の雰囲気に味があるなとか、この時はもう携帯あったんだとか、そう言うところも楽しめた。

嫉妬、罪悪感、怒り、裏切り、色んな負の感情。

香川照之がすごく良い。
半沢直樹での強烈な演技より、こっ
>>続きを読む

贖罪(2012年製作の映画)

3.8

演技派女優の競演、見応えあり。
幼少時のトラウマから人生が滅茶苦茶になっていく様が恐ろしいと思った。
そして思いもよらないストーリー展開。
永遠に償うことの出来ない苦しみと憎しみ。
こんな感じのシリア
>>続きを読む

ブラックエンペラー暴走伝説 下北沢総本部(2006年製作の映画)

3.0

白川裕二郎さんが出ているので観た。
硬派な良き時代?の暴走族。
もうこんな人たち居ない。
昔の黒いダイアル式の電話とか、懐かしい。
純烈のリードボーカルの裕二郎さん、悪い役、良い!
正義のヒーローがハ
>>続きを読む

白竜 赤絨毯の死闘(2007年製作の映画)

2.5

白川裕二郎さんが出ていたので観ました。
白川裕二郎さん、かっこいい!
悪い役、迫力があった。
そこしか観る気になれず。
ファンがマニアックに楽しむのみ、かな。

酔うと化け物になる父がつらい(2019年製作の映画)

3.6

タイトルからコミカルな映画かと思ったがなかなか悲惨であった。
母の自殺に酒乱の父、暴力彼氏と不幸続き。お父さん死んだ後に気づくことがあって、尚更悲しみが….いたたまれないよね。

たまにいるなぁ。酔う
>>続きを読む

ふくろう(2003年製作の映画)

3.0

なんともシュールな、映画というより劇みたいな感じ。
大竹しのぶの怪演が面白かった。

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

4.2

どんなに素晴らしい映画を観ても、こんなドキュメンタリーには敵わないと思ってしまう。
両親の老いを受け入れ、見つめる作者の心情を自分と重ねてしまう。愛と悲しみ。

ダブルフェイス 潜入捜査編(2012年製作の映画)

4.0

カッコいい!
劇的シーンと緊張感の連続で目が離せない。
こんなの観ると、ヤクザに憧れる人が出てくるから、ヤバいでしょうに。
西島秀俊の影のある雰囲気が素敵。
ヤクザ組長は、柔和な佇まいの奥に冷酷な表情
>>続きを読む

ダブルフェイス 偽装警察編(2012年製作の映画)

4.0

役者さん達がすごく上手くて安心して観ていられる。
香川、西島両者の表情が迫真!
小日向文世の親分、カッコ良かった。
見応えのあるストーリーだった。

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.5

親に対する恨みを子ども達を巻き込み復讐していく、滑稽な第一印象だけど不気味な太ったスーアン。
何となく、あっという間に見てしまった感じ。復讐の仕方がエゲツない(O_O)
なかなか恐ろしい。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

4.0

ゴージャスで美女たちがキュートで目の保養になった。
完全に割り切って女を武器に男を陥れる様は小気味良い!
そして女同士の絆が強くて、なんか良かった。
ドーパミンが出まくりの作品でした。

もう頬づえはつかない(1979年製作の映画)

3.8

桃井かおりの独特の雰囲気が好き。
侘しさ、寂しさが全編から漂ってくる。
四畳半のアパートでアナログの時代、携帯電話もパソコンもなくて、共用の電話でこその恋愛模様もあったんだなぁ。
奥田瑛二、今の方がい
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

切なくなった。
寡黙な虐めらる少年、薬中の母、情をかけてくれた薬の売人、ゲイ、親友、爆発した感情、のし上がり、許す、再会。
テーマがたくさんあったけど、言い表せない切なさが残る。

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

4.0

これが実話とは、酷すぎる。
虐待の描写、子供達の表情が生々しくて、とても演技とは思えなかった。
惨い結末、唯一の救いは、正義を貫こうとする人々もいるということだ。
感情を揺さぶられたスコアとしての4。

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.3

シャロンストーンの美しさがなければ成り立たない映画。
美しすぎて、人間を超越した感じで、逆にエロくない。
ストーリー展開は意外性もあり、まあまあ面白かった。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

予想出来ないストーリーだった。
のっけから、じんわりとした差別感が表現されてる。
日本に普通に暮らしてると、人種差別とは縁がないが、アメリカはなかなかキツいなぁ。
恋人同士があんな結末って言うのも酷か
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

眠れない夜の苦しみが、壮絶に描かれていると思った。
しかし、それぞれのシーンの繋がりが難しく、自分が本当に理解出来たのか、不明だ。俳優さん達の演技は圧巻でした。

∞-----------------
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

3.5

こんな作品あったんだ!
名作だと思う。
藤山直美と岸部一徳の夫婦が本物みたいに味があった。団地の生活感、井戸端会議、噂話なども、面白く、
漢方薬作りにも興味がそそられた。
最後の宇宙船みたいなので、せ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.9

ハラハラドキドキで見応え十分!
盲目の老人が怪物にしか見えない。
飼い主と犬は似るって本当だ。
衝撃の展開の連続。
結末も到底予想出来ないものだった!

シャイニング(1980年製作の映画)

3.0

自分のコンディションのせいかな?
 途中で眠くなってしまった。
なんか大味な感じ。
あっという間に狂ってしまったなぁ。
なんか乗り移ってるような壮絶な演技だったと思うけど。
最後のシーンはハラハラして
>>続きを読む

キャリー(1976年製作の映画)

3.3

キャリーの顔が怖かった!((((;゚Д゚)))))))
卑屈だから苛められるのか、苛められるから卑屈になるのか?と思っていたが、母親が酷かったからか?
不健全な胸糞悪くなるような高校生達、男子なんてお
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

韓国の底辺の半地下の生活が衝撃的だった。裕福な家族の天真爛漫な無邪気さと対照的な、いつも何かを伺っているような半地下家族の対比が、エゲツない。
取り繕っても消せない匂い、家族みんな同じ匂い、切なさを感
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.3

冷酷に商売を成り上げていった男、最低です。人間の心が皆無。
相棒を見殺しにして、カメラを取り上げて行くシーンなど憎しみが湧いた。
報道は大切だと思うが、こんな感じで行き過ぎて見えなくなることも多々あり
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.3

包帯のママが冷酷だったが、双子の少年達の残酷さもすごい。
最後まで観て、やっと意味がわかった。
もう一度観ると別の発見があるかも知れない。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

汚い街で底辺の生活、暗くておぞましくて、気持ち悪くて、見入ってしまった。
英語でクレイジーと言ってるが、日本語でなんと表現してよいのだろう、ただの狂気ではすまされないものを感じた。
喜劇は主観だという
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

2.9

話の展開がいろんな方向に進んで、途中で意味がわからなくなりかけたが、理解できた。山小屋から最先端機器、化け物、スプラッターと派手なシーンが続き、最後は巨大な神•••••なんだかお腹いっぱい。
でもあま
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.5

純粋な子どもの目線で見る世界は、差別のほうが奇妙なことだった。
残酷なエンディング、お互いの手を握りしめた少年2人が切なすぎた。
変な思想に染まってしまった方が、やり過ごせる時代があったのか。
もう二
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.5

これはドキュメンタリーなのか?と思うようなカメラワークと演技と雰囲気、そこにミュージカルが入り、逆に我に返る感じだった。
はじめ怒り、そして絶望、表現出来ない悲しみを感じた。
こんな思いで、鑑賞して苦
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

なんと悲しく切ない。
マルコがかわいそうでならない。
ダウン症の子は、人なつこくて純真で天真爛漫だと聞く。生まれた時、親は悲観するが、その純真さに夢中になり、生きがいを持って育てると。
薬物中毒の母親
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

観終わった後、口の中がカラカラになってた。
始めはベテランと熱血若手刑事のよくあるパターンかと思いきや・・・
ポケベルの時代、重厚で暗い雰囲気のアメリカ、汚い言葉の数々、グロもあり。
結末が最悪だ、想
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.2

猟奇事件の謎を意外なところから解きつつ、最凶の人物が野放しになってしまう。
あんなおじいさんが、恐ろしや! 
昔から有名だったがやっと観た。
ちょっと期待しすぎた。

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

あり得ない話だったが、コロナもそう、いつ何が起こるかわからない。
ハラハラの展開。困難の中、派閥のようなものができ、冴えない女性がカルト的になっていく様など恐ろしかった。
犠牲者が増えていき、最後のな
>>続きを読む

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

3.5

それぞれの登場人物がクスリによって最悪の結末を迎えてしまう。
夏から冬にかけて、全てが悪いほうへ。
すごくリアルなんだろうな。
悲惨、恐ろしい。
特に高齢女性がダイエットから予期せずに狂っていく様子が
>>続きを読む